QRコード

QRコードを使って携帯サイトに
アクセスできます
 
COUNTER221450

著作権について

本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータはすべて神戸市立玉津第二幼稚園の保有する著作物となっております。
・ 無断に転載されるなどの行為はご遠慮下さい。

 

新しいお知らせ(過去の記事は下のコーナー)

<みんなの幼稚園について>
兵庫県における緊急事態宣言の発令に伴い、
当面の間、実施を見合わせます。

<お知らせとお願い>

お子様や同居の家族の方々において発熱の症状や、
保健所に「濃厚接触者」と言われた場合は、
必ず幼稚園へお申し出ください。


<令和3年度 新入園児募集について>

<対象年齢>
 3歳児 平成29年4月2日~平成30年4月1日生まれ
 4歳児 平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれ
 5歳児 平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ
 
※園区:高津橋小学校、玉津第一小学校、枝吉小学校、出合小学校
     伊川谷小学校、有瀬小学校の校区
☆受付中です。いつでもご連絡ください。
 
新型コロナウイルス感染症について~お知らせとお願い~
「子育ての支援に関わる教材開発」国公立幼稚園・こども園長会のホームページ)
 

情報提供

☆「子供学び応援サイト~マスクの作り方~」(文部科学省)より
https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext 

☆「感染症下における子どもの安全・安心を高めるために」
(公益社団法人日本教育会)

コロナウイルスについて子どもに話す(保護者向け:短縮版).pdf
コロナウイルスについて子どもに話す(保護者向資料).pdf

☆「子供学び応援サイト」(文部科学省開設)

https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm

☆「子供の読書キャンペーン~きみの一冊をさがそう」
(「子供学び応援サイト」内特設ページ)

https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext_00480.html
 

幼稚園のお知らせ

<今年度の取組み>
「わくわく☆どきどき
やってみよう!遊ぼう!考えよう!

<令和2年度 園児募集について>
3歳児:平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれ
4歳児:平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ
5歳児:平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ
 ☆途中入園児も随時募集しております☆
・質問がありましたらいつでもご連絡ください。
・見学はいつでも可能です。
(日程をお知らせしますので、来園前にご連絡ください)

★連絡先  神戸市立玉津第二幼稚園
Tel & Fax (078)912-5771
 

日誌

玉津第二幼稚園だより
12345
2021/03/03new

ひなまつりパーティーをしたよ!

| by:担任
今日のたまにっこたちは、朝からソワソワ☆
なぜなら今日は、待ちに待った「ひなまつり」の日だからです!

今日の”ひなまつりパーティー”を楽しみに、
髪型や手作りのイヤリングを付けてオシャレをしてきている子供もおり、
気合十分で、ひな祭りパーティーに参加しました。

クラスごとに、お雛様に会いに行きました。

「あれ?おひなさま、わらっているよ」
お雛様もパーティーを楽しんでいますね。

さぁ、たまにっこたちのパーティーも始まりました!
ひなまつりの歌をうたって、ひなあられを食べてジュースを飲みました。
マスクを外した時にはなるべく話をしない、ということも分かっていて、
十分に友達としゃべってから「いただきます」をしました。
 
「おいしかった♪」と満足気に、にっこり!

もう少しお雛様を楽しんでから片付けたいと思います。
つぎにひなまつりパーティーをするのは来年ですね。
それまでみんな元気に過ごしましょうね!

たまにっこのみなさんへ
きょうの ひなまつりは たのしかったですね
おうちのひとにも ひなまつりのはなしを してくださいね
さて みなさんにひとつ おしらせがありますよ
うさぎのくろちゃんが ひろいおうちに ひっこしをしました
あしたもげんきに ようちえんにきて 
くろちゃんのおうちを みてくださいね
なんと、このおうちは、
みんなのおうちのかたぜんいんからのプレゼントですよ☆

くろちゃんより
「みんな、明日僕のお家を見てね~☆
 お家の皆様、修了と終業記念品をくださってありがとピョン☆」
15:17
2021/02/28new

あおぞら組だより ~お雛様、素敵だね~

| by:担任
早いものでもう3月。
発表会が終わり、隣の保育室にお雛様を出してからというもの、
コマ回しや製作、絵を描く時にもお雛様に見守られながら
隣の保育室で過ごす時間が多くなりました。

