QRコード

QRコードを使って携帯サイトに
アクセスできます
 
COUNTER204848

著作権について

本サイトに掲載された文章、画像、ならびにその他のデータはすべて神戸市立玉津第二幼稚園の保有する著作物となっております。
・ 無断に転載されるなどの行為はご遠慮下さい。

 

新しいお知らせ(過去の記事は下のコーナー)

<令和3年度 新入園児募集について>
 令和3年度の園児募集が始まります。
申込書配布>

 10月6日(火)~10月14日(水)14:00~16:00
 ※ただし、土・日は除きます
<申込書受付>

 
10月15日(木)~10月23日(金)14:00~16:00
 ※ただし、土・日は除きます
<対象年齢>
 3歳児 平成29年4月2日~平成30年4月1日生まれ
 4歳児 平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれ
 5歳児 平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ
 
※園区:高津橋小学校、玉津第一小学校、枝吉小学校、出合小学校
     伊川谷小学校、有瀬小学校の校区
☆質問がありましたら、いつでもご連絡ください。
 
新型コロナウイルス感染症について~お知らせとお願い~
<お知らせとお願い>
お子様や同居の家族の方々において発熱の症状や、
保健所に「濃厚接触者」と言われた場合は、幼稚園へお申し出ください。

①神戸市教育委員会のホームページ

神戸市教育委員会
臨時休業期間における学習支援コンテンツポータルサイト(こどもの学び応援サイト)
②神戸市のホームページ
https://www.city.kobe.lg.jp/a57337/kenko/health/coronavirus_gakkoenkyugyo.html 
「子育ての支援に関わる教材開発」国公立幼稚園・こども園長会のホームページ)
 

情報提供

☆「子供学び応援サイト~マスクの作り方~」(文部科学省)より
https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext 

☆「感染症下における子どもの安全・安心を高めるために」
(公益社団法人日本教育会)

コロナウイルスについて子どもに話す(保護者向け:短縮版).pdf
コロナウイルスについて子どもに話す(保護者向資料).pdf

☆「子供学び応援サイト」(文部科学省開設)

https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/index_00001.htm

☆「子供の読書キャンペーン~きみの一冊をさがそう」
(「子供学び応援サイト」内特設ページ)

https://www.mext.go.jp/a_menu/ikusei/gakusyushien/mext_00480.html
 

幼稚園のお知らせ

<今年度の取組み>
「わくわく☆どきどき
やってみよう!遊ぼう!考えよう!

<令和2年度 園児募集について>
3歳児:平成28年4月2日~平成29年4月1日生まれ
4歳児:平成27年4月2日~平成28年4月1日生まれ
5歳児:平成26年4月2日~平成27年4月1日生まれ
 ☆途中入園児も随時募集しております☆
・質問がありましたらいつでもご連絡ください。
・見学はいつでも可能です。
(日程をお知らせしますので、来園前にご連絡ください)

<みんなの幼稚園(未就園児)の開催について>

今年度はしばらくの間、みんなの幼稚園の開催を見合わせます。
再開の折には、ホームページでお知らせいたします。

★連絡先  神戸市立玉津第二幼稚園
Tel & Fax (078)912-5771
 

日誌

玉津第二幼稚園だより
12345
2020/09/18new

あおぞら組だより ~ハガキが届いたよ!~

| by:主担

「どの切手にしようかな」「切手、ここに貼るんだよね」と
時間を掛けて切手を選んで貼った敬老の日のハガキ。
みんなで揃って投函することを楽しみにしていました。

いざ!うさぎ組を迎えに行き、一緒に出発~!
これまでの関わりの土台があることで自然とペアが成立して
嬉しそうにハガキを見せ合っています。

「これ、僕のおばあちゃんだよ」「ぼくのはこれだよ」
小さな友達を連れて園外に出るのは初めてなので、ウキウキ☆
「危なくないように守ってあげてね」と言うと
「うんうん!」と頷き、歩くスピードも合わせてくれます。

車道に出るまでは溝側を歩き、「車の道に出るよ」と話すと、
サッと車道側に変わってくれます。さすがあおぞら組!

