メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ最近の学校生活【~平成29年度まで】

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

1年次 朝読開始 【平成30年4月19日】

1年次生も朝の読書を始めています。

 本校では、設立当初より朝の読書「通称:朝読(あさどく)」を行っています。生徒だけでなく、先生方も一緒になって、落ち着いた読書の時間を過ごしています。
 授業前の静寂のひと時は、毎日の学校生活全体の質を高めています。


 
 
 

 
1年次 授業開始 【平成30年4月13日】

一年次生徒の授業が始まりました


 昨日はオリエンテーションで1日過ごしましたが、いよいよ本日より
50分×7時限の授業が始まりました。英数国の少人数・分散授業も始まり、生徒たちは慌ただしく自分の教室を探して移動していました。

中村先生の国語総合b(古典)では自己紹介に始まり、1年間の学習予定・準備物の確認・国語の面白さや楽しさ等について説明がありました。同じく黒田先生の国語総合bでも、早速プリントを使った授業が始まりました。

また二年次の「音楽Ⅱ」選択授業では、今年度からソプラノ歌手坪田先生が授業を担当され、プッチーニ作曲オペラ「トスカ」より「歌に生き恋に生き」を模範歌唱されました。プロソプラノ歌手の迫力ある生歌に、生徒たちは圧倒されていました。その後、ベルカント唱法の説明を受け、発声練習にチャレンジしていました。

  

       

 

 

 
着任式・対面式 【平成30年4月10日】

着任式・対面式が行われました。

 昨日前任校の離任式に出席していた3名の先生の着任式がありました。代表して、蔵本朗新教頭があいさつしました。どうぞよろしくお願いいたします。
 引き続き、1年次生と2・3年次生の対面式が行われました。1年次生にとっては初めての先輩との対面ですが、温かな拍手に迎えられて緊張もほぐれ、これで本当の仲間入りです。いよいよ3つの年次が全てそろって、平成30年度の須磨翔風が本格始動です。

   
        新着任の先生の挨拶          1年次生の入場です

  
          温かく迎えられた新入生      生徒会副会長による歓迎の挨拶

      
  山内優菜さん(1-8・垂水中出身)の代表挨拶    花束贈呈です。教室に飾られることでしょう

 
入学式 【平成30年4月9日】
10期生の入学式が行われました。

 平成30年度入学式が、4月9日(月)午後1時30分から本校アリーナにて挙行されました。新入生320人が真新しい制服に身を包み、この晴れの日を迎えました。これから始まる高校生活への期待を胸に、緊張の中にも引き締まった表情が見られました。
 また式典後には、新2年次生により美しく力強い歓迎の校歌披露が行われ、これから同じ学び舎で過ごしていく仲間としての絆が生まれました。 

      
       式前の緊張のHRです       厳かな雰囲気の中、式典が進みました
 
    
    小松祥大君(1-5・上野中出身)による宣誓        生徒会長による歓迎の言葉

   
      会場が感動に包まれた校歌披露      1年次担当教員の紹介
 
   30年度第10回入学式式辞.pdf
 

 トップページに戻る