女の子の健やかな成長と幸せを願うひなまつり。
日本の伝統や風習、風情が詰まったひな人形。
ひとつひとつの飾りの意味を知れば知るほど、大好きになっています。
♪明かりをつけましょぼんぼりに~♪歌いながら見ていくと。

「あ!ぼんぼりってあのやつ?」「電気かな?」
「お花の絵が描いてる」「飾ってるのが桃の花?」
「手になんか持ってる。なんやろ?」「帽子、長いな」
見れば見るほど、知りたくなります。

右大臣と左大臣の人形の意味は、
「女王バチを守ってる門番とかと一緒やな☆」とすぐに理解しました。
特に、一番関心を示したのが、掃除道具を持つ、
表情豊かな仕丁3人の中の怒りの表情の人形でした。
「なんか怒ってる人いる!」「掃除はしたくないよーって怒ってるんちゃう?」
「オオスズメバチの門番が女王様に怒ってるのと一緒や」と、
自分たちの知り得る知識や経験してきたことから推測しています。
(特に今は、友達と共有しているマーヤの世界観の中で置き換えて
 考え合おう、分かり合おう、とすることが多くなっています。)

『”笑い・怒り・泣き”などの気持ちが
 いつも素直に出せるように。感情豊かに育ってほしい』
という願いが込められていると知り、「そういうことか~」と納得。

そして、食いしん坊のあおぞら組は、下二段の道具類全てが
どうしても食べ物関連に見えてしまうのですが、
本当の意味を伝えていくと「なるほど~!」
「やっぱりそう思っとった!」と、ちょっと知ったかぶりをしながら、
知らないことを知る楽しさを感じていました。
小学校でもこんな風に、自ら関心を持ち、
興味を深めていける学習が経験できるといいですね。

毎日お雛様を見ながら、3月3日を楽しみにお雛様飾りを作っています。
みんなであられを食べて、お祝いしたいと思います。

早いもので、修了に向けて準備を始める時期となりました。
お別れの日までに、年長組として継承してきた太鼓を
うさぎ組に引き継げるよう、張り切って音を合わせています。
一年を通して楽しんできましたが、今の時期の音や姿勢から、
遊びを通して随分と体幹が鍛えられてきたことが分かります。

「ヤ!」手を上と前に、直角に。

「腕を耳の横で。しっかり伸ばして、いい音が出るように」と
それぞれが意識して取り組んでいます。
うさぎ組を招待して聞いてもらいましたよ☆

みんな張り切っていて、真剣です。
「あおぞら組さん、すごかった!」「すごい音だった」と、
自分の言葉で感動を伝えてくれるうさぎ組の言葉を嬉しそうに聞いていました。
その後、うさぎ組の鳴子の踊りも見せてもらい、途中からセッションもして、
最後は「踊るの上手だったよ」と、ペアの友達とホメホメ大会。
「次はお家の方にも見せたい!」と
張り切っているので、実現させたいと思います。

なお、緊急事態宣言は解除となりましたが、
当面はこれまでの感染拡大防止の取組が継続されることとなりました。
今後の見通しについては、詳しいことが決まり次第、お伝えさせていただきますので
引き続き、ご協力をお願いいたします。
13:49
2021/02/26

いちご組だより イチゴのお花が咲いてるよ!

| by:担任
毎日ポカポカ陽気の週でした。
好きな遊びの後、マラソンをすると、
「今日はあったかいね!」「おひさまがキラキラしてる」と
子供たちなりに気温の変化を感じています。
自分たちの育てているイチゴの植木鉢をのぞき込み、
「あっ、イチゴのお花が咲いてる」「ぼくのも咲いてる」と大喜び。

さっそくジョウロを取りに行き、「イチゴさんにお水あげよう」と
水やりを始めます。

「イチゴさん、今日はあったかいし、のど乾いてるよね」と声を掛けると、
「ほんとや。お水いっぱいあげないと」と自分のイチゴに丁寧に水やりをします。
そのうち、「今日お休みしてる〇〇ちゃんの分もあげよう」と、
お休みしている友達の植木鉢のマークを確かめて水やりをします。
「△△ちゃんの分もあげよ」と他のお休みしている友達のことも思い出し、
「〇〇ちゃんのもあげたし、△△ちゃんのもあげたし」と一つ一つ確かめながら
お休みしている友達全員の植木鉢に水やりをする姿を見て、
そのやさしい気持ちに心がとても温かくなりました。
自分のことだけでなく、友達のことも思えるようになってきたことを
嬉しく思います。

