メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

平成24年度第3回学校評議員会記録

平成2535日(火)

10:0012:00 会議室

1.出席者

 ○学校評議員(兼学校関係者評価委員)
 【出席】

  信川 恒夫   社会福祉法人ぶどうの枝福祉会 特別養護老人ホーム愛の園園長

  足立  明   流通科学大学副学長・サービス産業学部教授

  吉川 義樹   NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事

  野村 和宏   神戸市外国語大学外国語学部英米学科教授

  中山 一郎   甲南大学キャリアセンターキャリアカウンセラー
 【欠席】

  二俣 由美   育友会長

 ○学校側
 【出席】
  冨浦  誠  
校長
  堂本 恵三  
事務長
  川畑 達雄  
教頭
  
有元 文祐  
教頭・キャリアセンター長
  大山 宏治   キャリアセンターチーフアドバイザー

   中島 祐介   庶務部長

  斧本 克彦   教務部長

  橋口  徹   広報研修部長

  津村 真人   3年次主任

  渡邊 孝子   2年次主任

  安田 和史   1年次主任
 【欠席】

  小南扇四郎   指導部長

 

3.開会 10:00 於会議室

 

              (以下記録)

 

1.学校長挨拶

 

2.将来像検討委員会学校評価アンケート結果について (資料説明:有元)

【野村】

意見をこれだけもらったことの中に課題解決のヒントがある。こちらでも把握できている問題から対応していくようにすればいい。

【足立】

一般的に組織の論理は「肯定」2割、「まあ肯定」6割、「否定」2割だといわれているので、8割の肯定的意見としてとらえる各項目の説明であればいい。

【信川】

在校生の高い回収率に対して、卒業生のサンプルは学校への思いが強い者のみが寄せた回答であり、回収率も低い。それを単純に比較はできない。一般入試で入った生徒と、推薦入試で入った者との思いの差もあるのではないか。

【有元】

確かに単純比較はできない。推薦入試は中学の成績に加え、面接と小論文での選考なので、本校のことをよく理解して入学してくるが、学力試験になると学校の内容というよりも、「合格しやすさ」を指標に受検してくる。そうなると、勝手に学校生活を思い描いていたことと矛盾することもある。今回の結果を入試種別で分析したらまた違った結果になっただろう。

【中山】

個々の設問に対して、おおむね肯定的な回答結果となっているにもかかわらず、最後に「この学校を中学生に勧められるか」という問いかけに対しては、比率が下がるというのは、各論賛成、総論反対のような形になっている。これをどうとらえるのか。

【津村】

生徒は学校生活の中で様々な体験をしている中で、ある一部に対して感じる違和感がそうした表現になっているのではないか。

【斧本】

おそらく生徒は「しんどさ」を強く感じている。しんどさが押し付けではないと思う部分は納得できるし、この学校のことを理解して入学している以上は耐えねばならないことだとは思っている。ただそのしんどさを他人に押し付けられるかというと、そうではないものだ。

【信川】

・「一人の先生に助けられました。たった一人でいい。自分のことをちゃんと見てくれた先生がいたことがありがたかった」という卒業生の回答が印象的。組織は職員の質のばらつきが一番問題になる。自分が正しいと思いこむようになると他の規準が理解できず、人間関係も築けない。結果的に質の低い仕事しかできていないことに気づけなくなる。生徒が挨拶しても返さない先生というのは、自分のことで精いっぱいなのかもしれない。

【吉川】

私は生徒との様々なやり取りの中で、だんだん子どもの目指すものが見えてきた。卒業までに須磨翔風でよかったなと思える関係ができるのも事実。入学直後から何もかも満足するというものではないだろう。

 

3.今年度学校マネジメントプランの関係者評価について

 重点目標「キャリアセンターとの緊密な組織間連携を行う」「2期生の第一志望の進路実現に向けた組織的な取り組みを行う」に対して

【津村】

今年度はキャリアセンターとよく協働できたと感じる。ただ教科との連携が不十分なために補習編成などには苦労した。教科の縦の関係と協力関係ができていくことが必要。

【大山】

就職100パーセントの数値目標を立てていないので気楽にやれた部分はある。ただ本年はキャリアプラニングの時間の中で就職希望者対象の指導をするようになって2年目となり、19名の希望者全員が内定できたのは、そのきめ細かい指導の成果だと考えている。公務員についても4名が合格した。進学希望者が95パーセントの実態の中で、そのニーズに応えられる体制を授業から見直していくことをキャリアセンターからも訴えていきたい。「第一志望」という定義をどうするかは課題。

【足立】

2年間の卒業データが蓄積できたので、成果はそこから検証し将来を改善することができる。キャリアチューターとして卒業生を利用することも可能だ。すでに行った分析をもとに再度ブレーンストーミングを行って対策を検討すれば、卒業生の意見と合わせて方向性が見えてくるのではないか。

 