ポストに到着すると、二つの投函口が。
その意味を伝えると「入れるのはこっちだよ」と、
うさぎ組が間違えないように優しく見守ってくれています。

「ちゃんと届きますように」とお願いしている子供もいましたよ。

あおぞら組は帰りに内緒の予定があるため、途中でお別れです。
うさぎ組に「どこに行くの?」と尋ねられて「お仕事だよ」と答えていました。
”公園で遊んで帰る”という仕事をこなして帰園後、
他の先生に「どこに行ってたの?」と尋ねられ、
「内緒だよ。公園行っててん♪」と小さな声で嬉しそうに教えていたそうです。
  
後日、いちご組の手紙も預かり、改めてポストに投函に行きました。

「あおぞら組に任せてね!」

「ちゃんとお留守番していてね」

「行ってくるからね」「先にご飯食べててね」

「行ってくるよ~!」

預かった大切な手紙を「届きますように」の願いを込めて
そっと投函しました。
そして、この後はまた”公園で遊ぶ”という大切な任務を遂行して帰園。

「どこ行ってたの?」「お仕事だよ☆」お決まりのやり取りです。
園に戻り、可愛いいちご組に「ありがとう~」と言われて
笑顔いっぱいのあおぞら組でした。
いつも3、4歳児と関わると一挙一動が優しく、成長を感じます。

そして、投函の翌日から、
「届いたって電話があったよ!」「ほんまにめっちゃ喜んでたよ☆」
「一緒にポスト開けたら入っててん!」
「おばあちゃんの家に見に行ってきたよ!」と嬉しい報告が続々と届きました。
思いを伝えるうれしさや気持ちが伝わる喜びを
改めて感じたことと思います。

子供たちが気持ちを込めて描いた絵と、じっくり考えたメッセージが
大好きな方の元気の素になりますように☆
19:10
2020/09/16new

だいすき!おひさまタイム!

| by:主担
気候も涼しくなり、過ごしやすくなってきました。
園庭にはたくさんのトンボが飛び交い、秋の訪れを感じます。
子供たちは、かけっこや虫取りをなどをして
元気いっぱいのたまにっこです☆

さて、たまにっこのみんなが大好きな
降園後の園庭開放の「おひさまタイム」が再会しました!
子供たちも待っていたようで、おひさまタイムが始まることを伝えると
「やったー!」と、とても喜んでいました♪
大好きなお家の方に見守られながら友達と滑り台を滑ったり
鉄棒をしたりおひさま畑でバッタを見つけたりして思いきり遊んでいました。

おひさまタイムに参加する際は、感染症拡大防止対策のため、
降園前には子供たちの検温も行い、
保護者の皆様にも検温のご協力をいただいています。

帰宅後は必ず手洗いをして、ご飯をしっかり食べて、
クジラ列車(9時までに寝る約束)に乗って、十分に体を休めてくださいね。
明日も元気もりもりでたくさん遊びましょうね☆
16:33
2020/09/12

いちご組だより 2学期最初の誕生会をしたよ!

| by:主担

残暑も少しずつおさまり、朝晩は秋の気配が感じられるようになりました。
今週は9月生まれの誕生会をしました。

まずはクラスみんなで作った冠のプレゼントです!
キラキラの冠を被せると、どの子も笑顔いっぱい!
とても嬉しそうでした。

園長先生からプレゼントをいただく時も顔をしっかり見て
「ありがとう」と言って受け取ることができるようになり
ました。

今回のお楽しみは「おおきなかぶ」のエプロンシアターです。
「うんとこしょ、どっこいしょ」みんなで一緒に頑張って
引っ張りましたが、なかなか抜けません。
でてきたのはびっくり!ほんとに大きなかぶでした。
 いちご組の子供たちも、みんなで誕生会をする楽しさが
少しずつ分かってきたように思います。それと同時に、
「ぼくのお誕生会はいつ?」と自分の誕生会がいつなのかを
気にする姿も見られるようになりました。
友達の嬉しそうな姿を見ることで
自分の誕生日が楽しみになってきたようです。

