高羽小学校  ホームページ 

 

お知らせ

現在、特別なお知らせはありません。
 

日誌

2019年度日誌
12345
2019/07/19new

終業式

| by:校長
 1学期の終業式が本日行われました。降水確率は高かったのですが、幸いにも気象警報の発表や休校措置の心配がなく、無事に1学期を終了することができました。


心配された降雨も登校時は大したことがなく、傘をささずに学校に向かう姿がそこそこ見られます


学年毎に教室から式の行われる体育館に移動します、先に移動し終わった学年は静かに待ちました


全員が揃ったところで開式と思いきや、最初に「兵庫県書写コンクール」の表彰式が行われました


6年生代表が1学期のあゆみを頂き、3年クラス代表が1学期の振返りや2学期の決意を述べます


校歌斉唱も6年生代表児童が全校生の前に立って指揮を担当、堂々たる指揮の下で歌声が響きます


続いて夏休みの暮らしについて指導があり式が終了、担任が黄色の袋を教室に持って上がりました
(なお、上右の写真に出てきた黄色の袋については、来週7/22の本欄で詳しく解説する予定です)



各教室でも夏休みに関する細かな連絡や配布物の確認などが行われています、「登校は8/28だよ」




1学期のあゆみが担任の先生から一人ずつに手渡されていました、中身の方はどうだったかな~?


最後に教室や廊下などを簡単に清掃して下校です、明日からの夏休みを元気に過ごして下さいね!

17:30 | 投票する | 投票数(13)
2019/07/18new

いよいよ…

| by:校長
 いよいよ1学期も大詰めが近づいてきました。そのせいでしょうか、最近は各学年・学級における清掃活動に熱が入っていたように感じます。1学期間お世話になった校舎や施設に感謝する気持ちが、自然と作業を熱心にさせるのかもしれません。


基本は自分たちが毎日使用している教室の清掃を頑張ります、教室がきれいだと気持ちいいですね


窓の拭き掃除も丁寧に行っています、しばらくほっておくとすぐに埃や砂で汚れてしまうからです


そのためには雑巾を何回もゆすいで綺麗にしておくことが重要です、水回りの清掃も欠かせません


毎日通る廊下や階段の掃除も気合が入ります、特に雨の日は持ち上がる土が半端ないので大変です


「こんな所まで…」と思う所まで掃除してくれています、確かに埃や汚れが溜まりやすい場所です


材質によっても差がありますが、床の雑巾がけを頑張ってくれている姿をあちこちで見かけました


晴れていれば運動場の散水作業やブラシ掛け、小石拾いといった作業も高学年が担当してくれます


この季節はプール関係のスペースを清掃する姿もありました、万が一を考えプール本体は除外です


雨の場合は運動場も除外されますが、その周辺部分はマットの下までゴミを除いたり砂を集めたり


隅々まで掃除をしてくれていることが伝わってきます、集めたごみは塵取りで集めてゴミ箱へ回収


ゴミ箱のゴミは学年毎に日を決めて大きな回収ボックスへ、管理員さんがお世話して下さってます

17:59 | 投票する | 投票数(18)
2019/07/17new

学校の風景

| by:校長
 昨日、運動場から校舎の方を見てなんとなく違和感を覚えました。よく見ると、2階テラス部分にカラフルなものがたくさん並んでいます。学期末を控え、体育の時間などで使用した「ゼッケン」を洗濯し、干していたようです。


パッと見には「なにやらいつもと景色が違うな~」といった程度だったのですが、近付いてみると


体育の時間や運動会などでしばしばお世話になったゼッケンがテラスフェンスに干してありました


風で飛ばされないように洗濯バサミで留められています、窓ガラスに見える景色はどちらが本物?


