header
こちらから学校園へのリンクやコンテンツを検索することができます⇒ 検索


 

 

反射光の熱量をサーモカメラで見る RC010005

 鏡を使って反射光を壁に投影し,その部分から
 発する熱を,サーモカメラで視覚的にとらえる.
 鏡の枚数を増 やしたときの,発生熱量の違いを
 比べる実験映像のほか,サーモカメラそのものの
 写真,人や物を撮影した デモンストレーション
 映像などが収められている.  
 
◆デジタル教材の閲覧とダウンロード
 
  
 

 01. サーモカメラの写真.サーモカメラを見たことがない
 児童・生徒がほとんどであろうと思われるので,それを
 紹介する.[JPG]
 
 

 02. サーモカメラの写真.サーモカメラを見たことがない
 児童・生徒がほとんどであろうと思われるので,それを
 紹介する.[JPG]
 
 
 
 03. サーモカメラの写真.サーモカメラを見たことがない
 児童・生徒がほとんどであろうと思われるので,それを
 紹介する.[JPG]
 
 
 04. サーモカメラのデモンストレーション.人をサーモ
 カメラで撮影したもの.[MPG]
 
 
 05. サーモカメラのデモンストレーション.人をサーモ
 カメラで撮影したもの.[MPG]
 
 
 06. サーモカメラのデモンストレーション.スイッチの
 入っているビデオカメラをサーモカメラで撮影したもの.
 [MPG]
 
 
 07. サーモカメラのデモンストレーション.スイッチの
 入っているビデオカメラをサーモカメラで撮影したもの.
 [MPG]
 
 
 08. 壁にあてた反射光.[JPG]
 
 
 09. 鏡の枚数を変えて実験したまとめの画像.下の14,
 15,16,17を1枚にまとめたものである.[JPG]
 
 
 10. 鏡を0枚から3枚に順番に増やしていったとき,
 反射光と,そのサーモカメラ映像がどのように変化
 するかを示した映像.下の11,12,13の映像をまとめ
 たもの.[MPG]
 
 
 11. 鏡を0枚から1枚に増やしたとき,反射光と,その
 サーモカメラ映像がどのように変化するかを示した映像.
 [MPG]
 
 
 12. 鏡を1枚から2枚に増やしたとき,反射光と,その
 サーモカメラ映像がどのように変化するかを示した映像.
 [MPG]
 
 
 13. 鏡を2枚から3枚に増やしたとき,反射光と,その
 サーモカメラ映像がどのように変化するかを示した映像.
 [MPG]
 
 
 14. 鏡が0枚の時の反射光のようすとサーモカメラの
 映像比較.[JPG]
 
 
 15. 鏡が1枚の時の反射光のようすとサーモカメラの
 映像比較.[JPG]
 
 
 16. 鏡が2枚の時の反射光のようすとサーモカメラの
 映像比較.[JPG]
 
 
 17. 鏡が3枚の時の反射光のようすとサーモカメラの
 映像比較.[JPG]
 
 

ウォーターシューター RC010001

   ものがぶつかるとき,ぶつけられるものに対して
 与える,ぶつかるものの重さの影響が,どのよう
 にちがうかを,ウオーターシューターが水にぶつ
 かった時の水のはね方から考えさせる教材.斜
 面を滑り落ちる物体が他の物体をどれくらい押
 すか調べる実験の導入に使える.
                                         場所は神戸市立ポートピアランド(現在は閉園). 
  
◆デジタル教材の閲覧とダウンロード 
 
 
 

 01. 空のシューターと,人間が二人乗ったシューターで,
 水のは根方に違いがあるかどうかを見る.児童に自由
 に意見を述べさせるために,テロップによる着目点は
 省略している.[WMV]
 
 

 02. 空のシューターと,人間が二人乗ったシューターで,
 水のは根方に違いがあるかどうかを見る.この話の
 まとめとして使うために,着目点をテロップで表示して
 いる.[WMV]
 
 
 
 03. ジャンボウォーターシューター.空のシューターと,
 屋根付きで満員のシューターで,水のはね方の違いを
 見る.クローズアップとスローモーションによって水がは
 ねるようすを克明に記録している.[WMV]
 
 
 
 04. ジャンボウォーターシューターの水のはね方の
 スチル写真.[JPG]
 
 
 
 
 05. はねる水しぶきのショット.[JPG]

 

ふりこの等時性(1) RC010003

  ふりこの周期(1往復する時間)が,おもりの
 重さ,ふりこの長さ,ふれはばのいずれの条件
 によって変化するかを,各条件の一つを変えて
 ふりこを振らせた動画で示したものである.
 関連単元の授業のまとめに使える.小学校
 5年生向きの教材である. 
 
