メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

平成25年度第3回学校評議員会記録


平成26年3月3日(月)
14:00~15:30 於 会議室


平成25年度第3回学校評議員会記録

1.出席者
○学校評議員(兼 学校関係者評価委員)
【出席】
野村 和宏 神戸市外国語大学外国語学部英米学科教授
吉川 義樹 NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事
信川 恒夫 社会福祉法人ぶどうの枝福祉会 特別養護老人ホーム愛の園 園長
中山 一郎 甲南大学 キャリアセンター キャリアカウンセラー
山根 照久 本校育友会長
【欠席】
足立  明 流通科学大学副学長・サービス産業学部教授

○学校側
【出席】
冨浦  誠 校長
堂本 恵三 事務長
有元 文祐 教頭・キャリアセンター長
中島 祐介 庶務部長
斧本 克彦 教務部長
津村 真人 広報研修部長
渡邊 孝子 3年次主任 
安田 和史 2年次主任 
橋口  徹  1年次主任  
【欠席】
芳井  隆 教頭
小南扇四郎 生徒指導部長

2.資料
 ・「須磨翔風高等学校学校評価アンケート調査」結果.pdf
 ・平成25年度学校マネジメントプラン自己評価.pdf
 ・平成25年度学校マネジメントプラン関係者評価記入シート.pdf
 ・3期生進学合格状況pdf

3.開会 14:00 於会議室

 (以下記録)
(1) 校長挨拶
【校長】
・第2回は11月25日スクールミーティングと兼ねて行った。
・2月28日に卒業式があり314名が卒業していった。野村先生ご出席ありがとうございました。進路では資料提示以外に就職が一般企業13名、公務員3名が合格。
・2月14日推薦入試を終え、志願者311名全員が受験し160名合格。1.94倍の高い倍率。
・定員の残り半分は、3月12日の一般入試で決まる。253名出願者が確定した。1.58倍
・来年度から神戸・淡路の新第一学区になり、この形での入試スタイルは今回で終わる。
・新しい学区の中で魅力・特色がさらに必要になる


(2) 将来像検討委員会学校評価アンケート結果について
【有元】
・前年度とほぼ同じ内容で実施し前年度と比較(ただし地域に対してはやっていない)
・卒業生と在校生と在校生の保護者を対象、卒業生の回収率(15.9%)が悪いので次年度には回収できるような仕組みづくりが必要。
・結果はおおむね好意的。本校への入学志願者数の倍率にもあらわれているのではないか
・新学区に移行する中、総合学科でありながら複数志願制度の中に組み込まれていくので、どうすれば子供たちが須磨翔風に目を向けてくれるのか、このアンケートも検討の基礎データになるだろう。


(3) 今年度学校マネジメントプランの関係者評価について
【有元】
・中期経営目標の2年目について、評価指標に従い管理職でまずは自己評価した。4‐達成 3‐おおむね達成 2‐やや達成できてない 1‐達成できてない。
・評議委員の皆さんにも外部評価コメント欄に書き込んで返信してほしい。
・重点目標の1つ目、キャリアセンターとの緊密な組織連携を図ることについては、キャリアセンターと教科が連携すれば進路実現が上手くいくのではということで行動してきた。
・3年生へのアンケートでは第1志望の実現率70.2%だった。一般入試が終わっていないので指標としてはどうなのかというところもあるが。
【大山】
・キャリアプランニングを早目に終えて進学に向けた授業や体制づくりを目指したが、80%以上という目標には残念ながら達成できなかった
・キャリアセンターと教科との連携も今後の課題である。
【有元】
・学校全体がキャリア教育の意義について理解を深めて教育内容の充実を図るという目標に対して、具体的な改善策を教職員全体で共有しましょうという行動計画だった。
・キャリア教育の評価については、卒業生は高い。在校生も2ポイント上がった、保護者は高いながらも5ポイント下がっている。これをどうとらえるか。更に保護者の皆さんに理解してもらうために取り組みを考えていかなければならない。
・重点目標の2つ目、家庭学習を含めた学習への意欲と態度の向上を図る、に関しては、標準検査に基づいて低学力者に対する学力補助の機会を設定、教科による補習の計画的な実施を行動計画に挙げて、1年次では希望者を朝登校させて学び直しを実施した。これはアンケートによると好評であった。
・教科による補習は実施したが、組織的な取り組みができていなかった。家庭学習についても、3年生ですら4割程度しか定着していないことがアンケートで示されており、大きな課題。
 さらに、新学習指導要領に則した授業改善に取り組むという行動計画については、観点別評価について教員に研修会を開いたり、授業公開と生徒による授業評価を実施した。

