神戸市教育委員会学校教育課の自然体験施設です。
        
 


 

チョウの観察学習


☆時期★
 「5月1日~6月29日」

☆活動内容★
 3年生理科「チョウをそだてよう」の単元につながる活動です。
 モンシロチョウの一生についてのお話を少しした後に活動に入りますので、
モンシロチョウについての知識がなくてもしっかりと学習をすることができます。
 大きく2つの活動があり、「顕微鏡を使って成長過程の観察」と「キャベツ畑で卵や幼虫などを探しながら観察」です。
顕微鏡を使った活動では、主に2種類の卵・幼虫を観察し、比較や特徴を捉えます。
畑には約600株ほどのキャベツが植えられており、それぞれの成長の様子などを観察します。




また、チョウの観察学習をおこなわれた団体には、キャベツポットを持ち帰りが可能で、本園での事後学習にも役立てることができます。