神戸市教育委員会学校教育課の自然体験施設です。
        
 

お知らせ




 

サツマイモ畑

サツマイモ畑 >> 記事詳細

2019/01/07

堆肥を搬入しました

| by:職員

 サツマイモの種芋を植えるハウスに堆肥を入れました。
次年度へ向けて、他の畑もこの時期は堆肥を入れる作業が多いです。
 堆肥とは、有機物を微生物の力でつくる土壌改良のための資材です。土中へ混ぜることで土をフカフカにする役割があります。
土が柔らかくなると、根がしっかりと張り、水や肥料の吸収がよくなります。
本園の畑は土が硬い箇所が多いので、この堆肥を入れる作業がとても大切です。
 あとは土中の温度を上げていくために、ハウスのビニールを張りなおす作業を次から進めていきます。
ハウスがない場合は、地面にビニールをベタ掛けをするのも効果があります。


11:22