メニュー

学校紹介須磨翔風高校(総合学科)の特色キャリア教育(CP・人間関係など)卒業生の進路・卒業生の声行事予定学校行事・授業の様子など部活動・生徒会 など中学生のみなさんへ卒業生のみなさんへ保護者のみなさんへ(奨学金含む)アクセス・問い合わせ最近の学校生活【~平成29年度まで】

気象警報発表時の対応

判断基準は以下の通り。 (「NHK」または「サンテレビ」(他局は不可)のテレビ放送のみ。)

<参考> NHK気象情報  気象庁発表神戸市区域気象警報
. 「神戸市」(「兵庫県南部」「阪神」と表現される場合も含む)に「暴風」「大雨」「洪水」「大雪」「暴風雪」の警報が発表された場合
(1) 6時30分現在、警報発表継続→自宅待機
(2) 8時30分現在、警報解除→10時30 分より3限目以後の授業を行う。
(3)10時30分現在、警報解除→13時より午後の授業を行う。
(4)10時30分現在、警報発表継続臨時休業

2. 定期考査期間中に上記の警報が発表された場合(改訂:平成24 年10 月)
(1) 6時30分現在、警報発表継続→終日休業
(2) 終日休業になった場合は、当該考査は考査最終日の翌授業日に実施する。

●神戸市以外から登校する生徒で、自分の居住する市町域に警報が発表されている場合は、上記の基準を準用する。
●始業後に上記の警報が発表された場合は、生徒の安全を考慮して対応する。

 

レインマップこうべ250

平成29年度学校評議員会・会議録

1回会議 平成29612日(月) 15:4517:00

平成29年度第1回学校評議員会記録
1.出席者
【出席】 学校評議員(兼 学校関係者評価委員)
野村和宏  神戸市外国語大学英米学科教授

中山一郎  流通科学大学人間社会学部准教授

吉川 義樹 NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事
(信川 恒夫 社会福祉法人ぶどうの枝福祉会 特別養護老人ホーム愛の園 園長)
下山 浩志 須磨北郵便局長
野口 裕美 本校育友会副会長
     学校側

岡本 真一校長

(矢野 真也教頭・キャリアセンター長)

渡邊 孝子教頭

2.資料

・平成28年度学校評価報告書                       ・平成29年度学校要覧(製作中)

・平成29年度学校マネジメントプラン         ・その他(補習・部活動戦績・年間行事予定表)

3.開会 16:00 於校長室

(1) 学校長挨拶及び学校評議員の委嘱

  学校マネジメント委員会設置要綱説明    関係者評価委員としてもよろしくお願いします。

(2) 学校評議員及び学校側参加者自己紹介

(3) 学校紹介
(4) 平成29年度学校マネジメントプランについて校長より説明

.質疑応答 

【学校側】今年度学校マネジメントプランは策定期間3年の最終年になる。大きく変えることなく、チャレンジする学校として目指す学校像の実現をより確かなものにしていきたい。

【評議員】卒業生の追跡調査を在校生への指導に生かすための方策については?

【学校側】どこの部署がやるのか、どのように調査をするのかの仕組み作りをしていく。

【評議員】家庭での学習習慣の定着や学力向上のための具体的な取組についてはどうか?

【学校側】学力向上チャレンジプランの導入により、家庭学習支援のためのラーニングシステム、部活動との両立を可能にする夏季進学補習、難関大学を目指す翔風チャレンジなど、3年間を見越した計画的な仕掛けを準備し、効果的な実施を試みている。

【評議員】翔風高校からの入学生は、学びへの姿勢がどこか違う。それが貴校のキャリア教育によるものであると感じ、大学でのキャリア教育を考え直す機会となった。

【評議員】開校から9年目を迎え、それぞれの先生方がむしゃらにやってきた時期、噛み合わない時期を経て、学校としていいところを伸ばし、いいバランスに落ち着いてきた。

2回 評議員会議録(平成291211日)

本校の第2回学校評議員会は、昨年と同様に日程調整がむつかしく、開催することができなかった。
そこで、今年度の本校の取り組み状況をまとめた資料を送付し、ご意見を伺うことで第2回の学校評議員会に代えた。

<第2回学校評議会資料>

 Ⅰ 修学旅行 (関東方面)

 Ⅱ 学力向上のための取り組み

    Ⅲ キャリアプランニングⅢ 「課題研究」まとめ

  Ⅳ 部活動の近畿・全国大会

<評議員からいただいたご意見>

(今回は、特に具体的なご意見をいただくことがなかったが、)学校全体で継続して取り組みを継続していくことが期待される。

3回会議 平成30226日(月) 15:0016:30

平成29年度第3回学校評議員会記録
1.出席者
 学校評議員(兼 学校関係者評価委員)
【出席者】(敬称略) 所属
中山一郎   流通科学大学人間社会学部准教授

吉川 義樹  NPO法人兵庫県レクリエーション協会常任理事
信川 恒夫  社会福祉法人ぶどうの枝福祉会 特別養護老人ホーム愛の園 園長
野口 裕美  本校育友会副会長

小松 みゆき 須磨北郵便局総務部長(下山 浩志 須磨北郵便局長の代理)

 学校側

岡本 真一 校長  矢野 真也 教頭・キャリアセンター長

2.資料

・平成29年度生徒保護者意識調査アンケート集計結果

・平成29年度翔風チャレンジ総括 ・平成29年度学校マネジメントプラン自己評価 他

3.開会 15:00 於校長室

 (1) 学校長挨拶及本年度の総括説明

 学校支援への謝辞。学校マネジメントプランの概略説明。入試の高倍率に伴い入学時の学力が高まる傾向と夏休み頃から学力が下がる傾向。新学習や入試制度の変更を視野に入れ、授業改善に向けた公開授業・研究協議会を核にして取り組んでいる。家庭学習時間確保の課題。

 (2) 協議内容 

【評議員】3年次男子の保護者として、親子のコミュニケーションの大切さを感じる。部活の三送会を通じて、「翔風に来てよかった」の声を多数聞くことができた。

【評議員】福祉科の授業を通じて、生徒の目標設定後、集中力や生徒同士の協力体制には驚くところがある。今年度の受講生は、今までベストだった。

【評議員】大学側としては、生徒の高いモチベーションを維持することが大変である。報告を聞くと、キャリア教育の方向性が正しかった証明になると思う。評価の中で定量化、数字も必要であるが、今日、説明いただいた質的なエピソードの分析も重要である。

【評議員】「考える習慣」「相手の気持ち」「文章が書ける」が保育現場で大切であり、短大・四大を問わず学び続けることが必要である。

【評議員】87名の生徒が各郵便局で年賀状のアルバイトに従事してくれた。特に問題もなく頑張ってくれた。

【学校側】生徒・保護者からの個別の希望・要求には可能な限り対応したいが、教員の負担増加や教員の長時間勤務が課題となっている。

【評議員】明確な価値基準と職員を大切にするべきである。ルーティンの仕事から高度なものへ昇格していくことが職員の満足度を上げることにもなる。