いちご組では、畑でバッタ捕りをする子供たちが増えてきました。

あおぞら組やうさぎ組が飼育ケースを使ってバッタ捕りを
しているのを見て、同じようにしています。
最初はなかなかうまくいきませんでしたが、少しずつ捕まえる
コツが分かってきたようです。

友達と一緒に頭を寄せ合いながら必死でバッタ捕りを
している子供たち!バッタがぴょんと跳ぶと「わあ、跳んだ!」と
一斉に追いかけていく姿がとてもかわいいです。

「みんなでバッタを探しにいくぞ!」とこんな細いところ
にも入っていきます。バッタ捕りを楽しみながら、
保育室ではバッタになって遊ぶことも楽しんでいます。

いちご組の子供たちも2学期に入り、遊びのいろいろな場で
友達との関わりが見られるようになってきました。遊びの中で
自然に友達に話しかけたり、顔を見合わせて笑ったりする姿を
大切に捉え、関わりを広げていきたいと思います。
来週もいっぱい遊ぼうね!


23:23
2020/09/11

あおぞら組だより ~走るのが速くなってきたよ!~

| by:主担
日中の暑さにも負けず、あおぞら組は元気いっぱい☆
様々な運動遊びに取り組んでいます。

一学期から保育室に戻るときに”〇〇までよーいドン!”を楽しんでいたので
走るフォームもきれいになり、スピードがぐんぐん上がっています。
全速力でトラック一周を走れるようになってきました。
「〇〇ちゃん、一緒に走ろう!」「次に一緒に走ろうね☆」
毎回違う友達を誘って走ります。

友達からの「〇〇ちゃん、頑張れ―!」という応援の声は、
走るパワーにもつながりますね
勝ったり負けたりする中でたとえ友達から少し遅れても、
途中で諦めずに最後まで力いっぱい走るようにもなりました。
「今の私、速くなってたでしょ☆」と、自分自身の精一杯を楽しんだり
「もう少しで追いつけそうだった!もう一回!」と、
悔しい気持ちを次につなげたりと色々な気持ちが育ってきています。

「引っぱり競争しよう!」
チーム対抗のタイヤ引き遊びでは、ルールがどんどん変わり、
途中から友達を乗せて運ぶ競争になりました。
乗る子供も、手足が危なくないようにバランスを上手に保っています。

アンカーになり、先のチームがゴールした後のことです。
まだ引いているタイヤに両チームが自然に駆け寄ってきて、
力を合わせて引っ張り始めました。
自分だけの競争心が、チーム意識につながっていくように遊んでいきます。

体を動かして遊べば遊ぶほど体の使い方が上手になり、
忍者ごっこでの忍法も上達してきました。
「忍法、速走り!森の中を見付からないように走る術!」

”こんな時には、どんな忍法で?”と、考えて試すことが楽しく、
風のように森の中を駆け抜けていきます。

園庭でも、いつでもどこでもカラスの姿が見えると、
「カラス忍者が来たぞ!」と仲間を呼び集めています。
その声に「どうしたの?」とやってくるいちご組。

「ほら、あそこ、柿ねらってるねんで」と、教えています。
畑の野菜が採られていないか見回りながら虫探しをするのも日課です。
あおぞら組が「見付けた!」「こっち!」と友達と知らせ合う声を聞いて、
3,4歳児が「どうしたの?」と集まってきます。