 話を聞くと、6年生が家庭科の学習で「衣類の洗濯」について学び、その一環として手洗いの実習をこのゼッケンで行ったようです。一般的には汚れやすい靴下で体験することが多いようですが、本校はゼッケンの枚数が半端ないので、このような風景に繋がったようです。


保健室前廊下の掲示板が模様替えしました、夏本番を控え熱中症予防のための水分補給の話題です


ロサンゼルスエンゼルスの大谷翔平選手もポスターに登場、写真右は熱中症の具体例な解説版です



めくると脳や心臓・筋肉・皮膚などが普段と「こんな風に異なると要注意!」との説明があります


大事なのは自分が何ともなくて友達の様子がおかしい時、こんな様子を見たらどうするか考えてね


 4年生の教室にお邪魔すると、図工の「コロコロガーレ」に取り組んでいました。ビー玉を使って「ピタゴラスイッチ」に出てくるような仕掛けに挑戦していました。


それはそれは熱心に作業に没頭しています、楽しいからこその集中力の表れだろうと理解できます





自宅に持ち帰る際に壊れることのないよう気をつけたいですね、せっかくの力作なので要注意です

17:56 | 投票する | 投票数(12)
2019/07/16

夏越大祓と茅の輪くぐり

| by:校長
 先週までの何日間か、学校周辺に青い幟(ノボリ)が立っていました。文字を見ると「夏越大祓」と書いてありました。これは、学校のご近所にある「丹生神社」さんで行われる年中行事の一つで、「なごしのおおはらえ」と読むようです。


学校の正門前や旧正門前などで青色の幟が見られました、書かれている文字は「夏越大祓」4文字


今まで見ることの多かった幟は赤色です【左:初詣、右:節分祭】が、今回の「夏越大祓」は青色



確かに夏の青空には青色の方が似つかわしいように感じますが、個人的な印象なのかもしれません


先週14日(日)に儀式が行われたようですが、鳥居から本殿を見ると何やら丸いものが見えました



写真は儀式に先立って撮影、茅(かや)という草で編んだもので「茅の輪(チノワ)」と呼ばれます


 高さ3m以上あるこの輪の中を通り抜ける行事が「茅の輪くぐり」です。上の写真にあるように3回くぐることで、今年前半の穢れを清め災厄を払うとともに、残る半年も無事に過ごせるように祈るものだそうです。当然、残る半年の終わり頃に同様の儀式を行う神社もあり、こちらを「年越の祓え」というとか…。今回、この記事を読まれた皆さんの中にも、14日の式に参加された方がおられるかもしれませんね。
17:14 | 投票する | 投票数(12)
2019/07/12

さすべきか、ささぬべきか…

| by:校長
 朝から蝉(セミ)が元気よく鳴いている日もあり、本日も真夏並みの太陽が照っていましたが、明日以降も梅雨空は続くようです。昨日の朝も、傘をさすのかささないのか微妙な天候でした。


「ウーン、傘をさすべきか、ささぬべきか悩むところじゃのう」、こんな声が聞こえてきそうです



そんな中でも、レインシューズをきちんと履いて登校してくるお友達の姿を何人か見かけました‥


 さて、10日(水)と11日(木)の2日間、神戸市教育委員会事務局の藤原学校教育部長が来校されていました。これは、行政職の学校現場における体験研修を通して、「現場への理解を進化させ、事務局と学校の相互理解の促進を図る」ためのもので、児童や教員と共に過ごすことで、現状や課題に対しての理解を深めて頂きました。


初日は朝の登校の様子から見守って頂き、2日目は2年生と共に朝から教室で過ごして貰いました


朝の会でのご挨拶「今日一日、皆さんと一緒に過ごしますね」、さっそく国語の授業が始まります



昨日の3年生でも紹介したのと同様に、お友達と意見を交換したり感想を述べ合ったりしています


「そうだっ、藤原先生(?!)にも聞いて貰おう!」次から次へ子供達に取り囲まれて大忙しでした


給食の準備や片付け等の様子だけでなく、給食そのものもクラスで児童と一緒に食べて頂きました


 続いては4年生の教室です。「食育」の授業を栄養教諭が行っていました。この時間は、朝食の重要性を理解したり、関心を高めたりすることがねらいだったようです。


はじめに朝食を食べる人と食べない人の違いを勉強、活動に必要なエネルギーの充填は重要です!


続いてグループごとに、「手軽に」をキーワードにした朝食メニューを考えるよう指示が出ました



さっそく数々の食材をカードにした教具を使って、オリジナルの「手軽な」献立を考えていきます


真っ先におにぎりを選択するのは和食派?こちらヨーグルトにハムエッグを選ぶのは洋食派かな?



