せいようひがし  ようごがっこう
青陽東養護学校
         
 

日誌

校長だより
123
2019/12/25

2学期終業式のあいさつ

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
令和元年も終わりを告げようとしています。
2学期の終業式に児童生徒に向けて話を内容を載せさせていただきます。
令和2年もどうかよろしくお願いいたします。

   2019年(令和元年)今年もあと少しになりました。

 みなさんは、今年はどんな年でしたか?

 今年も台風や大雨で、あちらこちらで大きな被害が出ました。いまでもボランティアの人たちが応援して、家や会社が被害を受けてこわれたところの片づけをされているそうです。

毎年、大きな災害が続いているのは、地球温暖化というのが原因になっていると言われています。

一言で説明するのは難しいですが、人が便利だと思って使っているものの中には、空気中の温度を上げてしまうよくない物質(二酸化炭素などの温室効果ガス)があります。たとえば、自動車の排気ガスや火力で電気を作ると、沢山のよくない物質が出てしまい、地球の空の中にたまって海を温めてしまうのです。

温められた海は、温度が上がって蒸発(目には見えない湯気ようになって)して雨を作ります。

その雨が、大量に降って大雨になってしまいます。

そのことを世界中の国の指導者(トランプ大統領や安倍首相など)に注意しているのがスウェーデンのグレタ・トゥーンベリさんという16歳の女子高校生です。

彼女は、ASD(自閉症スペクトラム症)という発達障害があり、人前で話をしたり空気を読んで話をしたりすることが苦手ですが、間違ったことは大きらいという性格で、世界中の人たちに地球温暖化の間違いを一人で訴え続けています。

あのトランプ大統領にも、間違ったことをしていますよと注意してくれています。

飛行機は地球温暖化にとって良くない乗り物なので、ヨットで海を渡るなど彼女の勇気ある行動に感心させられてばかりです。

最初はとっても小さな行動でしたが、今は世界中のニュースとなり、若者を中心とした沢山の人たちが応援しています。

みなさんも、ニュースで見かけたら応援してあげてください。


 

 


09:08 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/11/25

神戸市PTAフェスティバル

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
  11月23日(土)に神戸ハーバーランドスペースシアターにおいて、神戸市PTAフェスティバルが開催されました。加盟する5連合会(幼稚園・小学校・中学校・高等学校そして特別支援学校)が合同で、毎年開かれています。
  神戸市PTA協議会では、5校種の協力のもと様々な活動をしています。
神戸市特別支援学校PTA連合会では、特別支援学校に通う幼児児童生徒が地域校や社会の中で、健やかな成長をするために、特別支援学校の理解啓発に努めています。
  特別支援学校のブースでは特支校連合会の役員の皆さんはじめ、係のお母さんたちが準備運営され、ミニボーリングやモザイクアートを企画し大盛況でした。本当にありがとうございました。
23日当日は、umieの「ブラックフライデー」の催しと重なり、多くの親子づれの方々がハーバーランドを訪れ、玄関口であるスペースシアターにも来られました。
  本校はPTA活動は休止していますが、特別支援学校PTA連合会には所属し、要望活動や情報共有は引き続き行っています。

11:43 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/09/04

取組み2つ

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
  夏季休業日には、発達支援実践講座が今年も開催されました。神戸市の特別支援学校が地域支援として行っています。本校では、東部地域の小学校特別支援学級の1年生から3年生までの児童15名が本校の児童と共に参加しました。
  担任の先生と保護者の方と一緒に研修をしていただき、2学期以降の子供たちの生活に役立てるようにと指導が展開されました。
  主に体をコントロールするための運動遊びを中心に、友達とのかかわりやコミュニケーションに至るまで、様々な指導体験を集中的に行いました。
  初日は、表情の硬かった子供たちも直ぐに慣れて、笑顔いっぱいの取組になりました。
それに呼応するかのように、担任の先生方や保護者のみなさんも笑顔になり、子供たちへの関わり方に自信を深められていました。
  毎年、多数の応募があり、できる限り参加枠を広げて対応しています。残念ながら参加に至らなかった皆さんにはご容赦いただきますようお願いいたします。
  もう一つは、兵庫県技能検定への参加です。
  高等部の生徒8名が、喫茶部門への参加をしました。
  県内各特別支援学校を会場として毎年夏に開催されています。
  喫茶部門のほかにビルクリーニング(清掃部門)と物流品出し部門があります。
  生徒たちは、練習の成果もあってか緊張する中、検定に挑戦しました。
  この経験が社会に出た時に、自信につながればと思います。
  今日も、参加した生徒が美味しいコーヒーを届けてくれました。

14:10 | 投票する | 投票数(4) | コメント(0)
2019/06/08

運動会終わりのあいさつ

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
 お天気が回復し、令和最初の運動会が行えたことに感謝いたします。
本日の運動会の終わりのあいさつを添付しています。
 本当にありがとうございました。R10608運動会終わりのあいさつ.pdf
15:25 | 投票する | 投票数(8) | コメント(0)
2018/11/17

音楽会に思う

Tweet ThisSend to Facebook | by:校長
 11月3日に市立盲学校、11月17日は本校を含む支援学校4校が文化的発表会(音楽会・学校祭等)が行われました。
 地域の一般校でも、文化祭(中)や音楽会(小)が行われ、子どもたちが力いっぱい練習してきた成果を発表します。
 一方で、支援を必要な子どもたちにとっては楽しいことばかりではありません。練習による時間割の変更や慣れない音への適応や、集団演技ならではの反復練習など。
 保護者の方々も、担任から様子を聞かされるたびに不安になったり、本番の様子にドキドキされた方も少なくないかもしれません。
 支援学校では、子どもたち一人一人の特性を十分に把握し、個性が活かされるような演出や支援について工夫し議論します。
 今年も、直前まで議論を繰り返しながら支援の在り方を工夫している様子がありました。
 校内音楽会の様子と本番の音楽会の様子からは、ありのまま受け入れながら成長している子供たちの姿、演出に何度も工夫を加えたり、効果を変えたりした舞台裏の動きや、試行錯誤の支援から充実感に変わっていく教職員の姿も見られました。
 そんな舞台裏の様子も知っていただければと思い記事にさせていただきました。
 保護者の方のお声を是非聞かせていただければ幸いです。
 鑑賞いただいた皆様に心よりお礼申し上げます。
08:55 | 投票する | 投票数(6) | コメント(0)
123

学習リンク


スマイル NHK for school  
https://www.nhk.or.jp/tokushi/smile/

レッツスマイル 電子黒板NHK for school  
http://www.nhk.or.jp/school/dcontent/tokushi1


ストレッチマンV NHK for  school           
https://www.nhk.or.jp/tokushi/sman5

ストレッチマン・ゴールド  NHK for school
http://www.nhk.or.jp/tokushi/smangold/
 

お知らせ

本サイトに掲載された、文章、画像、情報はすべて神戸市立青陽東養護学校がその著作権を有しています。無断で複写、転載、リンクを張ることを禁止します。