メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ最近の学校生活【~平成29年度まで】

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

キャリアセンター それは本校キャリア教育のまさに“中核”


本校にはキャリア教育の中核として、キャリアセンター(通称「キャリア」または「キャリセン」)があります。
この組織は、本校以外の総合学科の高校では「進路指導部」と「総合学科推進部」に分かれているものを、1つに統合したものです。
統合することで、両者の連絡・調整がスムーズになるだけでなく、一体として組織的・系統的なキャリア教育を推進していくことができるのです。
 
キャリアセンターの機能



 
教育専門誌に本校のキャリア教育が掲載されました  【平成30年4月12日】

高校教育の専門誌「月刊 高校教育」に本校の取組みが掲載されました。


 全国的教育専門誌「月刊高校教育」(学事出版株式会社)の2018年4月号に、関西大学准教授の若槻 健先生が本校を取材し執筆されました文章「
ちょっと拝見 学校訪問」が掲載されました。(同号10ページから15ページ)

「キャリア教育で生徒の夢を実現」という見出しで、本校の沿革と概要、教育課程の特徴、「教育科」の授業、「人間関係」の授業、キャリアプランニングⅠⅡⅢ、それぞれのキャリア形成・進路に向けて、などの小テーマごとに説明と紹介、感想を載せていただきました。

 今年度10年目を迎える本校にとって、全国版教育専門誌に紹介されたことは大変名誉なことです。今後とも、生徒の未来に役立つ本校の取組みをしっかりと継続・発展させていきます。(校長)

(※ 学事出版様より、HP掲載の許可を得ています。)

 

 →本文はこちら 月刊 高校教育(2018年4月号)より.pdf


 
受験広報誌で本校が紹介されました【平成29年10月11日】

 (株)ベネッセコーポレーションの高等教育情報誌(全国誌)に、本校のキャリア教育・キャリアセンターが取り上げられました。
  「Between(2017 9-10月号)No.275 」です。 

 

     
      ※詳しくは「 進路指導.pdf 」をご覧下さい。

  




 トップページに戻る