メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

特色授業事例
特色授業事例(平成25年度)
2014/01/24

「学内教育実習プログラム」模擬授業終了

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担

科目「学内教育実習プログラム」で、

生徒の模擬授業を終え、ふりかえりを行いました。

124日(金)、特色科目「学内教育実習プログラム」での、生徒による模擬授業が終了しました。

生徒にとっては今年度2度目の模擬授業。今回は「生徒の活動(話し合い)のある授業=下からの道の授業」づくりにチャレンジしました。

4週目のこの日、3時限目に全員の授業を終え、4時限目は2名の教科担当からの講評です。一人一人の授業の目標や方法について、丁寧な助言がありました。聞く生徒たちの目は真剣そのもの。それだけ時間と力を注いできた、ということです。

次回からはいよいよ1年間のしめくくり、指導案作りに取り組みます。(教科担当)

   
   


17:30 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2014/01/24

「教育問題の理解と発信」研究発表会

Tweet ThisSend to Facebook | by:主担

科目「教育問題の理解と発信」で、研究成果を発表しました。

124日(金)、特色科目「教育問題の理解と発信」で、研究発表会が開かれました。

本校では、教科「教育」を設定し、2・3年次で4つの科目を用意しています。

「教育問題の理解と発信」は3年次生が対象。2年次で「教育」の科目を学んだ生徒たちが、現在の教育にかかわる問題について理解を深め、解決方法を考えていく授業です。

この日は1年間の学びの集大成として、「生徒の心のケア」「教師のメンタルヘルス」「幼保一元化」など、各自が設定したテーマについて、研究した成果を発表しました。

将来、教職に就くことを希望している生徒たちの発表は、さすがに奥深いものがありました。(教科担当)

  

17:00 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/12/20

科目「学内教育実習プログラム」で、生徒の模擬授業開始

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭A

科目「学内教育実習プログラム」で、生徒の模擬授業がはじまりました。


12月20日(金)、特色科目「学内教育実習プログラム」で、生徒による模擬授業が始まりました。

本校では、教科「教育」を設定し、2・3年次で4つの科目を用意しています。

「学内教育実習プログラム」は2年次生が対象です。中学校・高等学校の教師を目指す生徒が、実際に授業を行うことで学ぶ側から教える側への視点の転換を図り、教職を目指す第一歩とすることを目的としています。

今年度の模擬授業は、前期末に続いて2度目。与えられた15分間、内容のある授業にするために自分で設定したテーマについて入念な準備をして臨んでいます。

   
   

10:57 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/11/28

「ハイスクールレスキュー」講習会

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭A

1年次で「ハイスクールレスキュー」講習会を実施しました。

1127日(水)、28日(木)の両日、民間救急講習団体(FASTからインストラクターを派遣して頂き、1年次生全員にレスキュー講習会を実施しました。身近に重篤な傷病者が発生した時、その方を救うためには速やかな応急処置が重要となります。胸骨圧迫や人工呼吸・AEDなどの基本的手法を修得しておくことは、私たち市民が日常生活を行う上でも大切なことであり、本校でもその知識普及を積極的に推進しています。

全体講習としてDVDによる事前学習を行い、その後、4クラスずつ、2日間に分け、小グループによる救急講習を実施しました。

この学びが、地域とのつながりを深め、市民としての資質を向上させる手助けとなることを期待したいと思います。



  
 周囲に適切な依頼・支援を求めます 心臓マッサージ法を実体験中
  
 インストラクターのアドバイスに感謝 AEDの操作もしっかりと学びました

11:03 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/11/22

授業「コミュニケーション技術」・手話講座

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭A
授業「コミュニケーション技術」で、手話講座が行われました。

 1114日(木)~22日(金)、「コミュニケーション技術」の授業で、手話講座が開かれました。

 市民専門講師の廣岡久美先生をお招きし、自己紹介やあいさつなどの基本的な手話や、手話歌「世界に一つだけの花」の練習、口形伝言ゲーム、指文字カルタなど、様々なメニューで、楽しく学びを深めることができました。

 他にも、聴覚障がい者の方と実際に接するときの留意点を聞いたり、補聴器をつける体験をしたりして、教科書や講義だけでは学べないことを多く感じとることができました。

  

11:14 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)
2013/11/21

授業「社会福祉基礎」・「こころの病」について学ぶワークショップ

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭A

授業「社会福祉基礎」で「『こころの病』について学ぶワークショップ」が開かれました


1111日(月)~21日(木)、2年次の科目「社会福祉基礎」3クラスで各2回、計6回にわたって、「『こころの病』について学ぶワークショップ」が行われました。

須磨区にある精神障がい者を支援するNPO法人「すまみらい」から精神障がい当事者とスタッフの方に来ていただき、ワークショップを実施しました。

授業では、利用者らが書いた絵本からうけた印象を色で表現したり、当事者の体験や心情を聞いたりすることで、精神障がいに対する理解を深めることができました。

  


11:09 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/07/02

「福祉住環境」の授業で、神戸学院大学の特別授業を受講

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭A

「福祉住環境」の授業で、神戸学院大学の特別授業を受講しました。


平成25年7月2日(火)に神戸学院大学総合リハビリテーション学部を訪問し、車椅子体験をしたり福祉機器・福祉設備の体験学習をしました。これまで、障がい者を含め、すべての人に優しい住環境について学んできましたが、実際の福祉用具や福祉住環境にふれることができる特別実習を生徒たちも非常に楽しみにしていました。
当日は、大学生のみなさんのきめ細やかな指導もあり、とても充実した学習ができました。

  この連携授業を通じて、生活環境の整備がいかに重要であるのか、福祉の目指す方向性をどう考えていくのか、さらに深く学ぶ心構えができました。
これからも誰もが安全で安心できる社会福祉のあり方をしっかりと考えていきたいと思います。

 

11:18 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/06/10

公民で「弁護士出前授業」開催

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭A

好評につき、昨年度にひきつづき、「弁護士出前授業」を実施しました。


平成25年6月10日(月)第2限、本校の公民講義室において、谷宮由和弁護士(アンサー法律事務所)が、3年次の「公民科目研究」の生徒22名に対して、特別授業を行って下さいました。
この出前授業は、兵庫県弁護士会の「授業へ弁護士講師を派遣」の事業により、実現したものです。
  谷宮弁護士には、事前にお渡ししていた生徒の質問に対して丁寧に答えていただきました。主に弁護士という仕事の意義、実際の活動、収入などについてです。法律を武器にして、弱い人々をサポートするということに意義を感じていらっしゃるとのことでした。熱心な質疑応答も行われ有意義な時間を過ごすことができました。


  


11:22 | 投票する | 投票数(0) | コメント(0)
2013/05/21

設定科目「福祉住環境」で車椅子乗車体験

Tweet ThisSend to Facebook | by:教頭A

初めての車椅子体験
 

平成25年5月21日(火)、科目「福祉住環境」の一単元として、校内で車椅子体験実習を実施しました。
本校は福祉・健康科目群のひとつに「福祉」関連科目が配置されており、誰もが安全で安心できる生活環境の整備について学んでいます。、
生徒は戸惑いながらも真剣に取り組んでいました。様々な障がいがあることを理解しながら、その障がいに応じた生活環境をどのように提案していくのか、これから学習の深みが増していきます。



15:47 | 投票する | 投票数(1) | コメント(0)

 「特色ある授業」のページに戻る

 トップページに戻る