メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

平成25年度学校評議員会記録


平成251125日(火)9:4013:00


平成25年度スクール・ミーティング意見交換会(第2回学校評議員会)記録

1.出席者

○学校評議員(兼学校関係者評価委員)

【出席】

野村 和宏    神戸市外国語大学外国語学部英米学科教授

足立  明    流通科学大学副学長・サービス産業学部教授

吉川 義樹    NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事

中山 一郎    甲南大学キャリアカウンセラー

信川 恒夫    特別養護老人ホーム愛の園統括園長

山根 照久    育友会長


○須磨翔風高等学校育友会

高山 リサ    育友会副会長

山野 信子    育友会会計


〇教育委員会

森本 純夫    教育委員長

大塚  明    教育委員長代理

森脇 俊道    教育委員長代理

梶木 典子    教育委員

雪村新之助    教育長


○教育委員会事務局

清水 雅範    総務部長

弥城 正幸    担当部長(学校計画担当)

竹下 正明    指導部長

片山 昌俊    担当部長(特色ある神戸の教育推進担当)

東野 展也    社会教育部長   

花田 裕之    総務部庶務課長

白井 俊彦    指導部指導課長

山本 圭一    指導部指導課担当課長(特色ある神戸の教育推進・大学連携担当)

山下 哲朗    指導部指導課首席指導主事

上橋 秀司    指導部総合教育センター首席指導主事

坂本 昌治    総務部庶務課総務係長

桑村 佳孝    総務部庶務課経理係長

渡邊 智明    指導部指導課指導係長

弘中 信幸    総務部庶務課担当 

井上  智    指導部指導課指導主事

高島日出男    指導部指導課指導主事

市川 千敏    指導部指導課指導主事           


〇近隣校園長    

真木 雅典    友が丘中学校長

藤原 康裕    西落合小学校長

内芝 里美    名谷こすもす幼稚園長


〇須磨翔風高等学校職員

冨浦  誠    校長

堂本 恵三    事務長

有元 文祐    教頭

芳井  隆    教頭


2
.授業参観 (9:4010:30

 ・(1年次)科目「人間関係」 単元:ソーシャルスキルトレーニング、手話講座


3
.意見交換会 (10:4012:00) 於会議室

進行:有元教頭

  (以下記録)

(1)はじめの挨拶 【森本教育委員長】


(2)
出席者自己紹介


(3) 
神戸市の教育施策について 【片山担当部長】

    4つの目標と10の施策の説明。現在第2期の教育振興計画(平成26年度から30年度)を策定中。


(4) 
須磨翔風高校の特色ある取り組みについて 【冨浦校長】


(5) 
意見交換

【足立】

開校1年目から評議員として一緒に学んでいる。いかにコミュニケーション能力や行動力をもった人材を育成するか。問題解決の中から思考を高めることが必要である。

高校1年から、将来について自分のポリシーを持ち、地域とも関わっていくという教育方法は素晴らしいと思っている。(その点においては)大学が学ばないといけない、大学も変わらないといけない。

やっていて難しい点は、高校の理念を如何に理解してもらうか、その大切さについてエネルギーを使って伝えていくことが大事である。

【中山】

・人間関係力の授業を生徒が生き生きと主体的に受けていた。「もうちょっとしゃべれないかな」というところもあったが、日頃からの先生方の尽力や訓練の成果が出ている。

手話講座については、ノンバーバルコミュニケーションであり、普段、生徒の関わりがないことなので斬新である。生徒も学ぶ必要性に気付くことだろう。

【信川】

コミュニケーションは非常に大切である。技術ではなく心の深いところで感じるものである。ややもすればテクニックだけを教えるというところに走りすぎる。神戸の教育理念である「人は人によって人になる」というのはいい言葉だなあと思う。豊かな心を育てるという意味で、今回の授業は初めて参観し、参考になった。

休み時間に弁当を食べている生徒がいたが誰も注意をしなかった。注意することは大切である。自分は周りにも責任がある、ということを教えないといけない。

「自分を好きになる」自分を大切にできる人は他人も大切にする。周囲に出す空気も自分に責任がある。分かってもらうことが大切である。椅子を引いたときに大きな音がした。私にとっては驚きであった。みんながいい環境でいるために、決して技術だけで終わるのではなく、ベースになるところ(を教えるの)が大切である。

【吉川】

週に2回レクレーションの授業を担当している。今日の授業を参観して、授業を受ける生徒の雰囲気が違っており、必修と選択を受ける受け方に違いがあることがわかった。

私は振り返りでレポートをさせている。これで、自分のあり方を見てもらうようにしている。

授業を受けるという自覚が生徒にどこまで伝わっているか、またどのように伝えるか、が課題である。

【山根】

今日の授業は勉強になった。このカリキュラムを交通局でも使えないか、と感じた。お客様の対応について、根本からできていない若者は苦労している。各学校では難しいかもしれないが、(このような授業を)やってほしい。経験のある無しが大きい。相手に対しての断り方が難しく、これが、(仕事を)つまづくきっかけになっている。