後半はグループごとに献立やその狙いを報告し、聞いた人も感想やコメントを発表していきました

17:55 | 投票する | 投票数(15)
2019/07/11

研究授業

| by:校長
 昨年度は第68回兵庫県小学校国語教育研究大会が本校で行われた関係もあって、授業研究や職員研修の話題を何度か取り上げましたが、今年はあまり紹介できていませんでした。火曜日に3年生が国語でグループ研究授業を行っていましたので、見に行ってきました。


授業を公開していたのは3年生3組、担任の教員が「詩を楽しもう」という国語の単元を扱います


この日に取り扱った題材は「山のてっぺん」という岸田衿子さんという方の作った14行の詩でした



授業参観者がたくさんいましたが、積極的に挙手したり起立したりして自分の意見を述べています



この日のねらいは、まず詩の中で見つけた「好きな所」について自分の考えをしっかり述べること


続いて自分の意見と友達の考えを比べ、話型を基にお互いの感想を交換しますがまずは見本から…


教師と代表児童のやり取りを参考に、隣のお友達と実際に話し合いを進めますが順調に進んだかな





座席を自由に移動し意見交換する「とことこトーク」が始まるとみんな活発に意見交換しています

17:26 | 投票する | 投票数(16)
2019/07/10

読み聞かせ

| by:校長
 今週に入って毎日、本校の図書委員会のメンバーが、20分休みに「読み聞かせ」活動を図書館で行っています。日によって対象学年が設定されているようで、初日1年生の時の様子を見に行ってきました。


20分休みは体育館だけでなく図書館も開放されます、たくさん来室したのは読み聞かせ希望者かな


図書委員会の高学年がさっそく「読み聞かせが始まりますよ~」と声を掛けると何人も集まります


この日は対象が1年生だったようで人数は少なかったですが、とても熱心にお話を聞いていました


図書ボランティアの方も在室しておられ、掲示物を張り替えたり本棚を整理されたりしていました


 ところで、読み聞かせの絵本を見ながら、その日の朝の発見を思い出していました。1年生が読んでもらっていた絵本も、このHPの記事も横書きですから、左から右へ読み進めます。「→」の方向に字が続いていく訳ですが、道路でそうではないものを見つけたのです。



道路にはこのような形をしたマンホールや蓋が、それこそ無数と言っていいくらいにあるのですが



デザインは必ずしも同じでなくても、そこに書かれている文字はやはり左から右に書かれています



道路だけでなく施設や建物に付随する部分にもメーターや検針器の蓋があり、やはり「→」でした


ところが「神戸市水道仕切弁」と表示のある蓋だけはなぜか右から左に文字が続いているようです


 国語の教科書は今も縦書きですので、行の配置は右から左に進んでいきます。昔の横書きというのは、この縦書き表示が一文字のみと解釈して、「右から左(←)」へ書かれていたと聞いたことがあるのですが、最近ではめったに見ることがありません。この「仕切弁」蓋は相当古いのでしょうか?


本校に唯一残る戦前の「卒業アルバム」、「第四回初等科修了記念」という文字は「←」表記です


 この記事を読んだからといって、歩行の際に下を向き過ぎて、人や自転車とぶつからないよう十分に気を付けて下さいね。
17:23 | 投票する | 投票数(16)
2019/07/09

実習

| by:校長
 6年生が調理実習をしていました。スクランブルエッグと野菜炒めに挑戦していたようです。包丁を使ったり火を扱ったりするので、慎重な作業が必要となります。美味しくできたでしょうか?


大まかな作業手順が黒板に書かれています、「美味しい料理を作るぞ!」とさっそく作業開始です


野菜を洗った後で炒め物用に「短冊切り」にします、キャベツの形は別に拘らなくてもいいかな…


炒め物用の野菜準備と並行して、スクランブルエッグ担当者はフライパンを熱して調理を進めます


「野菜炒めの美味しい作り方?フムフム…なるほど!」硬めか柔らかめかどちらがお好みですか?



炒め上がったら小皿に取り分けます、使用した物を洗って布巾でテーブルを拭いたら準備完了です


 5年生の教室では書写で「道」という漢字に取り組んでいました。この漢字は「首」の下に位置する「シンニュウ」と呼ばれる部分のバランスがとても難しいのが特徴です。


お手本が黒板に掲示されていますが、ハトメを使って向きや角度を変化させる工夫が見られました


クラス全員が真剣に作業に取り組んでいます、最初の一画は誰しも緊張しますがうまくいったかな


さあ難しい「シンニュウ」の部分に差し掛かります、出来上がり具合は学級掲示をお楽しみに…!



