神戸市教育委員会事務局総務部総務課の自然体験施設です。
        
 




 

お知らせ

【本園利用についてのお願い】
本園の利用には許可が必要です。必ず管理棟までお申し出ください。
※ 本園での動植物の採集はできません


*********************************************
【神出自然教育園 自然体験活動の予約について】
 本園の利用は、予約制となっています。
詳しくは利用のてびきをご覧ください。
活動日がご希望にそえない場合がございます。できるだけたくさんの希望日を決めて
まず本園に電話予約をお願い致します(受付時間
9:00~17:00)。
〔078-965-0044〕
令和5年度の利用予約を電話で受け付けています。
神戸市立小学校の令和6年度の利用予約の受付を1月23日より開始します。


申し込み手順については、
本園ホームページ「利用の手引き」より「P.8 申し込み手順」のページに、
「利用のてびき」をお持ちの方は、「P.8、令和6年度申し込み手順」に
記載していますので、ご覧ください。

利用のてびきはをクリック
(令和6年度の利用のてびきをアップしました。ご活用ください。)

使用許可申請書はをクリック

******************************************************************************************

令和5年度 市民向事業予定
令和5年度も家族で楽しんでいただけるイベントを開催します。
案内は広報紙KOBE、「すぐーる」等でお知らせします。
また、本園のホームページにも掲載いたします。


★ 開催予定内容 ★

5/27( 土)  自由散策①「世界のチョウの標本公開とモンシロチョウの観察」(終了しました)
園内自由散策とモンシロチョウの観察、本園所蔵の世界のチョウの標本(人見コレクション)の公開
6/24(土) 家族自然体験① 田植えとダイズの定植 (終了しました)
田植えとダイズの苗の定植
9/2(土)  自由散策② 世界のチョウの標本公開とザリガニつり(終了しました)
園内自由散策と本園所蔵の世界のチョウの標本(人見コレクション)の公開、ザリガニつり
10/14(土) 家族自然体験② 植物の観察 (終了しました)
園内の植物を中心とした観察会
10/28(土) 家族自然体験③ 「稲刈りとダイズの収穫」(終了しました。)
稲刈りとダイズの収穫
11/25(土) 親子体験教室①「秋の親子体験教室」(終了しました。)
予定プログラム(豆腐づくり、陶芸体験、紙すき体験)
1/20(土) 親子体験教室② 「冬の親子体験教室」(終了しました。)

予定プログラム(豆腐づくり、陶芸体験、紙すき体験)
2/3(土) 家族自然体験④「野鳥観察」(終了しました。)
身近な水辺で水鳥たちと友達になろう!
2/17(土)家族自然体験⑤「味噌作り①」(終了しました。)
神出自然教育園で収穫した大豆と米から作った麹を使った味噌の仕込み


3/2(土) 家族自然体験⑤「味噌作り②」(申込期間を終了しました。)
神出自然教育園で収穫した大豆と米から作った麹を使った味噌の仕込み
申し込み方法・募集期間
(申し込み期間を終了しました。)
たくさんのご応募ありがとうございました。
※申込内容に不備があったり、料金不足の場合は受付できませんのでご注意ください。
※味噌の仕込①の申込とは別になります。消印を見て①の申込か②の申込かを区別いたします。

詳しい内容はこちらをご覧ください。
↓ ↓ ↓
令5_チラシ 「味噌作り」②.pdf
味噌 QA
Q1 どれくらいの量を仕込むのか?作った味噌は持ち帰るのか?
A ひと家族につき約1.5kg仕込みますので、1.5kgの味噌が入る容量の容器を持ってきてください。分割していただいても結構です。また、自宅での発酵・熟成になりますので、味噌は持ち帰っていただくことになります。

Q2 仕込んだ味噌はいつ頃食べられるのか?
A 秋頃まで(約10か月)は冷暗所(常温)で発酵・熟成させる必要がありますので、召し上がることができるのはその後になります。

Q3 生き物の採取はできるのか?
A動植物の採取並びに網等の持ち込みはできません。

Q4 昼食場所はあるのか?
A食堂はございません(飲み物の自動販売機もございません)ので弁当のご持参になります。寒い時季ではございますが、屋外の東屋やベンチをご利用していただくことになります。室内での飲食はご遠慮ください。また、弁当がらなどのごみも持ち帰っていただきます。

※味噌の仕込みについては2月17日、3月2日の活動は同じ内容です。

冬のネイチャービンゴの資料はこちらをご活用ください。


◎「神出野鳥みつけ」「神出生き物みつけ」の学習資料を載せています。
     ◎小学校の理科や社会科の授業に活用できるビデオ教材を載せています。

 

