神戸市教育委員会学校教育課の自然体験施設です。
        
 


 

日誌

イチゴだより
1234
2018/07/12

いちごの子株が大きくなってきました!

| by:職員
暑い季節がやってきました。


いちごの苗も元気よく成長してくれています。

子株も順調に成長して、たくさん子株をとることができそうです。


15:05
2018/06/18

いちごの子株が大きくなってきました

| by:職員

来年のいちごを作るにあたって着々と準備が進んでいます。
ランナーがたくさんのびてきました。



そして、ランナーが大きくなりつつあります。
いちごのランナーは、孫からとるといわれていますが、
教育園では子供からとります。



以前は、3000株とるとお伝えしましたが、かれてしまうことも考えて
5000株とる予定です。
15:54
2018/05/29

いちごのランナーをとる準備

| by:職員

いちごの学習が終了して、来年の学習にむけてランナーをのばしています。
ランナーが伸びて、いちごの子株ができます。
これから忙しい時期となります。

いちごハウスの株は、ランナーを伸ばす株は残して、いらないものはすべて
撤去します。

来年に向けて、約3000株ものいちごを本園で栽培します。
13:02
2018/05/07

いちごの学習がはじまりました

| by:職員

4月29日からいちごの学習がはじまりました。


今年は、いちごの実がたくさんなっていて、ハウスの中はいちごのいいかおりがしています。
明日以降たくさんの学校園が学習で来ます。
しっかり、いちごの学習をした上で、いちごの味を楽しんでください。
なお、本日雨がたくさん降りましたので、明日明後日の来園校は長靴が必須です。
12:01
2018/04/23

おいしそうないちごになってきました

| by:職員

本園で栽培している、イチゴがおいしそうな真っ赤な色に変わってきました。


苗も元気に育っているので、無事学習のときには、おいしいイチゴを食べることができそうです。
ただ、最近気温も高く育ちが良すぎるので、成長が早いです。5月中旬の来園校までイチゴがもつか心配です。


15:00
2018/03/30

イチゴのようす

| by:職員

暖かい日が続き、イチゴにかなり変化がでてきました。
白い花がたくさん咲いたり、小さな実ができはじめています。
右側の写真からはランナーが出てきています。
ランナーは次年度のイチゴの株を作るのに欠かせないものですが、今はまだ収穫に備えて成長させないといけないので、
どんどん摘んでいきましょう。放っておくと、10本くらいたくさん出てきてしまい、栄養がとられてしまいます。

暖かくなってくると虫が湧いてくることがあるので、葉の裏や株元をしっかりと確認をしましょう。
本園では、ダニがたくさん発生したので、退治しました。


12:55
2018/03/16

葉の様子の違いが分かりますか?

| by:職員
暖かい日が増えてきました。ハウスの横を閉めて温度を上げて、イチゴを育ててきました。
すると、前回のイチゴの様子とだいぶ変わってきました。

前回までは葉が寝そべっているような状態でしたが、今回の写真は葉が空に向かって伸びています。
休眠から覚め、これから実をつけるために頑張っていく姿です。
これからさらに新しい葉が増えてきます。古い葉や株元の小さい葉はどんどん摘葉していき、花や蕾は残しておきましょう。
暖かくなると虫が湧いてきやすくなります。
古い葉に虫がつきやすいのと、葉が多すぎると風通しが悪くなり、これも虫が湧く原因となるので、頑張っていきましょう。
予定では、4月20日頃から赤い実ができはじめるのではないかと思います。
14:27
2018/02/27

イチゴにマルチをはりました

| by:職員
長い時間寒さにあて、休眠時間を与えました。
みなさんのイチゴも少し縮こまり、葉も地面に寝そべるようになっているかと思います。
これからどんどん温度を上げていくために、イチゴにマルチをしました。
風でマルチが上にあがると、株がマルチで隠れてしまうことがあります。
そのままにしておくと、風通しも悪く、イチゴが枯れてしまうので、畝の上にもところどころピンをとめておきましょう。
マルチがない方は、わらを敷いても構いません。



マルチをかぶせると、くきが少し傷む場所も出てくるので、マルチはりが終わったら、摘葉と摘花を必ずしましょう。
摘葉のコツは、力を入れて引っ張るのではなく、左右どちらかに動かすと、3枚目の写真のように根元からきれいにめくることができます。
力を入れて引っ張ってしまうと、株が傷んでしまうので注意が必要です。
1つの株にはおおよそ5枚ほどの葉を残しておけば充分です。
本園では5月の連休明けから本格的にイチゴの観察学習がはじまりますので、3月中旬頃まで、花も摘み続けます。
摘花を充分に行わないと株が大きくなりませんので、頑張ってやっていきましょう。


11:25
2017/11/22

この時期にイチゴのランナーから、、、

| by:職員
ボランティアの方々に協力をしていただき、古い葉や花を摘み、きれいに整理をしました。
するとランナーが少し残っていたのでしょうか?
いつもないはずの場所に株がありました。



写真の真ん中あたりにランナーが繋がっているのが分かると思います。
立派に大きくなっています。
うまくいくかわかりませんが、プランターに植え替えをして育ててみようかと思います。
10:21
2017/11/09

花が咲きました

| by:職員
しっかりと根がついて元気に育っている株から花が咲いてきました。
白い花が咲きます。
春の授業に備えるために3月の中旬くらいまでは花を摘んでいきます。
水遣りや古い葉の整理や花摘みの作業がこれから毎日のように続いていきます。

11:00
1234