「ダイコンさんにもお水あげよう」とイチゴの後には畑にも水を汲み、
一生懸命水やりをしていました。
「先生、見て!ここからダイコンさんが見えてる!」
「もうちょっとしたらダイコンさん獲れるかな?」と
ダイコン抜きを心待ちにしていることが分かります。
来週は天気も大丈夫のようなので、ダイコン抜きができそうです。
小さな種から大きく生長したことを感じながら、
みんなでダイコンを獲りたいと思います。
どんなダイコンが出てくるか楽しみですね!
19:38
2021/02/25

うさぎ組だより~おひなさまたんけんをしたよ☆~

| by:担任
生活発表会のごほうびにお雛様のひなあられをいただいてから、
子供たちはすっかりお雛様がお気に入りになりました。
「どこに飾ろうかな」「お部屋のあのたなの上にしよかな」
「玄関にかざろっと」「私はおひなさまの方を向けるわ」と考えを巡らせながら
持ち帰りました。
お家で相談してとっておきの場所に飾ってくださっているのではないでしょうか。

幼稚園でもおひなさまを飾りました。
子供たちに伝えると、
「どこに飾ってるん?」と不思議そう。確かにいつも自分たちが生活している所には
見当たりません。
「園長先生のお部屋?」「保健室?」「〇〇さんの部屋(管理員室)?」
「わくわくルーム?」「あおぞら組の部屋は違うよな・・・」と必死で考えています。
「おひなさまたんけんに行こうか」と提案すると大喜び☆
おひなさま探しに出発です。

さっそく保健の先生に会った子供たち。
「保健室におひなさまありますか?」と聞いてみました。

「保健室にはないなあ・・・」
「じゃあ、○○さんの部屋かな?」
行ってみましたが管理員室にもありません。
「2階に行ってみよう!」
急いで階段を上がっていきます。

そして・・・「あった!!」
「うわ~すごい」「きれいやな~」
やっとおひなさまを見つけて大喜びです。

「あの3人の女の人(三人官女です)かわいい~☆」
「男の人(五人囃子です)”よ~、ぽん!”の太鼓持ってるやん」
「なんで、3人のおじいちゃん、笑っている人と泣いてる人と怒っている人がおるん?」
「このタンス、何が入っているん?」
と子供たちはひな飾りに興味津々で、かわいい疑問がいっぱいでてきました。
ひな飾りが気に入り、自然と♪あかりをつけましょ ぼんぼりに~♪と
歌い始めた子供たちでした。
ひなまつりの日まで、歌を歌ったりおひなさまの製作をしたりして
おひなさまの遊びを楽しみたいと思います。

2月も終わりに近づき、園内のにも春の兆しがちらほら。
プールのところに桜みたいな花が咲いてるというお知らせをしてくれた子供がいたので
中庭に「うめ(の花)たんけん」にも行きました。
「このお花、かわいいね」と子供たちがスイセンを見付けたので
「どんな匂い?」と尋ねると
「いいにおい~☆」「アイスクリームのにおいがするよ、ほら☆」
と何度も友達とスイセンの花の匂いを嗅いでいました。


そして、お目当ての「梅の花」
「赤かと思ったら白や~」「梅干しの花?」
「花が咲いたら梅がなるの?」
花を見ながらいろいろな思いが湧き出てきます。

新しく決めたグループの中には「うめチーム」という名前も登場していますよ。
これから、園内でどんな”春”を見付けて遊べるか楽しみです。

そして、お待ちかねの”あまうまダイコン”の収穫☆
特別大サービスで2本のダイコンを抜きました。
「やったー!ぬけたよ」

「こっちがおとなのダイコンで、こっちはこどもダイコンや」
自分で抜いたダイコンを大切そうに見つめています。
「ダイコンの匂いするね」
「赤ちゃんみたいにかわいいね☆」

