メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

キャリアプラニングⅡのめざすもの
キャリアプラニングⅡの目標 ~フューチャープランの深化と再構築を目指します~

「キャリアプランニングⅡ」(以下CPⅡ)の開始にあたり、概略を説明します。
まず、キャリアプラニングⅠは毎週金曜6・7限(2単位)にありましたが、CPⅡは毎週水曜5限(1単位)です。ちなみに、学習指導要領上、CPⅠは「産業社会と人間」、CPⅡ・Ⅲは「総合的な学習の時間」となっています。
人間関係形成能力の伸長として、1年次「人間関係」で実践した「構成的グループエンカウンター(SGE)」を継承・発展させ、社会や集団の中で人とうまくかかわっていく方法を体験的に学ぶ「ソーシャルスキルトレーニング(SST)」なども部分的に取り入れて進めていきます。

調査・研究活動としては、前期(夏季休業中)に「ワン・ステップ・フォワード」を行います。
これは大学・短大・専門学校のオープンキャンパス、事業所・官公署等でのインターンシップ、病院での「ふれあい看護体験」、福祉体験学習(ワークキャンプ)などに参加し活動をします。
1年次の「職業インタビュー」では人に話を聞くという間接体験でしたが、今回は自ら主体的・能動的に活動すること(直接体験)を通して、将来の職業や学問・研究内容についてより具体的な理解を深めます。後期にはCPⅢの「課題研究」につながる「プレ課題研究」として、「ジャンル別ディベート」を実施します。これは複数の分野別講座において自己の興味・関心に従って選択した課題を調査・研究し,講座別に設定された論題で討論を行うものです。
この活動を通して、論理的思考力や情報収集能力など調査・研究活動に必要な諸能力を身につけることをねらいとしています。また、推薦入試やAO入試などで課されることの多い課題小論文にも取り組んでいきます。科目選択・学力伸長では、目標を実現するための具体的方法(=学びたい分野の研究、その学科・学部・大学研究、入試方法の研究など)を通じて、演習科目を中心に3年次の科目選択を考えるとともに、授業を一番大切な基盤とし、そこから資格取得や補習などを通して学力の伸長を図ります。

このように「CPⅡ」では,具体的な活動・課題に取り組みながら(Learning by doing),1年次に作成したフューチャープランの深化と再構築をめざしていきます。
 
評価のサイクルと資料
「キャリアプラニングⅠ」と同様、毎時間の「ワークシート」を蓄積し、各期末には総合自己評価(ポートフォリオ・タイム)を実施します。昨年度使用した「キャリアプラニングファイル」を今年も使用します。



 

授業事例


2017/09/27

CPⅡ「個人ポートフォリオの作成」の様子です

Tweet ThisSend to Facebook | by:広報担当

2年次「キャリアプランニングⅡ」

 いよいよ、個人ポートフォーリオ作成です。


 9
27日(水)5限、2年次の前期キャリアプランニング活動を振り返って、個人ポートフォーリオを作成しました。
生徒一人ひとりが「キャリアプラニング」ファイルを使って、毎時間配布されたプリント類・ワークシート・アセスメント結果を
蓄積していくだけでなく、その学習成果を振り返ってもらうことが、次の大きなステップアップになります。
後期からは、いよいよ3年間の集大成である「課題研究」へと進んでいきます。【授業担当者】
 

  


17:59 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項
1月22日 「ジャンル別ディベート」年次発表会を開催します (終了)

本校は「キャリアプランニングⅡ」で、昨年から継続して
①「将来の目標設定」
②「調査探求活動」
③「具体的な行動」の三段階の活動を前期と後期で繰り返す能動的授業を展開しています。
後期は来年につなげる取り組みとして、調査方法・論理的思考を養うために、10分野16講座に分かれて活動を行う「ジャンル別ディベート」を実施してきました。
この「ジャンル別ディベート」について、講座代表者による年次全体発表会を下記の通り実施いたします。
ぜひ生徒の活動成果をご覧下さい。


1.日時  平成26年1月22日(水) 13時10分から15時
2.場所  本校 多目的室(C棟4階)
3.内容  2年次各講座の代表者による発表


試合順

分野/論題

1試合

福祉

 「ボランティア活動は教育活動の中で義務化すべきである」

2試合

環境

 絶滅危惧種動物をすべて人間の管理下に置くべきである」

3試合

国際

 「T..Pに参加すべきである」

4試合

教育

「週休2日制を廃止し、土曜日に授業を復活させるべきである」

5試合

情報・科学

 「スマートフォンは小中高生に必要である」

6試合

医療

 「余命の告知を義務づけるべきである」

7試合

法・経済

 「死刑制度を認めるべきである


4.問い合わせ先  キャリアセンター 松岡篤志  ℡ 078(798)0475
 
平成24年度・進路の日【2年次】
5月24日は「進路の日」  2年次は「大学見学会・企業訪問」


中堅年次である2年次の大きな目標は、各自の進路目標を明確に定めて、 その学校等に関する情報を集め、具体的な対策を検討することです。
当日は、現地集合や須磨翔風高校からチャーターしたバスに乗り込み、それぞれの目的地に向かって出発し、それぞれの場所で約4
時間のプログラムをこなしました。大学での授業体験や施設見学・企業見学・職業ガイダンス(ハローワーク)を含め、かなり密度の濃いメニューで充実した時間を過ごしました。 生徒は、各自の選択したプログラムに応じて、ふりかえりのワークシートを記入して、1日が終わりました。


兵庫医療大学
薬学実習に手先がふるえます
初めての介護実習に緊張ぎみ
園田学園女子大学
甲南大学
大阪経済大学
 

キャリアセンターのページに戻る

 トップページに戻る