生き方発見! 夢実現!!

   
〒654-0155  神戸市須磨区西落合1-1-5  TEL: 078-798-4155  FAX: 078-798-4135
 

メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色キャリア教育(CP・人間関係など)卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校行事・授業の様子など部活動・生徒会 など中学生の皆さんへ(入試情報含む)卒業生のみなさんへ(卒業生の活躍含む)保護者のみなさんへ(奨学金・食堂について含む)アクセス・問い合わせ最近の学校生活【~平成29年度まで】

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

連絡掲示板

須磨翔風高校
連絡掲示板

http://www3.kobe-c.ed.jp/kinkyu/ssy-hs/

(別サイトを使用しています。)
 

平成30年度学校評議員会・会議録


1回会議 平成30913日(木) 16:0017:25

  ※75日(木)に予定していたが、気象警報のため延期

平成30年度第1回学校評議員会記録

1.出席者

【出席】 学校評議員(兼 学校関係者評価委員)
(杉山精一  神戸市外国語大学英米学科准教授)

中山一郎  流通科学大学人間社会学部准教授

吉川 義樹 NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事

(信川 恒夫 社会福祉法人ぶどうの枝福祉会 特別養護老人ホーム愛の園園長)

下山 浩志 須磨北郵便局長

若山 薫  本校育友会副会長

 学校側

岡本 真一校長

渡邊 孝子教頭・キャリアセンター長

蔵本 朗教頭

2.資料

・平成29年度学校評価報告書             ・平成30年度学校要覧

・平成30年度学校マネジメントプラン     ・その他(補習・部活動戦績・年間行事予定表)

3.開会 16:00 於校長室

 (1) 学校長挨拶及び学校評議員の委嘱

  学校マネジメント委員会設置要綱説明  関係者評価委員としてもよろしくお願いします。

 (2) 学校評議員及び学校側参加者自己紹介

 (3) 平成29年度学校マネジメントプランについて校長より報告

(4) 平成30年度学校マネジメントプランについて校長より説明

.質疑応答 

【評議員】色々なチャレンジをしている。キャリア教育は次の段階に進もうとしている。進路選択の仕方が変わっていく。人生100年時代で転職23回は当たり前、大学を出ても年収500万円は厳しく、副業OKの企業も増えている。働いてから大学に戻り再度研学等そういう時代がやってくる。新しい常識の中で、教育を育てていかないといけない。御校のキャリア教育に期待する。

【評議員】社員教育に時間をかけてきたが、教育をしない時期があり、社員が育たなくなった。一度捨てたものを取り返すのは難しい。マネジメントプランに書かれていることを諦めずに実施してほしい。

【評議員】教員がよく頑張ってくれている。保護者が学校に来られる機会を増やしてほしい。

【評議員】マネジメントプランの評価検証をきっちりとされている。教員のコミュニケーションがよく取れている。良いサイクルでまわっている。

【学校側】キャリア教育の発表会では、前年度と違う発表を心掛けている。総合学科が追い風になっている。10年後、どのようなミッションで取り組んでいけばと考える。柔軟なスタンスで、キャリア教育に取り組んでいく。

 新しい学習指導要領で、新しい科目が増えている。教育方法を考えていかないといけない。高校生で成人になるものもおり、消費者教育も重要となっていく。

2回 評議員会議録(平成301211日)

 第2回学校評議員会は、昨年と同様に日程調整がむつかしく、開催することができなかった。

 そこで、今年度の本校の取り組み状況をまとめた資料を送付し、ご意見を伺うことで第2回の学校評議員会に代えた。

2回学校評議会資料>

 

 


Ⅰ 9月から12月までの取り組み

Ⅱ 修学旅行 (関東方面)

Ⅲ 学力向上のための取り組み

     Ⅳ 部活動の近畿・全国大会

<評議員からいただいたご意見>

 (今回は、特に具体的なご意見をいただくことがなかったが、)今年度創立10周年を迎え、今後も学校全体で継続して、特色ある取り組みを継続していくことが期待される。

平成30年度第3回学校評議員会記録  
                                                                      平成31225日(月) 15:0016:30

1.出席者 学校評議員(兼 学校関係者評価委員)
【出席者】(敬称略) 所属
○学校評議員(兼 学校関係者評価委員)

