メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色キャリア教育(CP・人間関係など)卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校行事・授業の様子など部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへ(奨学金含む)アクセス・問い合わせ最近の学校生活【~平成29年度まで】

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

日誌
新規日誌
2018/07/20

3年次「子どもの発達と保育B」保育実習

Tweet ThisSend to Facebook | by:広報ar


622日(金)・710日(火)34

3年次「子どもの発達と保育B」保育実習

3年次生の選択科目「子どもの発達と保育B」の授業で、名谷のぞみ保育園にて第1回保育実習を実施しました。園児と一緒に外で遊んだり、園児の着脱を手伝ったりと、初めは戸惑いながらも徐々に距離を縮めていきました。また、保育士の方々の動きもよく観察することができ、進路に役立つ有意義な時間を過ごすことができました。なお、11月の第2回保育実習では「パネルシアター」や「手遊び歌」などを園児に向けて披露する予定です。今後の授業のなかで「プレ保育士」としてさらに準備を進めていきます。




 

 


08:52 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/20

初級ハングル特別授業

Tweet ThisSend to Facebook | by:広報ar


 初級ハングル 特別授業 626日(火)3・4

 神戸韓国教育院から専門講師をお呼びし、韓国の文化体験授業が行われました。

【韓服体験】女性用のチマチョゴリや男性用のチョゴリ(上衣)とパジ(下衣)を身にまといました。



【クンジョル】丁寧なお辞儀の仕方を実践を交えて学び、韓服を着た時の座り方なども学びました。


【カンガンスーレー】日本の「しっぽ取り」に似た遊び



【民族楽器体験】

韓国の文化・風習を体験する絶好の機会でもあり、多くの生徒が熱心に取り組みました。

なお、12月にはテコンドーの体験授業を予定しています。

08:44 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2018/07/13

KICP(神戸国際人育成プログラム)を実施しました。

Tweet ThisSend to Facebook | by:広報N
6月25日(月)、本校英語科の選択科目である「アドバンストライティング」と「スピーキング」の授業で「神戸国際人育成プログラム」を行いました。

上記2つの授業は日本人教員とALT(ネイティブスピーカー)で担当していますが、今回のプログラムでは神戸市内の小中学校のALT9名を招聘し、授業に加わっていただきました。
「アドバンストライティング」では、生徒たちが各国の食事に関するプレゼンテーションを実施し、ALTによる質疑や投票を行いました。
「スピーキング」では、生徒たちが創った英語劇をALTとともに練習しました。

言いたいことを英語で伝えようと、一生懸命コミュニケーションを図る生徒の姿が見られました。今後も、生徒たちがいろいろな場面で英語を使う経験ができ、進路実現につながるよう、取り組みを進めていきます。

 
13:50 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
国際交流イベント 「Meet Africa !」
国際交流イベント「Meet Africa!」~翔風生と世界をつなぐイベント~
 
 考査2日目の午後、ウガンダで、元こども兵の社会復帰を目指す自立支援センター「smile house」の所長をしておられるオテマ・ジミーさんが、日本の高校見学・交流のため来校されました。「smile house」は日本のNPO法人が作った施設で、女優の石原さとみさんが訪問し、支援活動の様子がNHKの特番で3年前に紹介されたこともあります。
 生徒たちは「smile house」の活動を紹介したDVDを事前学習として視聴した後、オテマさんをはじめ神戸市外大准教授杉山精一先生やNPO法人のメンバーである延岡由規さんのお話を伺いました。過酷な少年兵の現実や社会復帰への具体的なプランを知るとともに、積極的に質問する様子が見られました。

  
  
    
 
【教育入門・体験】 幼稚園プレ実習

【教育入門・体験】幼稚園プレ実習の様子 5月31日

「幼稚園プレ実習」として、神戸市立名谷こすもす幼稚園へ向かいました。短い時間ではありましたが、園児とふれあいながら学習しました。今後子どもたちの笑顔のために、あそびながらまなぶ教材作りに励み、秋の実習にむけて準備したいと思います。 (授業担当者)                                                                     


    

 
教育入門・体験 授業風景
426日(木)【教育入門・体験】

 親和女子大学より藤池 安代先生(発達教育学部教授)をお招きし、『小学校教育入門』の講義をしていただきました。「大学で学ぶ小学校教育」「学級担任の役割」について知ると共に、児童たちの「生きる力」を育むために必要な資質・能力の形成を考えました。冬に予定されている小学校実習が今から楽しみです。  (授業担当者)

   
 
教育入門体験・介護基礎 授業風景
30年度も、様々な特色ある授業が既に展開されています。

【教育入門・体験】(教育科選択科目) 4月19日(木)
 親和女子大学より澤田 愛子先生(発達教育学部教授)をお招きし、『幼稚園教育入門』の講義をしていただきました。「幼児期の学び」「幼児教育において育みたい資質」について理解を深めました。生徒たちは秋に予定されている幼稚園実習に向けて熱心に受講していました。(授業担当者)
 
  

 

 【介護基礎】(福祉科選択科目)4月20日(金) 
 車椅子実習として、講師の方の指導の下、二人一組で実際の車いすを使用して乗る側と押す側双方の体験をしました。

 地面の素材が変わると乗り心地が変わることを体感し、また中庭のテーブルの高さは車いすの人からはどう感じるかなどを考えました。他にもリフト車の乗り降りや段差昇降の苦労も体験し、どうすれば少人数で楽に階段が昇れるか、など様々な視点から考えることが出来ました。
 
     
 

 
 


 
特色授業事例・国際交流(平成29年度)

2017/09/21

「物理基礎」 特色ある取り組み

Tweet ThisSend to Facebook | by:広報担当

授業「物理基礎」 波動の実体験です。


 9
21日(木)「物理基礎」、前期期末考査が終わって最初の授業です。

テスト返脚の後、これから学ぶ「波動」の導入部分です。教室から出て、みんなで人の波を作りました。

媒質や、縦波・横波の違いを理解できたかな?【教科担当者】

  


17:05 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項

 トップページに戻る