神戸市教育委員会学校教育課の自然体験施設です。
        
 




 
 

ジャガイモ畑

ジャガイモ畑 >> 記事詳細

2019/01/31

馬鈴薯の準備がはじまりました

| by:職員

これは「馬鈴薯(ばれいしょ)」と呼びます。ジャガイモのことを指しています。
中国からきた呼び方です。しかし日本では「じゃがいも」の呼び方が多いですね。
じゃがいもはオランダ人によってジャワ島のジャガタラを経由して日本へ渡ってきた植物です。
そのため、当初は「ジャガタライモ」と呼ばれ、そこから「じゃがいも」と変わっていきました。
「馬鈴薯」はアンデイゲナという植物のイモが馬の首につける鈴に似ていることから、名付けられたと言われています。

昨日から、種イモを日に当て、芽だしをはじめました。植え付け時期に合わせて、およそ2~3週間ほどおこないます。
暗いところへ保管していると、もやしのような弱い芽が出てくるので気をつけましょう。
窓際へ置き、日が少し当たれば十分です。
左から、「男爵(だんしゃく)イモ」「キタアカリ」「とうや」「メークイン」の4種類を次年度も収穫学習に利用する予定です。


09:25