メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

平成28年度学校評議員会会議録

第1回 会議記録(平成28年6月27日 於会議室) 

1 出席者
 野村 和宏 神戸市外国語大学英米学科教授
 中山 一郎 流通科学大学人間社会学部准教授
 吉川 義樹 NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事

 信川 恒夫 社会福祉法人ぶどうの枝福祉会 特別養護老人ホーム愛の園 園長
 上村 安代 本校育友会長
 
岸田 容司郎 校長
 岡本 真一 教頭・キャリアセンター長
 矢野 真也 教頭
2 資 料
・平成27年度学校評価報告書
・平成28年度学校マネジメントプラン
・平成28年度學校要覧
・その他(補習・部活動実績・年間行事予定)
3 内 容
(1) 学校長挨拶
(2) 学校評議員委嘱
(3) 学校評議員及び学校側参加者自己紹介
(4) 平成28年度学校マネジメントプランについて
 質疑応答
【学校側】開校から8年、7時間目までの生徒に勉強をさせる体制と新学習指導要領・高大連携を視野に学校マネジメントを計画。失敗を恐れずチャレンジする生徒育成を目指す。

【評議員】翔風高校のチャレンジするイメージは、中学校で定着しているのではないか。学ぶことは、学力向上を経て、進路の選択肢が増える。

【評議員】翔風チャレンジの授業への影響は?

【学校側】翔風チャレンジ①から②で参加人数が半減しているが、プログラムの内容の厳しさやキャパによるものである。生徒の反応はよいが、定着等には課題がある。

【評議員】実施された家庭学習状況調査から、さらに学習の集中度に懸念がある。時間の長さより効果・効率であり、与えられた時間で最大の効果を目指さなければならない。

【学校側】部活は、学習との関係で時間的な制約上の問題があるが、全体練習から効果的なグループ別練習等を導入していかなければならない。

【評議員】学ぶ姿勢に論理的な思考が加わることで、各自のキャパが拡大する。考える力や学ぶ力は、日頃の授業で生まれる。

第2回 会議記録(平成28年12月9日 資料提供)
本校の第2回学校評議員会は、昨年と同様に日程調整がむつかしく、開催することができなかった。また、1126日県総合学科発表会で本校生徒が発表する機会を得たが、県立洲本高校開催のため各評議員に参加をいただくことはできなかった。

 そこで、今年度の本校の取り組み状況をまとめた資料を送付し、ご意見を伺うことで第2回の学校評議員会に代えた。 

<第2回学校評議会資料>

 Ⅰ 修学旅行 (スキー修学旅行からキャリア体験を導入)

 Ⅱ 学力向上のための取り組み

     Ⅲ 兵庫県総合学科高等学校研究発表会(本校生徒の発表)

<評議員からいただいたご意見>

Ⅰ 修学旅行を従来のスキー研修から関東方面と変更し、東京観光やディズニーシーを楽しむ一方、ディズニーアカデミー講師によるおもてなし研修や企業訪問によるキャリア研修を取り入れたプログラムとした。このことにより、日常の学習が実際の場につながるものとすることで、生徒一人ひとりが自ら学ぶ視点をもった充実した4日間の修学旅行としている。

Ⅱ 学力向上のための取組みとして、特に高い進路目標をもって学習に取り組んでいる生徒の支援を目的とし、「翔風チャレンジ」というプログラムを実施している。合計8回のミーティングをもった。予備校講師による学習の心構えや学習の振り返りについての講演、教員や卒業生による勉強体験、参加生徒同士の学習体験の共有など、さまざまな角度から受験勉強に取り組む生徒の支援を行っており、注目される。

 また早朝や放課後、さらには夏季、冬季の補習を継続して行っていることや、模試等の優秀者の発表など、生徒の学力向上、学習意欲向上に向けた手厚い指導体制が組まれている。

  こうしたさまざまな取組みを支える教職員の意識を高めるために職員研修会も数回開催されており、組織構成員としての自覚と使命感を高めることにつながっている。

Ⅲ 総合学科をもつ高校としてその教育成果が注目される中、平成281126日には「第18回兵庫県総合学科高等学校研究発表会」が淡路高校で開催され、他の主管校、協力校と共に総合学科の取組みと魅力を発信した。教科書で学ぶだけでなく、自主的な研究テーマの設定、仮説、検証などの段階を踏みながら、対象にアプローチする手法を学ぶなど、総合学科ならではの教育成果が見られた。

  学校としてこのような充実した取組みを継続していくことが期待される。

第3回 会議記録(平成29年2月27日 資料提供)
1.出席者
 
学校評議員(兼 学校関係者評価委員)
中山一郎  流通科学大学人間社会学部准教授 

吉川 義樹 NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事
信川 恒夫 社会福祉法人ぶどうの枝福祉会 特別養護老人ホーム愛の園 園長
上村 安代 本校育友会長
 学校側 

岸田 容司郎校長 岡本 真一教頭・キャリアセンター長 矢野 真也教頭 

2.資料 

・平成28年度生徒保護者意識調査アンケート集計結果 

・平成28年度翔風チャレンジ総括 ・平成28年度学校マネジメントプラン自己評価 他 

3.開会 15:30 於校長室 

 (1) 学校長挨拶及本年度の総括説明 

 新学習指導要領・入試改革等に敏速に対応しなければならない本校は4月で9年目を迎える。学力向上チャレンジ会議の協議を経て、7限授業・部活動の中でも家庭学習の確立を果たすべくインターネットを利用するラーニングシステム導入を決める。アンケート結果では、保護者の学校への理解・評価、生徒の学習や生活への意識の向上が認められる。 

 (2) 質疑応答  

【評議員】大学では単位不足による留年が問題になることがある。 

【学校側】高校卒業には74単位が必要であるが、総合学科・単位制・7限授業の特性を活かした「生徒の得意分野を伸ばす個性尊重や多様性を認める」ことで対応している。長欠しない出席する指導が重要である。 

【評議員】大学入試がゴールではなく、大学生になっても基礎学力が重要であり、就活のSPIで躓くことがある。 

【学校側】高校と大学との違いがあっても、基礎学力の重要性は同じである。キャリアプランニングで10年後の自分を設計し、アクティブラーニングを実践する。教員(人材)資源も重要であり、外部人材の活用を図り、有意義な授業を目指している。 

【評議員】モチベーションや問題意識の低い生徒の対応に苦労するのではないか。 

【学校側】生徒の意識やレベルに応じて目標を設定する。教員のキャパにもよるが、手を変え品を変えても教員のコーチングには悩みは尽きない。親切・きめ細やか指導と自主性・積極性を醸成には相反する関係にある。フューチャープランは完成よりも周囲と話し合うことで将来につなげる効果が期待できる。 

【評議員】卒業生の教育実習や部活動指導を含めフューチャープランの検証に期待される。