秋からずっとお世話をしてきたので、大事さも格別です。
お家でどんなお料理に変身したでしょうか。
また、子供たちから話を聞くのを楽しみにしています。

来週も元気に遊びましょうね。待っています☆
17:33
2021/02/19

生活発表会を行いました

| by:担任
今日生活発表会を行いました。
今年は、緊急事態宣言が出ているため、
残念ながら保護者の皆様、お客様には見ていただけませんでした。

その代わりといってはなんですが、
な・な・なんと!ビデオ撮影のお兄さんが3台も大きなビデオカメラと
マイクを持って、たまにっこ達の頑張りを撮影してくださいました。

たまにっこたちも大張り切りで、存分に自分たちの力を発揮して頑張りました。
保護者の皆様、DVDができ次第、お渡ししますので、
楽しみにお待ちくださいね。


<お知らせ>
現在販売している写真は、
普段は、L版120円、2L版220円ですが
今回は園内スナップの販売となり、値段が異なります。
L版80円、2L版180円です。
お間違えのないようによろしくお願いします。

なお、提出締め切りは、2月22日(月)です。
18:11
2021/02/19

あおぞら組だより ~みんなでできて楽しかった!~

| by:担任
全員参加で生活発表会を経験することができました。
友達と楽しんできた場面がつながっていく度に
「みんなでやろう!」という気持ちが日に日に高まり、
今日の日を迎えることができました。
例年とは大きく異なる形での発表会となりましたが、
ご理解のうえ、温かく見守ってくださり、本当にありがとうございました。

子供たちは劇遊びも大好きなのですが、道具を運ぶことも大好きで、
”どうしたら一度にたくさん、優しく運べるか”を
友達と教え合い、新たな技を生み出してきました。

「湖の服だよ」「僕はお花畑の服だよ」
「この指のところにもまだ持てるよ」

誰かが忘れていった荷物や、カゴから落ちた小道具も
後ろの友達が上手に回収しながら遊戯室と保育室を行き来しています。
「これ、階段のところにあったよ?」
「あ~、落としとったんや!ありがとう!」と、
道具を運ぶ中でも友達のことを思い、
楽しみながら自分にできることを見付け、
自主的に取り組もうとしていることが分かります。
”自分たちで・みんなで☆”という気持ちが大きくなっています。
持って行った道具は自分たちで出しやすいように並び替え、
ちゃんと揃っているかチェックしています。

劇が始まる前に「どんな気持ち?」と尋ねると、
「なんかワクワクドキドキや」「早くやりたいっていう気持ち」と、
気持ちの高まりが伝わってきます。
「それって、冒険の時のマーヤと一緒だね」と話すと、
「ほんまやー!」と、一気に緊張がほぐれました。

いよいよ劇が始まると、すっぽりとお話の世界の中に入り、
横で座っている友達も、演じている友達を夢中で見ています。

色々な役になって、変わり合ってお話の世界を進めながら
最後の歌にたどり着きました。
子供たちの歌声から、満足感と達成感でいっぱいの気持ちが伝わってきました。

劇が終わった後、自然と丸くなって座り、
大好きな”ほめほめ大会”を楽しみに待っています。
今日は”自分のいいところ☆”

「面白かったところも言っていい?」
「好きなところも言っていい?」
順番に話していく度に「そう思う!」と拍手が起こります。

「すっごいすっごい、全部楽しかったよ!」
「頑張ってないのに、楽しくやったらできたよ」
「ダンゴムシと仲良くなるところが好きだよ」
「最後に、おかえり!って帰ってくるところがなんか好き」
「トンボのバランス、全然動かないでできるよ」
みんな、嬉しそうに友達に伝えています。
そして、毎回のことですが「先生も言うねんで!」と促され、
今回は、初めて「先生も頑張ったな!」と認めていただきました。

ご家庭でもお子様の話を上手に聞き出していただき、
力を出したことが自信につながるように、
お子様との対話を楽しんでいただければ嬉しいです。
18:06
2021/02/18

うさぎ組だより~この続きはまた明日☆~

| by:担任
楽しんでいる「11ぴきのねこ」のお話。
前回、大きな魚を捕まえる場面をご紹介しましたが、
今日は前半の場面の紹介をします。

公園に住む11匹ののらねこはとってもなかよし。
いつも楽しく遊んでいます。

でも、いつもおなかはぺっこぺこ。
必死に食べるものを探しています。

町では、おいしそうな食べ物のお店がいっぱい。
魚屋の店番がいなくなった隙に、こっそり魚を取ってきました。
このお店屋さんでの買い物の場面が子供たちは大好きです。

それでもおなかがすいているねこたちは、じいさんねこから聞いた
遠い遠い湖にいる大きな魚を探しに行きます。
湖でいかだに乗り、島に上陸です。
「ここで大きな魚を見つけるぞ」