「これはバッタやで」「その虫かごにいれてあげようか?」
遊びの中で自然な関わりが広がってきています。

そして、大好きなおじいちゃん、おばあちゃんのことを
思って描く絵葉書が出来上がってきましたよ。

伝えたいありがとうを考えたり、
こんなところが大好きだよ♪と思いを込めたりして
時間を掛けて丁寧に描いています。


描いた絵を見ながら、子供たちが伝えたいメッセージを
聞き取っていきます。
「おばあちゃん、めっちゃ優しいよ」
 
「可愛い顔が大好きだよ」「いつも電話してくれるよ」
どの子供も時間を掛けて幸せそうに話を聞かせてくれました。
来週、自分たちで切手を貼ってポストに投函に行きますね。
子供たちの想いが届きますように☆
16:53
2020/09/11

うさぎ組だより~うさぎ忍者参上☆~

| by:主担
涼しい風が吹き始め、日中もずいぶん過ごしやすくなってきました。
うさぎ組の子供たちは、幼稚園での生活のリズムを取り戻し
毎日元気に遊んでいます。
中でも忍者ごっこはクラスみんなで楽しんでいる遊びです。
うさぎ組忍者 参上!!

自分で考えたとびきりの決めポーズ、かっこいいですね。
「忍者は走るの速いんだよ」「高いところからもジャンプできるよ」
「隠れるのも上手!」
と、自分のイメージする忍者になって友達と遊んだり、忍者の絵本を
見たりして、少しずつ遊びが広がっています。
大事な手裏剣をいつも持ち歩けるように、ポケットのある服を選んだり
家から手裏剣を入れるぴったりな袋を探してきた子供もいます。

友達と考えながら作った巧技台の忍者修行の道では、修行の仕方も
忍者によって違います。
「はしごを落ちないように渡るよ」「めっちゃ高いところからジャンプするねん」
「頭のしゅりけんを落とさないように行くよ」

自分なりの目標をもって”修行”しているうさぎ忍者です。

忍者になりお城を目指して山の中を走っていたときのことです。
「狭いところはこうやって進まなあかん」と
一人の子供が腹ばいで進み始めると、さっそくみんなでやってみます。
「こんなんできるで」
仰向けになったり腹ばいになったり、いろいろな進み方を試しています。

忍者になって、体のいろいろな動きが経験できるように
遊んでいきたいと思います。

遊んでいるうちに、だんだんと忍者のお話のイメージも膨らんできます。
弁当後、部屋で忍者の家を作って遊んでいると、丸まった手紙が届きました。
(一人の子供が手紙を書いて届けています)
「なんて書いてある?」「なんか、お城の絵が描いてるよ」
「このお城に行きなさいってこと??」
「そうだ!お城に行ってってことだ!」

その後、この忍者たちは大急ぎで手裏剣を持ち、
お城を目指して園庭に飛び出しました。

友達と”忍者”という共通のイメージで遊びながら生活することが
楽しくなってきています。
忍者になって友達と遊ぶ楽しさを感じながら、体を存分に使って遊べるように
していきます。
お家でも子供たちから忍者の話題が度々出てくるかもしれません。
お家の方もうさぎ忍者を温かく見守っていてくださいね。
04:35
2020/09/04

あおぞら組だより ~強くなるために修行をしているよ~

| by:主担
暑い日が続きますが、元気いっぱいのあおぞら組。
夏休み中に土山の土を増量したので、新たなコースを作り中。

砂場でのトンネル作りでは、水を使って砂山を固めるのが上手になり、
掘り進めたトンネルが友達のトンネルと繋がるようになってきました。

「トンネルが繋がったよ!」「友達と手が届いたよ」

汗をかいてたくさん遊んだ後は、お茶をゴクゴク☆
熱中症対策はもちろん、
お茶を飲むと喉に付いたバイキンを胃に流せることも理解してきたので、
お茶タイムが意味あるものになっています。
最近は自分たちで「お茶休憩の時間だよ~!」と知らせ合い、
お茶を飲んではホースやミストでのシャワータイムを楽しんでいます。

