感染症による出席停止について


学校保健安全法に定められている、学校において予防すべき感染症にかかった場合は、出席停止となります。
(欠席にはなりません。)

主な感染症の病名と出席停止期間は、右表の通りです。
 それぞれの疾病に感染した場合は医師の指示に従い、治療に専念してください。

登校の再開には、医師の診察を受けて、登校してもいいという証明書が必要です。

医師の証明は、神戸市医師会所属の病院に受診した際に、「 登校許可書  」を提出してください。
 文書料が原則無料で証明してもらえます。
 ただし、インフルエンザ、百日咳、麻しん、流行性耳下腺炎、風しん、水痘、咽頭結膜熱に限ります。
 (医療機関にご確認ください)。
 ※神戸市医師会所属の医療機関かどうかについて、 神戸市医師会医療機関検索システム

 ※その他の感染症については本校の 登校届.doc (保健室にございます。)保護者様がご記入の上ご提出ください。

インフルエンザにかかった場合に、よくある質問