そよかぜ園日誌

そよかぜ園日誌
12345
2024/03/01new

市民向け事業「味噌作り②」準備

| by:職員
明日は今年度最後の市民向け事業「味噌作り②」を開催します。今日はその準備をしています。
味噌作りで使用するダイズは本年度本園で収穫した「タマホマレ」という品種です。

このダイズを火曜日から水につけていました。

水につけたダイズを今日は朝から煮込んでいます。





アクをとったり、水をたしたりしながら煮込んでいきます。この煮込みを加えることで手で潰しやすくなるようにします。ダイズを煮込むとだんだんといい匂いがしてきます。食堂の中ではダイズのいいにおいが充満していました。

明日の朝、手で潰せるようになるまで加熱します。
本園で収穫した米から作った糀も準備できています。
明日の朝は冷え込みが予想されています。また、昨日までの雨で園内はぬかるんでいます。味噌作りは室内で行いますが、外は寒さが予想されます。服装等調節できるようお願いいたします。当選された皆様のおこしをお待ちしています。

15:00
2024/02/28new

2月28日の様子

| by:職員
今日は子供たちの来園がない日でした。このような時に園内では様々な野鳥が見られます。


カワウです。鯉池で何か獲物を狙っている様子です。
この近くではさらにこんな鳥もいました。

アオサギとカワセミです。こちらも何か獲物を狙っている様子です。
別の時間にはカワセミはこんなところにとまっていました。




東屋大の近くでは、いつもアヒルも見られます。

紹介した鳥は自然観察の中でも見つけることができます。是非、探してみてください。

サイネリアの前期の受け取りが始まっています。

今回は、本園の北駐車場に駐車してから、北の花ハウスで準備しています。

17:30
2024/02/26new

2月26日の様子

| by:職員
日中、雨が急に降ることがあり、北風が冷たく感じられた1日でした。
今日は小学校1校の来園があり、「豆腐づくり」と「自然観察」の活動を行いました。

「豆腐づくり」の様子です。
はじめの集いの時に代表の子供たちから「豆腐づくりを楽しみに来ました。みんなで協力しておいしい豆腐を作りたいです。」と話がありました。
エプロンや三角巾をつけ、身支度を整え、食堂へと移動します。

食堂では講師の方が器具を準備して待ってくれています。最初に講師の方と挨拶をし、豆腐づくりの手順や注意事項について話を聞きます。


各班に分かれて豆腐づくりが始まりました。





まずはじめに、水につけていたダイズをミキサーで粉砕します。ダイズは水につけておくと、約2・5倍まで膨らみます。ミキサーで粉砕し液体状になったものを生呉(なまご)と言います。「生呉(なまご)という言葉を初めて聞きました。」「生呉(なまご)は普段におったことがない、不思議なにおいがしました。」といった声が聞かれました。
この生呉(なまご)を加熱し、沸騰させます。



焦げ付かないよう、なべ底をこするように木べらを使って混ぜます。子供たちは講師の方から木べらの使い方を聞いた後に、順番で取り組んでいました。講師の方から「焦げが出てしまうと、豆腐の中におこげが入るよ。」と教えてもらった子供たちは丁寧にかき混ぜていました。「鍋いっぱいの泡が凄かったです。」や「生呉からだんだんといい匂いに変わってきました。」といった声が聞かれました。

沸騰した生呉をこし袋の中に入れて絞ります。





こし袋の中から出てきた液体が豆乳です。そして、袋の中に残ったものがおからです。「豆乳を絞るのはとても力がいたけど、最後は先生にも手伝ってもらってたくさん絞ることができました。」や「おからからは豆腐のにおいがしてきておいしいそうだと思いました。」といった声が聞かれました。
この豆乳を加熱し、にがりを加えます。



にがりを加えるとだんだんと豆乳が固まります。その後しばらく待つとおぼろ豆腐ができあがります。このおぼろ豆腐を木枠の中に入れて、形を整えます。「豆乳が固まっていく様子がよく分かりました。」や「おぼろ豆腐もプリンみたいでおいしそうでした。」といった声が聞かれました。
にがりを加え待っている間にきな粉づくりや洗い物を行います。



「いった豆からは香ばしいいい匂いがしました。きな粉もとても美味しそうでした。」や「洗い物は大変だったけど、講師の方も手伝ってくれて、鍋をピカピカにすることができました。」といった声が聞かれました。
木枠におぼろ豆腐を入れて重しをのせ、しばらく待つといよいよ豆腐の完成です。木枠を外し、布をとっていくと豆腐の姿が見えました。