そして、新しく取り付けたミストシャワーを見て、大喜び!
「管理員さんが付けてくれたんや!」
「ありがとうって言いに行かないと!」

「トントントン、〇〇さーん。いつもありがとう☆」

「なんでもしてくれるって、すごいなぁ~!」
「先生も、自分でできることは○○さんにお願いしないで自分でするんだよ」
「・・・はい」と、なぜか先生には謎のお小言がとんできましたが、
自分たちのことを思って動いてくださることに気付き、
嬉しさを感じて、素直に気持ちを伝えようとする姿に成長を感じます。

また、2学期からは密を避けるため、個人の机で弁当を食べています。

少し重たい机ですが「〇〇ちゃん、大丈夫?手伝おうか?」と
自然に声を掛け合っています。
いつも、お茶や弁当、着替えの準備など、ご協力ありがとうございます☆

さて今、あおぞら組では忍者ごっこが流行っています。
積み木で遊んでいる時に「ここグラグラや」「修行みたい」
というところから始まった忍者ごっこ。
あおぞら忍者になって「忍者の修業だよ」と、体を鍛えています。

「今日はどんな修行にする?」「でこぼこ道にする?」と、
修行コースの組み方を友達と考えています。
ちょっとドキドキする危険のない修行場を作ることが上手になってきました。

「バランスが大事」「グラグラ道の上でも手裏剣がよけられるよ」

園庭でも「修行しよう!」と、忍者ごっこが始まりました。
他の遊びをしていた友達も、
「入れて!」「こうしたら面白いん違うん」「もっと難しくしよう」と、
力を合わせて広い修行場が出来上がりました。

「忍法、一本橋歩きの術!」
「忍法、高跳びの術!」

この修行の途中、カラスが「カァ~~~!」と飛んできました。
子供たちも「こらー!カラス――!!」と怒り、
「タカの鳴き声、どんなんだったっけ?」と、思い出そうと必死です。
その間に、畑のトマトを口にくわえて飛びあがり、
幼稚園のフェンスにとまって、じっとこちらを見ています。

「こらー、カラス――!!」と全員で走って必死に追い払い、
「あれは悪いカラスや!」とプンプンに怒っています。

この後、保育室でのやりとりです。(以下、先生:『 』)
「あおぞら忍者強くなってきたね。忍者はどうして修行が大事なの?」
「強くなるため!」『どうして強くなりたいの?』
「それは、困ってる人を助けるためだよ」
「宝物も守らないとあかんし」
『なるほど。忍者の宝物って何?』「野菜!」『え?』
「だって、今日もトマト盗まれたやん!」
『ほんとだ。カラス忍者が来てびっくりしたね。
 でもあおぞら忍者が追い払ってくれたね』
「ツバメも宝物やってんで。ツバメも守ったし!」
『ほんとだ。あの時もありがとう』
「それに、姫も守らないとあかんねん」
『そっか。姫もいるんだね。〇〇姫』と、
子供の名前に”姫”を付けて呼んでいくと、
微笑みながら姫っぽいしぐさになる友達を見て、何かを察した男の子が
「僕たちは呼ばなくていいで」『え?いいの?』「いいし~」と大笑い。
『守る物がいっぱいあるんだね』
「そうやで。みんなのために強くなるねんで」と、
あおぞら組なりの忍者像がどんどん膨らんでいきます。

この忍者のイメージの中に、あおぞら組で友達と共有した経験や、
友達と感動した共通の体験が沢山含まれていることが分かり、
クラスの繋がりが強くなってきたことを感じて嬉しくなりました。

是非、ご家庭でも「あたま手裏剣!あし手裏剣!」と、
お子様に手裏剣を投げて(投げる真似)をしてみてください。
機敏なあおぞら忍者の動きが見られることと思います。

幼稚園で楽しんでいる遊びにお家の方が寄り添ってくださることは、
子供たちにとって大きな喜びになり、
「大好きなお家の方も、自分の好きなことを分かってくれている」という
自信や安定感につながっていきます。