 重点目標「家庭学習を含めた組織的、計画的な学力向上プログラムを実施する」「新学習指導要領の趣旨を理解し、授業の質改善に取り組む」に対して

【斧本】

講師が多く、全体として授業改善が取り組みにくい。家庭学習の定着という課題はあるものの授業改善につながらない中で、生徒の授業評価を入れるとおそらく批判的な意見が多くなるだろう。授業公開も保護者に公開しても生徒の授業場所の案内方法が複雑になる問題がある。教員相互に参観しているが、その感想を集約していないので実際はあまり見に行っていないようだ。制度を徹底すると人間関係がぎくしゃくすることもある。観点別評価もなかなか手がける余裕がない。内規見直しについては取りかからねばならないが、改正したら学校がすぐに変わるとは思えない。マネジメントプランの根幹であるが改善策の具体化には多くの課題がある。
【野村】

教員の心理はよく分かる。大学のように授業ごとに生徒メンバーが変わるのなら、授業の中で目的意識を高めるための意欲付けを図らねばならない。教材に問題がないのなら教え方に問題がある。同じ教科や同じ年次同士でのコミュニケーションが必要。気楽に授業を見合える関係が必要。相互の経緯と称賛、適度な飲み会も大切。

【中山】

先生が生徒と関わっている現場を見たわけではないが、先生方に笑顔と笑い声が少ないように感じる。職員研修のときに同行させた学生も、須磨翔風の先生の疲労感が印象的だったと言っていた。それほど先生方を膠着させている要因は構造的な問題なのか。しんどいけど成長できると生徒に思わせるように、課題の本質を見極めていかねばならない。

【野村】

まじめな先生がきっと多いのだろう。英語の連携授業で学生を連れてく時は、結構和気あいあいとやれている。ネガティブな意見を持っていない生徒がいることを大事にしたらいい。

【信川】

忙しすぎるのはよくない。介護職員の定着率は有給取得率と比例する。休みたくなったときに仲間が守ってくれ、安心して休める職場であれば元気になる。弱さをさらけ出せるようになるといい。

【野村】

使命感を持っている先生が多い中でどうすれば弱さを見せられるのか。

【信川】

成功の裏側には改善しようという心、あきらめない心がある。評価は目標の設定の仕方でどうにでも変えられる。できること、できないことを分かち合う関係がほしい。自分が受け入れられているという実感を生徒が持ってくれればいい。

 

 重点目標「正課内外を問わず地域交流の中で生徒のコミュニケーション能力や実践力を育てる」「積極的な情報発信と外部評価を利用し学校運営の改善を図る」に対して

【大山】

来年度からボランティアサークルを立ち上げて、創造的行動として発信できる体制づくりに努める。ボランティアを単位認定することで、ボランティアの意義に疑問をもつ生徒もいる。

【橋口】

アンケート結果を見ても、学校を「開く」という部分を広報の方法として個人情報の問題はあるが工夫が必要と感じる。

【吉川】

ボランティアを生徒に2回手伝ってもらい、人数が少なかったが意外によくやってくれた。来年度はもっと余裕をもって案内したい。受け入れ側の体制もあるが、生徒が参加して意義を感じるものにしたい。積極的なかかわりができてこそ、よかったと思えるし、活動も続けられる。子どもたちの達成感を学校もフォローすると効果的。

【信川】

ホームページのほかにも、先生個々のブログ等でもいろんな側面を紹介していくのも方法。

【橋口】

生徒の生の姿を伝えたいが、個人情報の制約で単純に作業ができにくい。他校のホームページにある「校長室より」などで、校長がいろんな側面を紹介していくのもおもしろい。

【信川】

学校行事で先生方の思いを伝えてはどうか。

【橋口】

年次便りを発行して伝えてはいるが、媒体として保護者に伝わっているかどうか疑問。

 

 重点目標「『人間関係』の授業を中心に、日々の学校生活の中から福祉マインド、社会的マナーを身に付けさせる」に対して

【渡邊】

教員のコミュニケーションが大事だと思う。教員が仲良ければ生徒も安心する。「人間関係」の授業を2年次で取り入れる時間はないので、日常的に語りかけていくしかない。学校になじみにくい生徒が増えている中で、情報交換の場はありがたい。年次主体の学校であれば経験的に動きがわかるが、総合学科のシステム自体に教員がなじんでいない。もっと教科が組織として機能すべきだろう。

【野村】

自転車通学を望んでいる生徒もいるようだし、日常の何気ないところでの生徒との関わりを積みあげて信頼関係を気づいていくしかないだろう。

【足立】

先日の総合学科発表会で休憩時間に修学旅行のビデオが流れた。その時の生徒たちの反応がとても盛り上がっていた。特定の集団が日常ない大学も同様だが、何かのイベントを核として盛り上げる。正課外の活動を工夫することも大切だと思う。

【中山】

忙しいのでなかなか難しいとは思うが、自分の常識は他の非常識かもしれない、という思いで校外のいろんな組織や立場の人と接点を持っていく努力をしてほしい。これでいいんだと思ってしまうのではなく、積極的に他を知ることが大切。

 

4. 閉会 校長挨拶