・授業満足度では、アンケート結果によると選択科目の授業の満足度75.3%、さらにそれが進路実現に科目が役に立ったと答えたのが72.7%と、7割以上の生徒が満足していると答えている。ただ、授業評価は教員個々の評価ではない点で、果たして達成できたのかどうか疑問。
【吉川】
・家庭学習については、教科が多いので連携をとって必要なものと必要でないものと決めることができないか。担任が生徒の弱点をわかっているので、担任と教科の連携が必要なのでは。
【校長】
・週末課題を出しているが主要な教科だけになっている
【有元】
・教員が生徒個々を把握し指導できていないのは事実だが、それでは教員もしんどいのではないか。生徒個々がセルフコントロールして自分で考えていけるような力を付けてやることの方が必要なのではないか。
【山根】
・親のしつけの部分もあるだろう。小、中で学習の癖をつけてこなかったツケが高校で回ってきているのでは。家庭学習の大切さを保護者が認知しなければならない。進学するにしても就職するにしても基礎学力は大事であるので、たとえ子供が部活で疲れていても出された課題はしっかりさせるなど保護者にも家庭学習の大切さを伝えてあげてほしい。学校としてできる部分の境目を明示してもらえればいいと思う。
【信川】
・達成感を感じるような課題の出し方、教師が生徒を導いてやる。学校でやることは教師が責任を持ってやる、家庭でやることは家庭でやらせる、キャリアセンターと教科の連携ではなくて教師と家庭との連携が必要。基礎学力がしっかりしていないと資格を持っていても現場では仕事ができない。学校ではこうやっていきますので、家庭でもよろしくお願いしますと責任をもって教師が言うべき。
【有元】
・総合学科と言う特質上、学力に幅があり、的を絞って指導しづらい部分はある。学校が抱えている一番しんどい所でもある。
【中山】
・大学では自己点検評価が非常に厳しくなってきて、最低限の予習復習をさせるような指導をするように文科省から通達が来ている。シラバスも詳しく作らされ、到達度の結果報告書の厳しく求められるが高校ではどうか。
【冨浦】
・シラバスは作成するが、予習復習の指導の通達まではきていない
【中山】
・キャリアの授業では予習復習を求めることはむずかしい。
【有元】
・それは、高等教育の質の保証という視点からの流れでしょうか。
【中山】
・そうですね。
【有元】
・ならば、高等教育へつなぐ高校でもいつかそういう制約はくるということでしょうね。
【野村】
・あまりにも従来は大学が自由気ままにやっていたということだ。今は休講したら必ず補講が義務付けられる。大学において、評価の適切なあり方が厳しく問われている状況だ。
・バランスのいい基礎学力が大事だという話があったが、須磨翔風高校の特徴としてフューチャープラン、キャリアプランの作成があるが、早い段階からそれを進めていくとなると、自分の将来にとって必要な科目がわかる反面、必要ではない科目も生じる。そうなると、それを教える教員はとてもしんどい思いをすることとなる。同一クラスに意欲の差がある中でどのように教えていくのかという点では、教員間で情報交換する場が必要。教務部の下に教科主任会というものがあると聞いたが、教科会を自主的に開けるのが望ましい。従来の技法から抜け出せない教員が多い。
【有元】
・では3つ目の中期経営目標に対する本年度の重点目標である、生徒の創造的、自主的、自立的な活動を促す、ということに対して、ボランティアサークルを立ち上げることによって生徒の意欲をもっと吸い上げて具体化できる組織として機能させるということをやってみようということと、全体で広報活動を推進する機能を作ろうという行動計画を立てた。
・第三者が、どのように本校を知りたいと思っているのかをチェックするには、ホームページへのアクセス件数が一つの指標となる。ボランティアサークルを作ることによって教員が生徒の動向を把握しやすくなった。5年経つ中で、部活動の単位で地域行事に参加することが増えている。部と地域との関係が定着しつつある。ホームページアクセスは目標の10,000回を超えた。2月末で月10,610回の平均アクセスで、目標は達成できた。
・また、学校評価アンケートを基に信頼される学校づくりを全職員で目指すということについては、自由記述を見ると、苦情・励ましなど寄せられたが、お叱りの言葉の中には今学校が抱えている課題的なものも含まれている。1つ1つ改善していく努力が必要だと思っている。
・本校の教育に対する満足度の指標を8割以上目指そうとやってきた。育友会を中心とした保護者による後援体制を整備しようという点については、育友会からの年次の教員との懇談会を設けてほしいということに対して対応し、授業公開も行った。
・将来像検討委員会を学校の改善につないでいくことについては、議論を経て学校マネジメント委員会へ提言として返した。これらのことで、満足度の評価については、昨年に比べてみるとかなり高くなったが、在校生が8割に届いていないのが残念。保護者からの学校に対する評価は高い。知り合いの中学生に本校の受験を勧める、どんな学校なのか保護者間で情報が飛び交っている。一部の中学生の保護者から本校への質問を受けどう答えたらいいか困っているという意見もあるが。こうした陰の広報力を学校の力として活用できればいいと思っている。