来週も元気一杯いろいろな遊びを楽しみたいと思います。
週末の台風情報にも気を付けて、良い週末をお過ごしください。
17:31
2020/09/03

いちご組だより 好きなことができるって楽しい! 

| by:主担
2学期になり、いちご組の子供たちも自分の好きな遊びを
どんどん見付けられるようになってきました。土山の工事ごっこや
おうちごっこはもちろんですが、あおぞら組やうさぎ組の子供たちが
遊んでいるのを見て、スクーターやポックリに挑戦する子供も増えています。

「ほら、見て―!」とスクーターもずいぶん上手に
乗れるようになっています。
暑い中でも何度もあきらめずに練習しています。

また、好きな遊びの様子を見ていると、少しずつですが友達との関わりが
増えてきたことを感じます。1人でアイス屋さんをしている友達が忙しそうに
していると、「私もアイス屋さんになってあげるわ」と自分から言い、
一緒にアイスを作ります。お客さんとのやりとりも楽しんでいます。

「はい、どうぞ!イチゴアイスです」
「ジュースもありますよ!」
暑い中で遊んでいると、自然と冷たいものが食べたくなりますね!
 
降園前に「おにぎりにんじゃ」の絵本を読むと、「先生、忍者知ってるよ!」
「忍法!って言うねん」と大喜びの子供たち。
友達が忍者ポーズをして座ると、さっと出てきて自分も座る姿がとてもかわいかったです。

「忍者はこうやって座るんだよ」とみんなに教えてくれる子供もいます。

みんなで忍者ごっこをして遊ぶと、「忍者はジャンプが得意なんだよ」
「手裏剣も投げるねん」といろいろな術が出てきました。

手裏剣、シュシュシュシュシュー!

園庭では、木登りをしている子供もいます。

「忍者だよ」という言葉に「そうか、忍者は木登り名人だもんね」と
隣の友達に「ここに足をかけて、次はこうするの」と
一生懸命登り方を教えていました。
友達と一緒に大好きな忍者に変身したひと時でした。
これからも少しずつ子供たちと一緒に忍者に変身して、
忍者ごっこを楽しんでいきたいと思います。

忍者は木登り名人!こんなところでも平気で登れるよ!

まだまだ残暑が続きますが、水分補給など熱中症対策には
十分に気を付けて、元気いっぱい遊んでいきたいと思います。
週末には大きな台風が近づいてくるという予報も出ています
ので、ご家庭でもどうぞ気を付けてお過ごしください。
18:32
2020/09/02

うさぎ組だより ~体を動かして遊ぶの楽しいよ~

| by:主担
9月になりましたが、まだまだ暑い日が続いています。
そんな中でも、子供たちはコスモスの花を見付けて見たり、
おもしろい形の雲を見付けたりして、季節が少しずつ変わりつつあるのを感じながら
遊んでいます。

バッタやカマキリは引き続き大人気☆
中庭に探検に行った時の事です。
池をのぞくと、水面にバッタが2匹いるのを見付けました。
「あ、バッタや!」「大丈夫かな」
「おぼれるんちゃうん?」「助けないと!」と、
必死で池のバッタを助け出しています。

手ですくいあげたバッタは、すぐにまたジャンプして池に飛び込みました。
「またいっちゃった」「・・・?」
「バッタさん、泳いでるで」「ほんとや・・・」
すいすい水面を泳いでいるバッタを見て目をまん丸くしている子供たち。
「バッタさんもお水好きなんかな」「気持ちいいもんな」
バッタが自分たちと同じ気持ちだと思うと嬉しくなってきました。
バッタの気持ちになって心配したり安心したりして、
バッタが大好きな気持ちがあふれています。