神戸市教育振興基本計画を読んで、「身に付けてほしいこと」について、なるほどと思った。子供を育てるにあたって、親は何をすべきか、という点を付け加えてもらえたらいいのではないか。親であってもなかなか情報を取捨選択する力がない。保護者としての立ち居振る舞いとして、あるべき姿、指針があれば、育友会、PTAで話し合える。

【雪村教育長】

テクニックだけでは確かにダメである。相手の心をおもんばかることができる感受性を身に付け、コミュニケーション能力をつけなければならない。

(基本計画の)保護者の話については、計画に入れていきたい。PTAは積極的に取り組んでくれている。例えば、いじめ防止基本方針などについてはPTAに入っていただいている。

【高山】

(我が子の)「教育」の授業の中で、子供が「10分の時間で授業をする」「考えて授業をする」「いろんな質問を想定する」という学習をした。また、「人間関係」の授業をすると有利になる。中学校時代には、(我が子は)話ができなかったが、人前で話す機会を与えていただいたことで、今は公務員として頑張っている。

【山野】

我が子は中学時代からここに進路を決めていたが、することが決まっていない子は厳しい。

授業は楽しそうである。苦手な子にはしんどいかもしれないが、これから身に付けていく、我が子も以前よりは話すことがうまくなったと思う。

【大塚】

キャリアプランニングというのは、これからの人生をどう作っていくかということである。

社会に出たら「これをやれ」「あれをやれ」と言われることもある。いろんなことに対応できる人になってもらうことが総合学科(の役目)である。

生徒が選択をする時に教師はどうするの?というイントロの部分が大切であるが、どのようにやっているのか。これは一生にかかわる問題である。うまく導けば一生をサポートできる。どんなことをしているのか。

【冨浦】

今日の「人間関係」の授業では1組から4組までが同じことをしている。これは、教員が事前研修をした上で授業を展開している。

キャリアプランニングについては、キャリアセンターが中心となり、研修を実施している。難しいテーマであるが、生徒の能力を引き出すことができるよう、検証を重ねている。

【有元】

私はカウンセラーの資格を持っている。訓練されたプログラムを教員に与えて生徒にさせるのは費用の面からも難しい。しかしながら、本校では、教員が研修を受けたのち授業を実施している点で普通科とは大きく違う。

大学へ行くためのスキルを身に付けさせるのが一般の高校である。(本校では)変化に対応する力を生徒につけさせたい。現在就職できない若者が200万人以上いる中でさまざまな仕掛けを作り、生徒全員ができるようにしたい。

「人間関係」の授業はあくまでも一部分であり、部活動の指導や他の授業の中でも、生きている。キャリア教育の表彰を受けたことも、実際の教育活動全体を見てもらえたからである。しかしながら、教員にとっては負担感が大きい。

【信川】

(うちの施設では)「自立を支援する介護」をするのがいい職員である。自立を支援するとは、「時間がかかる」「本人が楽しくなる」「本人の力を引き出す」ことではあるが、「できないことは落ち込む」「できることがあると自分できることを見つける」「できないことでもできるようになる」というように利用者の姿勢も変わってくる。教育も同じである。「できることを引き出す」「自信をつける」「自分が伸びていく」

介護のリーダーと学校の先生は同じではないか。自分でできる力をつけると人は目が輝く。チームで、生徒のよいところを引き出すようにしてほしい。

【真木】

中学校として考えるべき点が多い。平成21年度からすこやかタウン協議会での交流があり、24年度にはクリスマスコンサートに合同出演した。今年度はあいさつソングを合同演奏する。中高の交流が始まっている。

【藤原】

今日の授業は考える機会としてありがたい。自分自身が生徒の時、将来を真剣に考えることはなかった。このような授業を受けていれば、自分の進路も違ったものになったであろう。高校時代に自分のことを真剣に考える場があればと思う。

【内芝】

実際にキャリア教育のことが分かった。将来を描いてきている生徒がカリキュラムを選択して夢を目指すところが素晴らしい。

【森脇】

どういう考え方で指導するのか、キャリア教育は難しいと思う。大学と連携していることは大事である、ものすごく真剣にやらないといけない。信川先生の介護のお話はよく分かる。人間をどう見るか、ということが大切である。

【梶木】

教育は奥が深いと思う。子供は遊びを通じて人との距離感を学ぶ。早期教育と言って「あなたのために」と親が(手を貸したり)するが、8割以上よくない。小さいときから子供に「なにをしたい?」と尋ねることが大切である。効率よく子育てをしてしまうと、やりたいことをやったときの達成感を知らない子供になり、子育ての弊害が出る。

「世界で一番素晴らしいところは子供の笑顔があるところ」という言葉がある。大切にしたい。

【森本】

充実したキャリア教育を実践している。将来について生徒が迷うのは当然である。10年後の自分を見つけるために見本となる大人像が必要である。私も20歳を過ぎても迷っていた。トータルとして授業、部活動などそれもがからみあった活動となり、学校全体として、わくわくするような結果を出していただいている。校区は広いが、地域と連携していい生徒を送り出してほしい。


(6) 
おわりの挨拶 【雪村教育長】


3
.ランチ試食 (12:0012:30) 於食堂


4
.校内見学 (12:3012:50


5
.閉会 (13:00


  ◆配布資料 → スクールミーティング配布資料

 


 平成25年度会議録に戻る

 トップページに戻る