・また、地域の外部教育間との連携、生徒のコミュニケーション能力や実践力の向上という経営目標に対しての今年度の行動計画については、まずまず達成されているのではないか。これについて質問はないでしょうか。
【中山】
・ホームページのアクセス数はほかの学校と比べてどうなのか。
【津村】
・やや多いという感じ。
【冨浦】
・先生方にももっとホームページを見てもらい、もっと改善していけるようにしたい。
【中山】
・中学生の期待値が高くなって希望者が増えている中で、在校生の満足度が低くギャップがあるのはなぜか。
【冨浦】
・実際に入ってみたら、生徒指導上の厳しさ、登校時間の早さ、毎日7時間授業、科目の数が多いので宿題も多いなど予想以上にしんどいなと思っているのではないか。
【有元】
・生徒指導上の厳しさを書いている者が多いが、あまり深く考えて書いていないのではないか。単位制の学校ではほとんどの受講科目が2単位科目であるため、授業一人当たりの受講科目が多くなる。そうなると、たとえば宿題の数も増えるなどの負担感が募っていることも考えられる。
【橋口】
・推薦入試で入ってきた子はしんどさをわかって入学しているが一般入試で入ってきた子の中には知らなかったという子もいる。
【山根】
・この数値が悪いとは思わない。在学中がしんどいのは当たり前で、むしろ卒業生が高い評価をしているように、それだけ伸びたというふうにとらえれば良いのであり、在校生の評価を特化しなくても充分学校としてはOKなのではないか。
【中山】
・大学の授業評価でも、アンケートでは表面的なものしか表れてこない。暑いし、遠いし、というしんどさに対して、それでもここが、といった本質の部分が見えるようなアンケートにすることはなかなか難しい。
【信川】
・重点目標や行動計画は、生徒は知っているのか。
【有元】
・特に知らせてはいない。ホームページに載っているので、知ろうと思えばわかるが。
【信川】
・教員の目標ということなのか。
【橋口】
・教員個々がこの目標に沿って、各自行動していくべきだが、十分消化しきれていない。
【信川】
・数値の達成というよりも、学校が生徒に求めているものがしっかりと生徒に伝わった上で、どんな動きを生徒がしていくのか、どんな反応があるのかを把握していくべきではないか。学校だけが一方通行に言っていても、押しつけられた感がある中では、生徒にとっては迷惑な計画になる。
【山根】
・学校が生徒に対して何を与えようかを示して在校生には評価してもらうべきなのではないか。与えられていることに対しては、やらされている感が強い在校生には、しんどい、つらいとかいうアンケート結果になってしまう。施設設備、授業時間数の問題はすでに与えられたものなので、それはアンケートから排除したほうがいいのかもしれない。
【有元】
・後期中等教育の中で、本校の教育というフィルターを通過している最中の者しか見えないことと、既に通過し終えたものしか見えないことがあることをふまえたアンケートが必要ということですね。
・では最後に、ルール・マナーの理解及び福祉マインドに基づいた実践力を身につけて地域社会に信頼され貢献できる人格形成を図るという経営目標に対する、学校生活のルールとマナー、責任者を明確にした校内美化と管理を徹底するという今年度の行動計画に対して、校内の美化に対する評価はまずまず。在校生も保護者もきれいな校舎を大事に使おうとしているし期待もしている。学校の物を壊す、などは心のシグナルになるので絶対に許さないという姿勢を示している。KEMS運動とも連動して施設管理をしていこうとしている。
・生徒情報の共有、健康な心と身の保持・増進、特に出席状況の管理については、スクールカウンセラーを交えた定例会で情報交換をして、気になる生徒の状況の共有を図る。定例会をきちんとやっているので指導上役に立っている。その他グループウェアも活用している。生徒情報は主に年次の先生が重要にしている情報。当校は時間講師や外部からの先生もたくさんおられるので情報共有が必要。
・遅刻者の総人数月平均100人以下を目指すことに対しては、職員朝礼を8:15から3分以内に終わらせ担任の先生はその後すぐに教室にあがっている。12月までの統計では遅刻者月平均98.4人(同じ子が何回も遅刻している)で100人以下の目標は達成。
【信川】
・私は、事務的なことより理念の実現に向けての思いを伝えたいので朝礼を大事にしている、とても3分では済ませられない。
【冨浦】
・校長や教頭が毎朝自分の思いを伝えていては時間的に余裕がなくなる。8:時15分から事務的な連絡だけの朝礼を行っている。それ以外はグループウェアの回覧板で必要なことは流し、担任の先生がなるべく早く教室に行くようにしている。理念を管理職が話そうとすれば職員会議しかない。
【有元】
・職員の勤務時間のスタートは8時15分の就業規則であり、生徒の活動は8時20分から始まる、その中でいかに効率よくやるかと考えたときに、こんな体制にならざるを得ない。
・それでは、他にご意見がございませんようですので、これで終わります。外部評価についてはメールで返信をよろしくお願いします。


(4). 校長挨拶
・本校の課題を把握しながら改善していく。今後ともよろしくお願いします。


4.閉会  15:30


(了)


 

 

 平成25年度会議録に戻る

 トップページに戻る