メニュー

学校紹介
校訓・教育方針学校経営計画<学校マネジメントプラン>学校概要校務運営組織日時程校歌校名・校章の由来制服制定の由来沿革史選定教科用図書学校評議員会KEMSの取り組みアーカイブズ
須磨翔風高校(総合学科)の特色キャリア教育(CP・人間関係など)卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校行事・授業の様子など部活動・生徒会 など中学生の皆さんへ(入試情報含む)卒業生のみなさんへ(卒業生の活躍含む)保護者のみなさんへ(奨学金・食堂について含む)アクセス・問い合わせ最近の学校生活【~令和元年度まで】

☆令和2年度入試 学力検査の成績簡易開示 期間延長のお知らせ

  新型コロナ感染症による休校措置に伴い、実施できていなかった学力検査の簡易開示を、6月1日から1週間(土日祝日は除く)で行います。  受付時間は9時~16時30分です。 
  開示を希望する人は、受検票と生徒証明書(保険証やマイナンバーカードも可)を持参してください。

 本校生は、登校日の昼休み(12時40分~13時15分と放課後(15時40分~16時30分)に応接室で開示を行います。
 
☆彡新型コロナウイルス感染を乗り越えるための説明書
諏訪中央病院の玉井道裕先生が、新型コロナウイルスについてわかりやすく解説されています。是非ご覧下さい。 → https://www.suwachuo.com/pdf/zenkoku.pdf?_ga=2.151018553.1015596450.1587714100-864721171.1587714100
 
令和3年度に教育実習を希望される方へ
新型コロナウイルスの影響を考慮し、申し込みを6月15日(月)まで延長します。
 

教育委員会 事務局 児童生徒課よりお知らせ

令和2年度使用教科用図書一覧

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
→ 気象警報発表時の対応 .pdf
 

レインマップこうべ250

校長ごあいさつ(令和2年度)

令和2年5月    

  神戸市立須磨翔風高等学校

校 長 川畑 龍雄
 

「ピンチはチャンス」

本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

現在、新型コロナウイルス感染症対策として臨時休校が続いており、不自由な生活を強いられています。12期生の入学式も通常の形では実施できずに入学時説明会という形となりました。1日も早く、通常の学校生活が再開できるよう心から願っています。


 さて、この国難といわれる新型コロナウイルスとの戦いをどのように受け止めるかは、非常に重要なことです。なぜなら歴史上、世界規模の感染症の流行は、人類の歴史を形作る上での大きな要因になってきたからです。


 例えばペストは14世紀中頃、アジアからヨーロッパにかけて大流行し多くの死者を出しました。体中に黒い斑点が出来て死んでいくので「黒死病」と呼ばれて恐れられました。しかしこの感染症の大流行が、「ペストは近代の陣痛」という言葉があるように、従来の価値観に大きな変化を与え、ルネサンスや資本主義、自由経済を生み出したともいわれています。
(詳しくは調べてみて下さいね)

 
 物理学者アイザック・ニュートンは、ペストでケンブリッジ大学が休校になり故郷に帰り研究を重ね、「光の分光的性質」と「万有引力の法則」を、さらに「微積分計算の基本的アイデア」を発見しました。故郷に戻っていたこの期間は「ニュートンの創造的休暇」と言われています。現代に当てはめれば、今の外出自粛や臨時休校は、テレワークやネット授業を急速に普及させています。新たな感染症の流行は大きな脅威ですが、それがもたらす時代や歴史の劇的な変化もあります。


 新型コロナウイルス対策を含め、この予測不可能な時代に対応するためには「パラダイムシフト」という考え方が必要です。「パラダイムシフト」とは、その時代や分野において当たり前のこととして考えられていた認識や思想、社会全体の価値観などが、革命的に、もしくは劇的に変化することを意味する言葉です。そして、このパラダイムシフトを生み出すためには、チャレンジ精神が大切となってきます。


 本校の目指す生徒像の一つに「自分らしい生き方を目指し、失敗を恐れずチャレンジする生徒」があります。これは様々な探究活動を通してパラダイムシフトを生み出し、ピンチをチャンスにできる人材育成を目指すという思いがあります。
令和2年度は、まずは新型コロナウイルスを収束させ、通常の学校生活を取り戻し、現在のピンチを未来のチャンスにして「生き方発見! 夢実現!」を目指しましょう。