いろいろな運動遊びにも挑戦しています。
鉄棒や登り棒で遊んでいる姿が「忍者みたい」と
気分はすっかり忍者のうさぎ組。
忍者の修行の道を自分たちで作りました。
修行の道の最後は忍者ジャンプです。
「空に届くぐらいだよ」と思い切り高くジャンプしたり、
「忍者のポーズでジャンプするねん」とジャンプの仕方を考えたりしています。

これから忍者になって、いろいろな運動遊びを楽しんでいきます。
ご家庭でもし、忍者言葉で話をしたら、温かく見守っていてくださいね。

いっぱい体を動かして遊んだ後は、ウォーターミストでクールダウンです。
みんなでごろんと横になって「いい気持ち~☆」
友達と一緒だとクールダウンも楽しくて、お互いに顔を見合わせて笑っています。

密にならないよう気を付けながら、水分補給や休憩も上手に取り入れ
いっぱい体を動かして遊ぶことを楽しんでいきたいと思います。

週末は大きな台風が日本に近付く予報になっています。
どうぞお気をつけてお過ごしください。
来週も元気に遊びましょう。
18:22
2020/08/28

9月の保健指導をしました!

| by:主担
夏休みの間に背が伸び、表情もお兄さん、お姉さんになりましたね。
幼稚園が始まり、生活習慣を取り戻せるように
各クラスで9月の保健指導をしました。

いちご組 〈あさごはんをたべましょう〉
「今日、幼稚園に来る前に朝ご飯を食べましたか?」と尋ねると、
「はーい!」と元気いっぱい答えてくれました。
「パンとヨーグルト食べてきたよ」「牛乳のんだ!」と
朝ごはんのメニューも教えてくれました。
ご飯やおかず、果物などの朝ご飯をたくさん食べると、
元気キラキラパワーが体にたまって幼稚園で友達とたくさん遊べること、
朝、食べたのが小さなパンだけならパワーが少しだけしか体にたまらず、
幼稚園に来ても元気が出てこないことを子供たちに話しました。

「朝ご飯いっぱい食べるよ!」「いっぱい遊ぶもん!」と
朝ご飯をしっかり食べてきたいちご組。
これからも毎日、朝ご飯をしっかりと食べる約束をしましたよ。
朝ご飯をもりもり食べて、元気もりもりでいっぱい遊びましょうね☆

うさぎ組〈よるの9じまでにねましょう〉
(9時)クジラ列車の紙芝居を子供たちに話しました。
9時までに寝ると、夢の中でクジラ列車が迎えに来て、
真夜中駅まで乗せてくれます。
そして、大きなプレゼントをもらうことができ
翌朝スッキリ目覚めて元気いっぱい遊べます。

では、もし9時までに寝れなかったら・・・。
夢の中ではクラゲ列車が迎えに来て、
もらえるプレゼントはクジラ列車よりも小さいプレゼントです。
その日の朝は、体はふにゃふにゃで頭はぼーっとして元気に遊べません。
プレゼントの中身は、元気に遊べる力や体が大きくなる力、
優しい心やうれしい心が入っています。
「クジラ列車のプレゼントのほうが大きい!」「大きいほうがいい!」と
紙芝居を聞いた子供たちは答えていました。

クジラ列車に乗るために必要なことは、
9時までに寝ることと、クジラ列車のチケットです☆
お渡ししたクジラ列車のチケットを
ご家庭の時計の数字が”9”のところに貼って、
”9時”が分かるようにしてくださいね♪

最後は「夢の中で会おうね!」「真夜中駅で待ち合わせね!」と
9時までに寝ることをみんなで約束をしました。

あおぞら組〈はやね・はやおきをして、あさごはんをたべましょう〉
子供たちに昨日の夜、早く寝ることができたかを尋ねたら、
「いつも9時に寝ているよ」
「見たいテレビを見ていて、10時に寝たよ」と答えていました。
時計を使って晩ご飯から寝る時間まで、家庭での生活を一緒に振り返りました。

