新着情報

 

訪問者数

509831

著作権について

 本サイトに掲載されたテキスト、画像、情報は全て神戸市立鷹匠中学校がその著作権を有しています。
© 2011 Takasho Junior High School
 

外部リンク

学校長あいさつ

 北門の桜は満開を迎え、仰ぎ見ると快晴の青空を背景に、六甲の山々は新緑の鮮やかな緑の中にところどころ白や桜色に色づいています。令和に入って最初の春を迎え、新芽の緑が目にまぶしく、心も身体も元気になるような景色が広がっています。
 しかし、新型コロナウィルス感染症の拡大の勢いは衰えず、大きな困難に直面しています。まさに今、多くの人々の命を守る闘いを世界で繰り広げていると言えます。私たちがこの事態を真剣にとらえ、自分たちができる基本的なことを一つひとつ丁寧に取り組み、自分の命、家族の命、そして自分の周りの人々の命を守るため辛抱のしどころだと思います。
 
さて、昨年度も卒業生の在学中の奮闘や地域、保護者の皆さんのご支援、ご協力が脈々と受け継がれ、鷹匠中学校の良き伝統が継承された1年であったと思います。体育会や文化祭では3年生(71回生)が12年生の先頭になって、元気いっぱいの演技や合唱を披露できました。また、地域の消防団や青少協の皆さんによる地域の見守り活動、保護者の皆さんによる「あいさつ運動」など、生徒達を見守り育むために多くの方々のご協力を頂きました。皆様に対し心より感謝し、お礼申し上げます。
 

今年も鷹匠中学校では基本努力目標として「自ら考え、自主的に学び行動する」を掲げ、地域に信頼される開かれた鷹匠中学校づくりに邁進いたします。そのために、さらに教育環境を整え、生徒達が学習や学校行事、部活動に集中して全力を傾けることができるよう努力してまいります。本年度も生徒数が大変多く、大規模校特有の様々な困難が待ち構えていますが、校訓である「友愛 自治 責任」を指針に、生徒達が考えた「若鷹天翔」のスローガンのとおり、鷹匠中生一人ひとりが夢や目標に向かって大空高く羽ばたいていくことができるよう、創意工夫をこらして粘り強く取り組みたいと思います。
 昨年度に引き続き、今年度も鷹匠中学校の教育活動にご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。


令和2年4月
       神戸市立鷹匠中学校長  田原 唯志