そして、大きな魚を見つけるのです。

11匹で力を合わせて捕まえた大きな魚・・・。
最後はどうなるのでしょう。
子供たちがお気に入りの秘密の場面です。
最後の場面は、次回の記事でのお楽しみにしておきますね☆

劇遊びの時に壁に貼っているのは、子供たちと作った大きな地図です。
この地図に自分たちが乗ったり、作ったねこたちで遊ぶのも大好きです。
「大きな湖に着いたよ~」「でも泳げないよ・・・」

「魚屋さんへ行こう☆」「にゃごにゃご・・・」

自分たちの遊びが画面で再現できるのが楽しく、
何度も描き足しながら遊びました。
自分の作ったねこはお気に入りの場所に貼っています。
 
そんな大きな地図をバックに11ぴきのねこの遊びを進めていくのが嬉しく、
「地図、できたなあ」「ぼくのねこ、ここにおるで」と何度も眺めています。

もうひとつ、うさぎ組の遊びをにこにこ見てくれている物がここにも・・・

うさぎ組お気に入りの「とらねこたいしょう」です。
「とらねこたいしょう、おはようございます」
「また、あしたね」と毎日挨拶を忘れないうさぎ組です。

今のうさぎ組で流行っている合言葉
「この続きは、また明日~♪」
重ねてきた遊びを大切に、明日も「11ぴきのねこ」の劇遊びを
楽しみたいと思います。
元気に来てくださいね。待っています☆
17:20
2021/02/17

いちご組だより~わんぱく忍者~

| by:担任
子供たちが、毎日少しずつ遊んできた
「わんぱく忍者」の遊びができあがり、
今日は写真撮影を行いました。

忍者学校にいる忍者たちになって
友達といろいろな術の修行をします。
中でも手裏剣の術では、投げる技もかっこよく、
手裏剣から逃れる動きもバッチリ!
本物の忍者のようです。
合言葉の「ニン!」の声も日に日に大きく
そろってきました。



キノコ山に行くと、カラス忍者がやってきます。
見付からないように、草や石、葉っぱになって隠れます。
でも、何度もカラス忍者はやってくるので、
みんなである作戦を考えました。
その作戦をすると、
カラス忍者は、もう2度と現れることはありません。
「〇〇作戦、大成功!」


どんな作戦かは、お楽しみです!

明日のDVD撮影でも忍者の遊びを思う存分楽しみたいと思います。
みんな元気に来てくださいね。


19:30
2021/02/17

あおぞら組だより ~お話のご紹介~

| by:担任
マーヤのお話ができてきました。
ご家庭でもお子様から話が出ているでしょうか?
今日は遊んできた場面を振り返りながら、
お話のあらすじをお伝えいたします。

初めて外に出る日、
”勝手に遠くに行かない”という約束をしたマーヤたち。

「遊ばないでちゃんと蜜を集めるんだよ」
「虫に合ったら挨拶をするんだよ」「うん!分かった!」
お城に入るための合言葉も覚えて出発です!
本当に覚えられたかな?

「合言葉を忘れると入れないぞ!」
外の世界に出ると、楽しいことがいっぱいでした。
♪広い世界へ さぁ飛び立とう 
  この目で見てみたい 冒険の始まりだ~♪
「こんにちわ!初めまして☆」
 
沢山の虫と友達になりながら成長していくマーヤ。
見たこともないカッコいい虫にも出会い、心が弾みます。

「すごい!宙返りが上手だね!一緒に飛んでいい?」
(マーヤとトンボの出会いです)
可愛い虫たちにも出会い、心がウキウキ☆

「君だぁれ?」「びっくりするから触らないでね」
(ダンゴムシとの出会いです)
雨が降る日もありますが、それも楽しい経験です。

「あまつぶダンスだよ~♪」(おしゃれさを追求しています)
強いカブトムシとも仲良しになり、森の奥に進むマーヤ。
でも、楽しいことばかりではありませんでした。

「たすけてーーー!!!羽が動かない!」
「動くんじゃないよ~。俺たちは友達だよ~」
悪者のキャラクターに合わせて声色も変えています。
どこで覚えたのか「ヒヒヒ~」と怪しい笑い声も上手です。

