メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

須磨翔風高校(総合学科)の特色

ポイント1 幅広い選択科目

 総合学科の大きな特徴は、他の学科にない多様な選択科目です。須磨翔風高校では興味関心に則した様々な進路希望に対応するため、生徒一人ひとりが意欲的に学習していく環境が整っています。

 特に、23年次では100以上の科目の中から授業を選択できます。

 開講される科目は、単に幅広いだけではありません。たとえば国語は、「国語総合」「現代文B」が必修ですが、それ以外にも2、3年次に「古典」「自己表現」「現代文探究」「古典探究」「日本文学史」など9つの選択科目が用意されています。外国語、数学など、他の教科も同じで、それぞれの目標に応じて深く学ぶことができます。

 これこそが須磨翔風高校の大きな魅力です。


ポイント2 5つの選択科目群

 自分に必要な科目を見極めることは、実はとても難しいことです。須磨翔風高校では、どの科目がどんな進路に役立つかわかるように、多くの選択科目を「国際・文化」「科学・環境」「福祉・健康」「経営・情報」「教育・人間」という5つの科目群に分けています

 たとえば「教育・人間」科目群の中には、将来、教育関係の仕事に就きたい人のために「教育入門・体験」「学内教育実習プログラム」などの選択科目があります。コース制とは違って複数の科目群から自由に科目を選択できるので、より意欲的に学習できます。


ポイント3 進路目標に応じて、自分で時間割を作成

 一般的な学校(たとえば普通科)では、基本的に全員がほぼ同じ時間割になっています。しかし須磨翔風高校では、幅広い選択科目の中から、自分の将来の目標に応じて一人ひとり独自の23年次時間割を作成します。もちろん、適切な選択のためにキャリアセンターを中心とした教員による丁寧なアドバイスによって一人ひとりをサポートします。


ポイント4 少人数授業で学力向上をめざす

 須磨翔風高校では一人ひとりが異なる科目を選択するため、選択者の人数に応じて授業展開を行います。40人で教室がいっぱいという状況が少ないので、一人ひとりに目が届きやすく、より細やかな教科指導が実現できます。特に1年次では、国語・数学・英語の3教科で、2クラスを3つに分割した少人数での指導を行っています。

 また、水曜日を除く週4回、7時間授業を実施しています。


ポイント5 手厚い「キャリア教育」 

 キャリア教育とは、生徒自身が将来「どう生きていくか」ということを考える教育です。須磨翔風高校では、進路指導に習熟した教員をキャリアアドバイザーとしてキャリアセンターに配置し、「キャリアプランニング」をはじめ、学力向上、近隣の学校園・大学や地域との連携、科目「人間関係」等のキャリア教育の企画運営はもちろん、生徒の希望する進路を実現させるために、担任とともに生徒・保護者へのアドバイスや相談を行っています。

 
 
 トップページに戻る