杉山 精一  神戸市外国語大学外国語学部准教授

中山 一郎 流通科学大学人間社会学部准教授

吉川 義樹  NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事

信川 恒夫  社会福祉法人ぶどうの枝福祉会特別養護老人ホーム愛の園園長(欠席)

小松 みゆき 須磨北郵便局総務部長(下山 浩志 須磨北郵便局長の代理)

若山 薫    須磨翔風高校育友副会長

 ○学校側 岡本 真一・渡邊 孝子・蔵本 朗

2.資料・内容

 

1.   学校長挨拶・主旨説明

2.   1月・2月・3月 の取り組み

3.   生徒保護者意識調査アンケート集計結果について

4.   翔風チャレンジおよび今年度進路について

5.   2年次進路希望

6.   今年度学校マネジメントプランの関係者評価について

3.協議内容

 【校長】卒業生の追跡をしっかりと行って、10年後どのような形で活躍しているか追跡しなければいけない。キャリアプラニングと進学実績が結びついていない。部活動の評価で様々な意見がある。

【渡邊教頭】新学習指導要領に向けて研究を進めている。「主体的・対話的で深い学び」は総合学科がやってきたこと。大学・地域との連携もやってきたが、他校も始めている。今後、どのように繋がっていくのか、どう連携をしていくのか検討しなければいけない。学校行事は生徒が自主的に活動できるよう工夫している。

【評議員】大学側が、定員の1.1倍を順守しているため、入試が難しくなってきている。10年後は47%の仕事が無くなると言われている。10年後を見越して教育をすることが求められる。

 【評議員】部活動の活性化と学力の向上にバランス良く取り組むことは大変だと感じている。福祉やボランティアでは活発に活動している。

【評議員】地域連携を積極的に実施している点に魅力を感じる。

【評議員】熱心に指導してくれている。部活動は忙しいが、部活を頑張れるから勉強も頑張れていると感じる。

評議員】教職をとっている生徒が、4月からの成長を感じる。総合学科発表会では、卒業生の発表が良かった。卒業生を教育活動に利用してはどうか。普通科・専門学科は変わっていく。カリキュラムの横断化が必要(教科の連携)。アンケートでは、生徒と保護者のずれを確認すれば良い。

 

学 校 説 明 会 について

校の教育内容・特色を知っていただくために、
説明会を予定しています。

(1)オープンハイスクール

    8月21日(水)、22日(木)、23日(金)

(2)学校説明会

    11月9日(土)、12月14日(土)

           ※ 1月末か2月初めには、
                       中学校2年生の保護者
              の方を対象の説明会も
             予定しております。

    詳しい日程、内容については、あらためて
    お知らせします。


 
マスコットキャラクター・翔たん

 

カウンタ

COUNTER667404

オンライン状況

オンラインユーザー7人

奨学金に関するお知らせ

各種奨学金の情報は、メニュー「保護者のみなさんへ」をご覧くださいこちら

 

インフルエンザに気をつけましょう

外出後の手洗い・うがいの励行、予防接種等必要な予防手段をしっかりとってください。
提供→神戸市保健福祉局 予防衛生課

インフルエンザ様症状で、医療機関を受診した場合、次の点に留意して下さい。


(1) 簡易検査が実施されなかった場合(簡易検査を実施してもらうため、他の医療機関を受診する必要はない)
● 医師の臨床判断による診断に従う。


(2) 「インフルエンザ」と診断された場合(受診結果を必ず学校へ連絡する)

● 医師から登校についての指示があった場合は,それに従う。

● 出席停止期間は、発症後5日を経過し、かつ解熱後2日を過ぎるまで。(平成24年4月1日改正)
※ 登校時には、処方された薬がわかるもの(薬袋など)を持参して下さい。

  なお、上記期間より早く医師から登校を許可された場合は「登校証明書」が必要です。
※ 処方された薬を服用しても熱が下がらない等、症状の改善が見られない場合は、医療機関を再受診すること。

 

登校許可書フォーム

こちらをクリックして下さい。
       → 
登校許可書.pdf
 

こうべっ子悩み相談

保護者・生徒を問わず利用できます。
各種相談機関は「こちら.pdf

「いじめホットライン」ダイヤル
 (078) 361-7710(毎日24時間受付)
 

リンク





高大連携協定大学
兵庫医科大学
兵庫医療大学

教育連携協定大学


教育活動協力大学・団体


甲南大学



姫路大学