4年生が描いた花の絵コンクール出品作でしょうか、廊下掲示板に学級毎に貼り出されていました

17:36 | 投票する | 投票数(16)
2019/07/08

七夕

| by:校長
 昨日は「七夕」でした。以前の小学校では、行事として「全校七夕集会」などが計画・実施され、教師が短冊を飾る竹(又は笹)を取りに行ったり、全校生で「笹の葉さーらさら~」と歌ったりしたものですが、行事削減や負担軽減などの影響で実施しているところは減っていると思われます。教室を見て回っていると、1年生の教室に願い事を書いた短冊が壁面に飾られていました。


1年教室の後方掲示板を見てみると画用紙で作った笹の葉に色とりどりの短冊が飾られていました




最近はご家庭で取り組まれることが減ってきたかもしれませんね、どんな願い事を書いたのかな?


 先週、街中で見かけた柑橘系の小さな実の話題を紹介しましたが、本校のビオトープにも、毎年実をつけるミカンの木があります。「もしかして実をつけているかな?」と思って見に行きました。


本校の敷地の南西隅にビオトープがあるのですが、その角に毎年実をつけるミカンの木があります


こちらに実らしき物は全く見当たりません、でもアゲハチョウが飛んでいたので卵を産んだのかも


ビオトープでは、フランクフルトソーセージのようなガマの穂が黄色い実(?!)をつけていました


またアヤメか菖蒲(ショウブ)と思しき植物にも、ピーマンのような実がいくつもできていました


先週の懇談時にお持ち帰り頂いた2年生のミニトマトも、赤く色づき始めているものがありました



見て回てみると真っ赤になって食べごろを迎えている粒の方が多いかもしれないな…と感じました

17:24 | 投票する | 投票数(19)
2019/07/05

| by:校長
 雨の日が続く合間に、晴れ間というのか止み間のようなものがあります。すると木々の緑が濃く感じられたり、鮮やかに見えたりするようです。雨水で汚れが洗い流されて、葉がきれいに見えるのかもしれません。



雨が降った後というのは街中の木々の緑色が濃く見えるように感じるのですが気のせいでしょうか



そんな緑に紛れて気が付きにくいのですが、柑橘系と思われる実が段々と膨らみを増してきました



木々の間を見て気付いたのでなく、路上に丸いものがいくつも落ちているの見つけて発見しました


こちらはなにの実でしょうか、大きくなるにつれて重みで垂れてくるようで見つけやすくなります


 阪急六甲から高羽小学校までの景色から紹介しましたが、その他にも以下のようなことに気付きました。



本校の過密化対策とも関連のある「旧高羽市住跡地」における保育所建設工事が始まったようです


丹生神社の北側出入り口を入ったすぐ東側に、立派な石碑と大きめの石が4つほど置かれています


似たような形ですが、そのうちの一つには「二十五」と読めそうな漢数字が彫り込まれていました


 最下段の石の写真ですが、神社の宮司さん(禰宜さん?)のお話によると、その昔「力自慢競争」に使っていたようです。これらの石を抱えて、一定距離を移動できた人が称賛されたのかもしれません。だとすると、「二十五」という数字も、もしかしたら石の重さを表しているのかもしれないな‥と思いました。因みに数字の単位を「貫」だと仮定すると、1貫は約3.75㎏なので25倍でおよそ93.75㎏ということになります。
17:54 | 投票する | 投票数(19)
12345

リンク

※インフルエンザなどで
 出席停止になったとき
 登校するときに ご提出ください。

 登校許可書.pdf

※昭和63年、創立50周年を機に
 「高羽小学校同窓会」が組織されました。
 「高羽だより」は、HPでご覧ください。

 高羽小学校同窓会HP

<各種リンク>
 警報発表情報(気象庁)
 給食の献立(教育委員会)
 神戸総合型地域スポーツクラブ
 子供の疾病「脳脊髄液減少症」
 ミマモルメ
 

学校連絡先


〒 657-0023
   神戸市灘区高羽町3-11-11
 
   TEL 078-841-0541
   FAX 078-841-0542
 
   阪急六甲駅・東600m
   JR六甲道駅より市バス⑯
   高羽町下車・南西100m

      学校周辺地図
 

フォトアルバム

現在作成されているフォトアルバムはありません。

当ホームページについて


本サイトに掲載されたテキスト、画像、情報は全て神戸市立高羽小学校がその著作権を有しています。