豆腐が完成した時には拍手が起こっていました。「きれいな豆腐ができて嬉しかったです。」「講師の方には豆腐の作り方だけでなく、豆知識も教えてもらいました。」「これだけダイズが姿を変えて豆腐になることを初めて知りました。」「豆腐づくり楽しかったです。」といった感想が聞かれました。

「自然観察」の様子です。
果樹園からグループで散策をしていました。果樹園では今、キンカンの実がたくさんできている様子や、梅の花が咲き見ごろをむかえている様子が観察できます。



野菜のハウスでは、葉物野菜がまた、花ハウスではサイネリアがきれいに咲いている様子が観察できます。
室内ではチョウの標本室や農具の展示室での活動も行えます。



チョウの標本室では日本や世界のチョウを見ることができます。身近なチョウからとても珍しいチョウまで観察できます。「理科で勉強したチョウがいました。」「学校の近くで見たチョウをじっくり観察できました。」「とてもきれいなチョウでどうなっているのか、不思議に思いました。」といった声が聞かれました。また、農具の部屋では実際に使われていた道具や農具をすぐ近くで見ることができます。中には触っても大丈夫な道具もあります。「昔の道具を見て、昔の人はよく考えて道具を作っていたことが分かりました。」や「実際に道具に触ることができて、使い方がよく分かりました。」といった声が聞かれました。
今日は果樹園の近くでこんな生き物も見られました。

ヌートリアです。草を食べている様子が見られました。

16:30
2024/02/22

2月22日の様子

| by:職員
朝は少し雨が降っている時間もありましたが、途中からは雨も上がりました。しかし、北風が吹き、寒さが感じられた1日でした。
今日は小学校1校の来園があり、「豆腐づくり」と「自然観察」の活動を行いました。

「豆腐づくり」の様子です。
初めに身支度を整えます。

エプロンの紐を結んだり、三角巾をつけたりと、一人では難しいところは友達と協力しながら行っていました。
身支度を整えると食堂へ移動します。

講師の方から豆腐づくりの手順や注意事項について話があります。子供たちはどうやって豆腐ができるのか、興味津々に話を聞いていました。
この後、各班に分かれて豆腐づくりが始まります。
水につけていたダイズをミキサーで粉砕します。この液体状になったものを生呉(なまご)と言います。





「講師の方に教えてもらってミキサーを初めて使いました。」「ダイズが液体状になると、白くなるんだと分かりました。」「匂いは少し生っぽいダイズのにおいがしました。」といった声が聞かれました。
生呉(なまご)に変化すると、次はこれを加熱し、沸騰させます。



「講師の方に教えてもらいながら、焦がさないよう木べらでかき混ぜました。」「湯気が出てくると段々と生呉(なまご)がいい匂いに変化してきました。」「鍋いっぱいに泡が広がってそれでも、鍋からこぼれなかったのがすごいと思いました。」といった声が聞かれました。
この沸騰した生呉をこし袋の中に入れて絞ります。







絞って出てきた液体が豆乳、袋の中に残ったものがおからです。
「袋を絞ると、どんどんと、豆乳が出てきて驚きました。」「もうこれ以上出ないと思っていたけど、上から押すと、まだまだ出てきてびっくりしました。」「おからを初めて知りました。触ると柔らかかったです。」といった声が聞かれました。

この豆乳を加熱し、にがりを加えます。



にがりを加えると豆乳が固まります。固まったものがおぼろ豆腐です。
「豆乳が固まっていく様子がよく分かりました。」「おぼろ豆腐もおいしそうだと思いました。」と話していました。



にがりを入れて待っている間にきな粉づくりや洗い物を行います。
「石臼を回すのは重たかったけど、きな粉が石臼から出てきたのが嬉しかったです。」「きな粉のいい匂いがしました。」「洗い物も講師の方が手伝ってくれたおかげで鍋をきれいにすることができました。」といった声が聞かれました。
いよいよ豆腐が完成です。完成した豆腐を1人分ずつに分けます。





最初の一口目は、何もつけずに豆腐の味を確かめます。「みんなで作った豆腐は今までで一番おいしかったです。」「ダイズがたくさん姿を変える様子がよく分かりました。」「豆腐一つを作るのに、たくさんの人が関わって時間もかけて作られていると感じました。」「豆腐づくりとても楽しかったです。」といった感想が聞かれました。