長い冒険の間に、心も体も大きくなっていくマーヤ。
一人になり、ふとお城の仲間のことを思い出していると、
みんなの声が聞こえるような気がします。

この場面で、マーヤになっている友達が一人寂しく眠りにつくときには、
横から見ているあおぞら組全員が兄姉バチの気持ちになって、
いなくなったマーヤを心配して見守っています。
”マーヤどうしているの?”という気持ちが溢れ、自然に言葉が発せられます。

そんな優しい兄弟バチに育てられたマーヤ。
冒険中も、決して仲間のことを忘れていませんでした。
仲間のことを思うと力が湧いてきて、
オオスズメバチに捕まっても、決して諦めませんでした。

「明日の朝、ミツバチの城を襲うぞ!」
「大変!みんなが食べられちゃう!何とかしないと・・・」
勇気を出して、牢屋を抜け出し、
生まれ育った菩提樹の木を目指して必死に飛び続けます。
「マーヤからよく見えるように!目印になるように!」
   
大きな紙にみんなで木を描きました。
「枝がいっぱいだよね」「菩提樹ってハートの形の葉っぱだよ」
マーヤとミツバチに対して思いが深くなっているので、
イメージを膨らませながら丁寧に、大切に描いています。

「葉っぱが大きく育つように」と、葉脈も描いています。

「ここでかくれんぼうもできるね」
この木の絵の上でミツバチになって遊んだり、
ご満悦で遠くから眺めたりと、子供たちの生活環境の一部になりました。
「(チョウチョの)ひらりちゃんも遊んでるよ」
「マーヤがお城に帰った後、クルト様も遊びに来るよ」

枝にカブトムシも描かれていました。
マーヤが出会った仲間たちがいっぱいです。
「マーヤも飛んでいるよ」「これは〇〇ちゃんのマーヤ?」  

「ここで蜜飲んでるよ」「あ、私が描いた花だよ」
「この蜜おいしいねん」「じゃあ、また飲みに行くね」
イメージを共有しながら話しています。

遊びの中で子供たちがつぶやいていた言葉や
表現したしぐさ、動きをつなぎ合わせて、
あおぞら組だけのみつばちマーヤができてきました。
遊んでいたことが素敵なお話になってきたことが楽しくて、
うれしくて仕方ない子供たちです。
テレビカメラ(ビデオ屋さん)が来てくれることを楽しみに
当日を迎えられるように、よろしくお願いします☆
13:12
2021/02/13

いちご組だより わんぱく忍者 大好き!

| by:担任

遊びのイメージが少しずつ広がり、忍者ごっこを楽しんでいる子供たち。
DVDの撮影まで、あと一週間。お話の筋が分かってきて、「おにぎり食べよう」
「みんな、隠れろ!」と自然に子供たちから言葉が出てくることが多くなりました。
壁面の山や道具も忍者の住んでいるところをイメージして、みんなで作ります。

木や草のいっぱいある山を筆を使い、絵の具で描いていきます。
「ここが忍者の通る道だよ」「葉っぱもいっぱいあるよ」と
山の中の様子を自分なりに考えて、自由に描いていきます。

「今度はあっちの山に行こう!」と次々に場所を移動して
描いていきます。「先生、オレンジ色がほしい」と
まだ使われていない色を自分で考えて描こうとする子供もいます。
いちご組らしい忍者村の山が出来上がりました。
どんな山になっているかはDVDをお楽しみに!

道具も自分たちで作っていきます。
草隠れの術に使う自分専用の草に紙を貼ったり絵を描いたりしています。
「お花もあるよ」「ここに草がいっぱいあるんだよ」と

思いを込めて作る姿を見ていると、”大きくなったなあ”と改めて成長を感じます。

いちご組の今の子供たちの姿が詰まった元気いっぱい
楽しさいっぱいのお話遊びになるように、みんなで頑張りたいと思います。
暖かい日や寒い日と体調を崩しやすい時期ですが、
みんなで撮影ができるようにご家庭でも健康管理をよろしくお願いします。
10:43
12345