メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色本校のキャリア教育卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校生活部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへアクセス・問い合わせ

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

生徒会役員選挙

生徒会役員選挙

 立候補者全員が信任され、新体制になりました。


10月30日(水)午後から、本校アリーナにて生徒会役員立候補者の立会演説会が行われ、その後の投票の結果、10人の新生徒会役員が誕生しました。

「生徒会を中心に在校生の意見をまとめ、学校に提案していきたい」「須磨翔風高校をよりよくしていきます」「挨拶運動を活発化していきます」「ゴミの落ちていない美しい学校にするために、皆さんの協力をお願いします」など、前向きな発言が数多く聞かれました。
今後の活動を支援していきたいものです。新メンバーによる生徒会運営は11月1日から行われます。

   
「学校をよくしたい」熱い思いの連続 現生徒会長から全校生と立候補者へのメッセージ  しっかりと自分の公約をアピールします


 
エコキャップ活動

生徒会、エコキャップ活動に貢献


10
30日、本校生徒会はこれまで校内で回収してきたペットボトルのキャップをリサイクルするために、きれいに洗浄して、NPO法人「エコキャップ推進協会」に発送しました。

集めたキャップはリサイクル業者が購入し再利用され、その売上代金が発展途上国の子どもたちのワクチン代に活用されます。本校は今年の6月までに27,500個のキャップを送り、約40人の子どもたちの命が助かっています。

 このリサイクル運動を通じて、環境問題や世界の貧困問題を考える貴重な機会を得ることができました。身近な部分での小さな取り組みであっても、積み重ねていくことで大きな力になります。これからも、エコキャップリサイクル運動は継続的に取り組んでいきます。

  
数多くのキャップが集まりました 袋詰めすると、なんと、これだけの分量 
 
生徒会役員「改選」せまる
新生徒会役員を決める選挙が10月30日(水)にせまっています。

 このたび、その公示を受け、選挙運動がはじまりました。

 候補者たちは朝も玄関前に立ち、自分の名前をアピールしています。

 
 
須磨パティオ スポーツGOMI拾い大会に生徒会が参加
10月19日(土) スポーツGOMI拾い大会 in 須磨パティオに本校から生徒会チームが参加しました。

心配された雨もやんでコンディションも上々。集まった19チームが、定められた競技エリア内を約90分かけて定められたルールの下でゴミを集めてまわる競技。
生徒会2年生が挑戦。傘やたばこの吸い殻、携帯電話など結構な量を集めてきました。結果は16位でしたが、順位より問題意識を地域の人と共有できたことに意義がありました。

  
 拾い集めたごみの計量 かなりのごみが集まりました

 
 環境局マスコット「ワケとん」と一緒に記念撮影

主催者広報はこちら

 

 
元気になって石巻2013」(被災地交流励ましボランティア)訪問3日目


8月23日(金) 石巻に滞在できる時間も残り僅かになってきました。いずれの訪問地でも、心優しい言葉を頂き、私たちの方が数多くの勇気とパワーをもらった気がします。石巻の方々に感謝の言葉を申し上げます。本当にありがとうございました。


        午前
10時 にっこりサンパーク団地

        午後2時  開成第12団地

        午後4時  渡波第一団地

  
にっこりサンパーク団地に到着 演奏を成功させるための準備熱心に耳を傾けて聞いて下さいました 
  
開成第12団地での演奏風景 心がひとつになっていく感じがしました  [渡波第一団地] 最後の会場準備です
  
 西日が照りつける中、大勢の方が来てくれました現地でお世話になった「こどもみらい2011」の
            遠藤司氏にご挨拶
 
宿舎での解散式の様子 
8月23日(金)は午後845分に神戸に到着し、本校前で解団式を行いました。

 この取り組みは神戸市広報課KOBEムービーチャンネル紹介されています。
  詳しくは
こちらをご覧ください。
   (参考)→報道提供資料 
須磨翔風高等学校 石巻市支援ボランティア.pdf
                  和太鼓部総括   石巻市訪問【和太鼓部】.pdf
         地元での関連報道⇒河北新報「ねこの目」  新聞⇒河北新報「石巻かほく


 
元気になって石巻2013」(被災地交流励ましボランティア)訪問2日目

8月22日(水)   活動2日目は、3か所を訪問し、精一杯の演奏をしてきました。
    少しでも心和やかになっていただければ嬉しい限りです。

       午前9時         大原中学校団地(仮設住宅)

       午前1130分 大原浜中団地

       午後430分   森林公園団地


 
 大原浜中団地での演奏風景です 炎天下の中、たくさんの人が
          一緒に踊って下さいました。
 
集会室の前で記念撮影をしました。        いっぱいの笑顔が暑さを吹き飛ばします 
  
森林公園団地を訪問  生徒会執行部も会場の運営を手伝います お茶会の準備をしています。 
  
楽しいお茶会になりました 温かい声援をたくさんいただきました  

 
元気になって石巻2013」(被災地交流励ましボランティア)訪問1日目

8月20日(火)~23日(金) 生徒会執行部と和太鼓部が現地を訪問しました

 2011年3月11日に、東日本大震災が発生した後、本校生は生徒会役員を中心に募金活動をしたり、救援物資を集めたりしました。
そしてその8月に和太鼓部が石巻を訪れて救援物資を渡し、演奏を聞いていただきました。
震災2年後の今回は、生徒会執行部役員も参加し、和太鼓の演奏だけでなく神戸スイーツを食べてもらいながら、笑顔とおしゃべりの花を咲かせ、交流を深めました。

◎8月20日(水)
  6:30にアリーナ前で出発式です。これから何と13時間のバスでの移動が始まります。


◎8月21日(木)

宿舎のすぐ下が海でした。港が見えます。 和太鼓部は早朝から近くの公園をランニング。  午前9時、大原中学校仮設住宅で演奏です。 
    
 山奥で見上げると、ごく普通に鹿がいます。 奥に見えるのが大原中学校です。 手作りの、のぼりです。
「元気になって石巻2013」 
  
 大きな手拍子と一緒に、励ましの言葉を数多くいただきました。和太鼓だけでなく、一緒にダンスをする「お楽しみコーナー」も好評でした。   生徒会役員でお茶会の準備をしました。
 
 演奏が終わればお話し会です。石巻の方から、色々な話をうかがいました。  最後はみんなで記念撮影です。 
 
 
 生徒会等のページに戻る

 部活動等のページに戻る

 トップページに戻る