「自然観察」の様子です。

「雨が上がって、長靴で移動するのが楽しかったです。」と子供たちは楽しみながら園内を散策していました。





管理棟の玄関で生き物を観察したり、チョウの標本室や農具の部屋の見学も行っていました。「チョウの標本室では見たこともないチョウがたくさんいて、驚きました。」「観察カードにチョウの様子を詳しく書くことができました。じっくりと書いていると、チョウの羽の色がたくさんの種類があってとても驚きました。」といった声が聞かれました。

17:30
2024/02/19

2月19日の様子

| by:職員
朝から雨が降り続いた1日でした。
今日は小学校1校の来園があり、「豆腐づくり」と「自然観察」の活動を行いました。

「豆腐づくり」の様子です。
豆腐づくりで大切なポイントの1つは協力です。はじめにエプロンを着たり三角巾をつけたりしますが、ひもが結びにくかったり、三角巾がつけにくかったりした時は友達に手伝ってもらっていました。

身支度を整えると、食堂へ移動し豆腐づくりが始まります。

講師の方から豆腐づくりの手順や注意事項について話があります。その後、各グループに分かれて豆腐を作ります。





まず初めに、水につけていたダイズをミキサーで粉砕します。ダイズは水につけておくと、約2.5倍にも膨れます。ミキサーで粉砕する際も子供たちは順番にダイズとつけ水を入れたり、スイッチを入れたりします。ミキサーで粉砕し液体状になったものを「生呉(なまご)」と言います。「ミキサーを初めて使いました。液体になるのがとても不思議でした。」や「最初はダイズの生っぽいにおいがします。」と話していました。

生呉を加熱し、沸騰させます。



生呉を加熱する時に焦がさないよう、なべ底をかき混ぜます。この時も、友達の協力が必要です。一人が鍋の持ち手を持ち安定させ、もう一人が木べらでかき混ぜます。生呉が沸騰すると、鍋に泡が一杯になります。「友達が持ち手をもってくれたので、かき混ぜやすかったです。」や「だんだんと匂いがいい匂いに変わってきました。」「鍋一杯の泡がすごかったです。」といった感想が聞かれました。

沸騰した生呉をこし袋の中に入れて豆乳を絞ります。





講師の方と一緒に棒をねじったり、交代で上から板を押したりして豆乳を絞ります。この豆乳の量で出来上がりの豆腐の厚さが決まります。豆乳を絞った後、袋の中に残ったものがおからです。「協力してたくさん豆乳を絞ることができました。」や「おからを触ると柔らかかったです。食べてみたいと思いました。」「だんだんと豆腐のにおいがしてきました。」といった声が聞かれました。

豆乳を加熱し、にがりを加えます。


豆乳を加熱する時も焦げ付かないよう、木べらで混ぜます。また、にがりを入れる適温になるまで子供たちはじっと温度計を見て、温度を測っていました。にがりを入れるとだんだんと豆乳が固まります。そして、すこし待つと豆乳が固まっておぼろ豆腐ができます。このおぼろ豆腐を木枠に入れて固めます。「にがりを入れると豆乳が固まってプリンみたいになっていました。」や「このおぼろ豆腐も食べられそうと思いました。」といった声が聞かれました。

にがりを入れて待っている間にきな粉づくりや洗い物を行います。



きな粉づくりでは、自分が石臼を回している時はきな粉ができるのが見えません。友達が回している時に、出てくるきな粉を観察します。また、洗い物も順番にどの子も行っていました。

いよいよ豆腐の完成です。





木枠を外し、布を一枚ずつ丁寧にとります。布が全部外れると、完成した豆腐が出てきました。「とても大きな豆腐ができた。」や「豆腐づくりとても楽しかったです。」といった声が聞かれました。出来上がった豆腐は1人分ずつ切り分けて試食をします。はじめは豆腐だけの味を確かめます。「みんなで作った豆腐はとてもおいしかったです。」や「豆腐だけの味は少し甘く感じました。」「完成した豆腐を1丁全部食べられそうな位おいしかったです。」といった感想が聞かれました。

「自然観察」の様子です。
今日は雨の中でしたが、合羽などの雨具をもって園内の散策を行っていました。









「雨で道は濡れていたけど、合羽を着て歩くのは楽しかったです。」や「水族館で大きなコイやフナを見つけました。」「花ハウスのサイネリアがとてもきれいでした。」「きれいなチョウや見たことのないチョウがたくさんいて、驚きました。」「アヒルがとても可愛かったです。」など、たくさんの感想が聞かれました。

16:00
12345