 本校のホームページをご覧いただいた中学生及び保護者のみなさま、誠にありがとうございます。
 
 本年度は、新型コロナウイルスの影響で、中学校生活も苦しい時期が続くと思いますが、苦しみを経験した人は、より幸せの有難味がわかります。共に頑張りましょう。
本校は皆さんの夢をしっかり叶える学校です。皆さんの個性と本校の特色が合えば、あなたらしい「生き方発見! 夢実現!」ができます。「自分らしい生き方を目指し、失敗を恐れずチャレンジする生徒」をお待ちしています。




 
 

校長ごあいさつ(過年度分)

令和元年度校長挨拶 → 令和元年度 学校長ご挨拶.pdf
平成30年度校長挨拶 → 平成30年度 学校長ご挨拶.pdf
平成29年度校長挨拶 → 平成29年度 学校長ご挨拶.pdf
平成28年度校長挨拶 → 平成28年度 学校長ご挨拶.pdf
平成27年度校長挨拶 → 平成27年度 学校長挨拶.pdf
平成26年度校長挨拶 → 平成26年度 学校長挨拶.pdf

 
須磨翔風高校ホームページ「優秀団体賞」受賞(平成28年度)

本校のホームページが「優秀賞」に選ばれました。(平成29419日)


このたび、本校のホームページが神戸市立学校園(幼・小・中・高)の中で与えられる「優秀校」に選ばれ、表彰されました。

これからも、本校の教育の取り組み・生徒活動の様子を積極的に情報発信していきたいと思います。

 

 

 
日本ニュース時事能力検定「優秀団体賞」受賞
このたび、日本ニュース時事能力検定協会から「優秀団体賞」をいただきました。(平成27年3月4日)
 
本校では3年次「時事問題」選択者と、2年次「政治・経済」選択者が、「ニュース時事能力検定」に挑戦しています。

今年度は「時事問題」選択者から、準2級に31名(平均点67.3点、全国平均60.3点)が合格、合格率は77.5%という高さ(全国では50.6%)でした。
また、「政治・経済」選択者からは、
3級に52名(平均点85.6点、全国平均71.1点)が合格しました。

 
須磨翔風高校ホームページ「優秀賞」受賞

本校のホームページが「優秀校」に選ばれました!  (平成26年4月17日)


このたび、本校のホームページが、神戸市立学校園(幼・小・中・高)の中で
3校に与えられる「優秀校」に選ばれ、表彰されました。

これからも生徒や保護者、中学生、地域の方々に向けて、本校の取り組み、生徒の活動の様子を生き生きと伝えていきたいと思います。

 

 
本校のキャリア教育実践が文部科学大臣表彰されました
 

平成25年2月19日 文部科学省において、平成24年度キャリア教育優良教育委員会,学校及びPTA団体等文部科学大臣表彰式が開催され、白間竜一郎文科省初等中等教育局児童生徒課長より表彰状を授与されました。
本校のキャリア教育実践が高く評価されたことに誇りを持ち、今後とも学校一丸で取り組みます。

3月7日 本市へ報告、永井秀憲教育長より伝達表彰を受けました。


  
教育長より表彰状が授与されました 教育長直筆の額を贈呈いただきました 

 

神戸親和女子大学との間で連携協定を締結しました
平成25年4月11日、神戸親和女子大学と本校が人的・知的資源の交流を図ることで、両校の教育の充実、発展に資することを目的とした連携協力協定を締結いたしました。
本校は県下で唯一「教育」を教科として設定し、将来神戸市で教師を目指す生徒の基礎的資質を育てるためのカリキュラムを組んでいます。
この協定により、本校の設定科目「教育入門・体験」の授業改善に向けた支援やテキスト作成の助言などを神戸親和女子大学から受けるなど地元に根ざした教育活動を展開します。
調印式は、大学側から三木四郎学長、山本裕之副学長以下全7名、高校側からは冨浦誠校長、有元文祐教頭に加え市教委から岸田容司郎首席指導主事、大野毅指導主事が参加し、式後も活発な情報交換を行い、連携を通した互いの発展を確認しました。


関連記事⇒2013年4月11日_神戸新聞朝刊
 
 
 トップページに戻る