「夜の7時はテレビを見ているよ」
「8時は歯磨きをしたよ」「まだテレビを見ていたよ」
「そろそろ布団に入ったよ」「9時に寝たよ!」
寝ている間の骨や筋肉の様子を体パジャマを使って伝えました。
頭から元気パワーが出てきて、体中に力を送ります。
送られた元気パワーで筋肉が大きくなり、骨も少しずつ伸びます。
おなかの中では消化された夜ご飯が腸の中でうんちとなって
朝が来るのを待っています。
そして、"いい気持ち"がたくさん溢れてきます。
いい気持って?と、尋ねてみると・・。
「友達に優しくする気持ち」
「大好きな気持ち」「ありがとうっていう気持ち」
たくさんのいい気持ちが出てきました。考える力もバッチリです☆

バナナうんちも出て、おなかもスッキリ!です。

「僕たちは大丈夫!」「だって朝ご飯、食べてるもんね」
「先生も早く寝ないとだめだよ」と、
早く寝ることができると、次の日の朝は早起きができて、
朝ご飯も食べられることに気付いていました。

あおぞら組もクジラ列車のチケットを渡しています。
時計の”9”に貼り、時間を気にするきっかけにしていただいたり、
枕の下に置いて寝る準備をしたりと、活用していただけると嬉しいです。

早寝・早起き・朝ご飯は生活習慣の基盤となります。
暑さの影響もあり、体調も崩れがちになりますが、
元気に過ごすためにも、ご家庭で意識して過ごしてくださいね。
18:01
2020/08/28

いちご組だより 久しぶりの幼稚園だね

| by:主担
2学期が始まり、子供たちは少しずつ園生活のペースを
取り戻しながら幼稚園で元気に遊んでいます。
そんな子供たちの1週間の様子をお知らせします。

土山では、「ここに穴を掘ろう!」「僕はこっち」と工事屋さんになって、
自分の掘りたいところをスコップで掘ったり、
前からある穴を見付けて掘ったりして、楽しんでいます。
だんだん、穴が大きくなってくると、
「こちらをお通りください」「危ないですよ。気を付けてください」と
ガードマン役の子供が手招きして友達を呼びます。
その気になって遊んでいる姿がとても微笑ましかったです。





ジョウロで水を流したり、水風車で遊んだりすることも大好きで
「わぁ、気持ちいい、ぞうさんシャワーだ」と大喜びです。
冷たい水の心地よさを感じています。
しばらく水遊びをしていると、いつの間にか、
地面に水が溜まって泥になってきました。




「見て見て、ヌルヌルしてる」「こっちも歩いてみよう」
「ここも通るとおもしろいよ」と、
友達を誘って泥の感触を楽しんでいます。
まだまだ暑い日が続くと思いますので、これからも子供たちと一緒に
思い切り水遊びを楽しみたいと思います。



2学期から、弁当を食べる時には、広い遊戯室で
”魔法の透明壁”(飛沫防止パーテーション)を置いています。
これならマスクをはずしていても安心して食べることができます。
向かいに座っている友達の顔が見えると自然と笑顔になり、
楽しそうに食べている子供たちです。
食べた後は、「こうやってしめるねん、見ててね」と
弁当箱を両手で押さえ、”カチャッ”と音がするまで
しっかり閉めて片付けていました。
1学期からの積み重ねで、
少しずつ自分からしようとする姿も見られます。



久しぶりに畑の探検にも行きました。
サツマイモの葉っぱを見て、
「大きくなってるね」と触ったり、「サツマイモさん、こんにちは」と
サツマイモのツルをもち、覗き込んでいました。
『だんだん土の中で大きくなっているんだよ』と伝えると
「早く大きくなってね」「待ってるよ」と何度も声を掛けていました。
土の中にいるサツマイモにもきっと届いたことでしょう。
これからも、自分たちが植えたサツマイモを大切に育て、収穫できる日を
楽しみにしたいと思います。

今週も体調管理に気を付けながら、元気に遊んでいきたいと思います。
17:28
12345