◆デジタル教材の閲覧とダウンロード
 
 

 01. ふりこの振れ方を,一定時間毎の分解写真で表示
 したもの.[JPG]
 
 
 
 02. 以下の実験の撮影を行った装置.これは別の
 ページの「ふりこの等時性(2)」の装置とも同じである.
 [JPG]
 
 
 
 03. まず,ふりこのふれだけを見せ,印象として,ふれ
 の速さ(1往復する時間)が一定であることを予想させる
 映像.[WMV]
 
 
 
 04. ふりこのふれだけを見せ,アナロググラフから,ふれ
 の速さ(1往復する時間)が一定であることを理解させる
 映像.01のコンテンツと対になっている.[WMV]
 
 
 
 05. ふりこの糸の長さを順番にのばしていったとき,
 ふれの速さ(1往復する時間)が遅くなっていくことを
 予想させるための映像.アナロググラフはない.
 [WMV]
 
 
 
 06. ふりこのふれはばを順番に小さくしていっても,
 ふれの速さ(1往復する時間)が変化しないことを予想
 させる映像.アナロググラフはない.[WMV]
 
 
 
 07. ふりこのおもりの重さを順番に大きくしていっても,
 ふれの速さ(1往復する時間)が変化しないことを予想
 させる映像.アナロググラフはない.[WMV]
 
 
 
 08. ふりこの糸の長さを順番にのばしていったとき,
 ふれの速さ(1往復する時間)が遅くなっていくことを示
 した映像.明確に結果が理解できるように,画面上部
 にアナロググラフを表示している.[WMV]
 
 
 
 09. ふりこのふれはばを順番に小さくしていっても,
 ふれの速さ(1往復する時間)が変化しないことを示した
 映像.明確に結果が理解できるように,画面上部に
 アナロググラフを表示している.[WMV]
 
 
 
 10. ふりこのおもりの重さを順番に大きくしていっても,
 ふれの速さ(1往復する時間)が変化しないことを示した
 映像.明確に結果が理解できるように,画面上部に
 アナロググラフを表示している.[WMV]

 

ふりこの等時性(2) RC010009

  ふりこの周期(1往復する時間)が,おもりの重さ,ふりこの長さ,ふれはばのいずれの条件によって変化するかを,各条件の一つを変えてふりこを振らせた動画で示したものである.関連単元の授業のまとめに使える.小学校5年生向きの教材である.
 
 
 
 
◆デジタル教材の閲覧とダウンロード
 
 

 01. おもりの重さの違いによって1往復にかかる時間が
 変化するかどうかを見る.ふりこの長さ,ふれはばは
 同じ.統一する条件について解説が入っている.
 [WMV]
 
 
 
 02. ふれはばの違いによって1往復にかかる時間が
 変化するかどうかを見る.ふりこの長さ,おもりの重さは
 同じ.統一する条件について解説が入っている.
 [WMV]
 
 
 
 03. ふりこの長さの違いによって1往復にかかる時間が
 変化するかどうかを見る.おもりの重さ,ふれはばは
 同じ.統一する条件について解説が入っている.
 [WMV]
 
 
 
 04. おもりの重さの違いによって1往復にかかる時間が
 変化するかどうかを見る.ふりこの長さ,ふれはばは
 同じ.統一条件に関する解説が入っていなくて,
 ふりこが振れるだけの映像.[WMV]
 
 
 
 05. ふれはばの違いによって1往復にかかる時間が
 変化するかどうかを見る.ふりこの長さ,おもりの重さは
 同じ.統一条件に関する解説が入っていなくて,
 ふりこが振れるだけの映像.[WMV]
 
 
 
 06. ふりこの長さの違いによって1往復にかかる時間が
 変化するかどうかを見る.おもりの重さ,ふれはばは
 同じ.統一条件に関する解説が入っていなくて,ふりこ
 が振れるだけの映像.[WMV]
 
 
 
 07. おもりの重さを変えるときには,ふれはばを同じに
 して実験しなければならないことを説明する写真(04.
 のビデオと組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 
 08. おもりの重さを変えるときには,ふりこの長さを同じ
 にして実験しなければならないことを説明する写真(04.
 のビデオと組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 
 09. おもりの重さを変えていることを示する写真(04.
 のビデオと組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 
 10. ふれはばを変えるときには,ふりこの長さを同じに
 して実験しなければならないことを説明する写真(05.
 のビデオと組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 11. ふれはばを変えるときには,おもりの重さを同じに
 して実験しなければならないことを説明する写真(05.
 のビデオと組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 12. ふれはばを変えていることを示す写真(05. のビデオ
 と組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 13. ふりこの長さを変えていることを示す写真(06. の
 ビデオと組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 14. ふりこの長さを変えるときには,おもりの重さを同じ
 にして実験しなければならないことを説明する写真(06.
 のビデオと組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 15. ふりこの長さを変えるときには,ふれはばを同じに
 して実験しなければならないことを説明する写真(06.
 の ビデオと組み合わせて使ってもよい).[JPG]
 
 
 16. おもりの重さを重くしてふったふりこ単独の映像.
 17.と,ふれはば,ふりこの長さは同じにしている.
 [WMV]
 
 
 17. おもりの重さを軽くしてふったふりこ単独の映像.
 16.と,ふれはば,ふりこの長さは同じにしている.
 [WMV]
 
