メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ最近の学校生活【~平成29年度まで】

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

特色ある授業事例(教育入門体験・介護基礎)
30年度も、様々な特色ある授業が既に展開されています。

【教育入門・体験】(教育科選択科目) 4月19日(木)
 親和女子大学より澤田 愛子先生(発達教育学部教授)をお招きし、『幼稚園教育入門』の講義をしていただきました。「幼児期の学び」「幼児教育において育みたい資質」について理解を深めました。生徒たちは秋に予定されている幼稚園実習に向けて熱心に受講していました。(授業担当者)
 
  

 

 【介護基礎】(福祉科選択科目)4月20日(金) 
 車椅子実習として、講師の方の指導の下、二人一組で実際の車いすを使用して乗る側と押す側双方の体験をしました。

 地面の素材が変わると乗り心地が変わることを体感し、また中庭のテーブルの高さは車いすの人からはどう感じるかなどを考えました。他にもリフト車の乗り降りや段差昇降の苦労も体験し、どうすれば少人数で楽に階段が昇れるか、など様々な視点から考えることが出来ました。
 
     
 

 
 


 
特色授業事例・国際交流(平成29年度)

2017/10/04

保育科目「赤ちゃん先生」の様子

Tweet ThisSend to Facebook | by:広報担当

919日(火) 特別授業「赤ちゃん先生」

 

2年次選択科目「子どもの発達と保育A」にて、「赤ちゃん先生」を実施しました。
今年度、第
2回目となります。今回のテーマは「育児体験」でした。
マザーズバッグの中身や、外出先でのエピソードを聞いて、赤ちゃんのいる生活について考えました。
また、実際に荷物を持ちながらベビーカーを使って散歩することで、
多くの荷物を持って移動する苦労や階段の不便さを実感しました。
次回は、いよいよ最終回となります。
1回目からの赤ちゃんの成長を観察するとともに
結婚・出産・育児を視野に入れたキャリアデザインを学びます。

【授業担当者】

 


14:29 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0) | 報告事項

 トップページに戻る