 
 18. ふれはばを大きくしてふったふりこ単独の映像.
 19.とおもりの重さ,ふりこの長さは同じにしている.
 [WMV]
 
 
 19. ふれはばを小さくしてふったふりこ単独の映像.
 18.とおもりの重さ,ふりこの長さは同じにしている.
 [WMV]
 
 
 20. ふりこの長さを長くしてふったふりこ単独の映像.
 21.とおもりの重さ,ふれはばは同じにしている.
 [WMV]
 
 
 21. ふりこの長さを短くしてふったふりこ単独の映像.
 20.とおもりの重さ,ふれはばは同じにしている.
 [WMV]
 

 

基本的な回路の電流と電圧の測定 RC010006

   乾電池と豆電球2個を使った基本的な回路の
 電流と電圧の測定のしかたを,実際に,乾電池
 や豆電球,そして電流計や電圧計をつなぎなが
 ら,解説する.またできあがった回路と回路図を
 比較している.中学校向け教材.
  
 
◆デジタル教材の閲覧とダウンロード
 
 
  
 01. 乾電池1個,豆電球1個という,もっともシンプルな
 回路の,電流の強さと,豆電球にかかる電圧の測定方
 法を,実際に見せたもの.[MPG]
 
 
 02. 豆電球2個を直列につないだ回路の,いろいろな
 点を通る電流の強さの測定を,実際に行って見せた
 もの.[MPG]
 
 
 03. 豆電球2個を並列につないだ回路の,いろいろな
 点を通る電流の強さの測定を,実際に行って見せた
 もの.[MPG]
 
 
 04. 豆電球2個を直列につないだ回路の,いろいろな
 2点間の電圧の測定を,実際に行って見せたもの.
 [MPG]
 
 
 05. 豆電球2個を並列につないだ回路の,いろいろな
 2点間の電圧の測定を,実際に行って見せたもの.
 [MPG]
 
 

ストローとエナメル線で電磁石をつくる RC010008

   ストローにエナメル線を巻いてコイルをつくり,
 釘をストローに通して電磁石とする.小学校の
 磁石の教材.全員に自作させる際に,細かい
 手つきが伝わりにくいので,手元をクローズ
 アップして要領を説明するための教材.フィルム
 ケースにエナメル線を巻き,コイルを止めるビニ
 ルテープもそれに貼り付けたものを全員に配布.子どもたちはそこから
 ストローにエナメル線を巻きはじめ,それが終わるまでが映像化されて
 いる.
 
◆デジタル教材の閲覧とダウンロード
 
 
 

 01. 手順の説明ビデオだが解説がない.先生が口頭で
 解説するためのバージョン.[WMV]
 
 
 
 02. 内容は01と同じ.こちらのバージョンには,手つき
 などで気をつけるべきところを,文字テロップで解説して
 いる.[WMV]
 
 

スポーツにおける運動の記録 RC010004

   中学校では,物体の運動を記録するのに「記録
 タイマー」が用いられる.記録タイマーは一定時間
 毎の運動の位置を記録するものだが,身近な運
 動(まさに運動!)を一定時間毎に記録したらどう
 なるかを映像・写真化したもの.15分の1 秒毎の
 位置を記録した. 
 
◆デジタル教材の閲覧とダウンロード
 
 
   
 01. 長距離走の運動を記録したもの.等速直線運動を
 イメージできる.[MPG]01. 長距離走の運動を記録した
 もの.等速直線運動をイメージできる.[MPG]
 
 
 02. 短距離走の運動を記録したもの.等速直線運動を
 イメージできる.01に比べ,こちらのほうが速度が速い.
 15分の1 秒毎の位置の差が01より大きくなっている
 ことに注目.[MPG]
 
 
 03. 01と02を並行して表示したもの.短距離を走って
 いる人間のほうが速いが,そちらの位置の差の方が
 大きくなっていることに注目.[MPG]
 
 
 04. 短距離走のスタートを記録したもの.加速運動を
 イメージできる.速度が増加するほど,位置の差が
 大きくなっていくことが分かる.[MPG]
 
 
 05. 砲丸投げを記録したもの.重力がはたらいている
 ときの放物運動がイメージできる.[MPG]
 
 
 06. 長距離走の運動を記録したもの.等速直線運動を
 イメージできる.[JPG]
 
 
 
 07. 短距離走の運動を記録したもの.等速直線運動を
 イメージできる.06に比べ,こちらのほうが速度が速い.
 15分の1 秒毎の位置の差が06より大きくなっている
 ことに注目.[JPG]
 
 
 08. 01と02を並行して表示したもの.短距離を走って
 いる人間のほうが速いが,そちらの位置の差の方が
 大きくなっていることに注目.[JPG]
 
 
 09. 短距離走のスタートを記録したもの.加速運動を
 イメージできる.速度が増加するほど,位置の差が
 大きくなっていくことが分かる.[JPG]
 
 
 
 10. 砲丸投げを記録したもの.重力がはたらいている
 ときの放物運動がイメージできる.[JPG]