ようこそ!若宮小HPへ!

ありがとう!235408
2020/4/1    214950

いざという時に!

よくわかる!若宮小
(若宮小の約束やお願いをまとめています)

インフルエンザによる欠席期間の報告書

【印刷してお使い下さい】


登校許可書(インフルエンザ以外の感染症)
【印刷してお使い下さい】


気象警報発表時の措置

【震度5弱で引き取りに学校へGO!】
 

学校連絡先

〒654-0049 
兵庫県神戸市須磨区
    若宮町2-1-21
       078(731)0007
       078(731)0025 
    地図はコチラ
 

2次元コード


携帯用2次元コード

 

若宮小学校の歴史

昭和13年(1938年)~14年(1939年)  
 ① 
昭和13年4月1日に、神戸市須磨尋常高等小学校(現西須摩小学校)と東須磨尋常小学校から分離し、神戸市立若宮尋常小学校として開校しました。
【①】この写真は、昭和11年9月に建設予定地として撮影された、若宮小学校の写真として最も古いものです。
【②】昭和13年 完成した校舎。この校舎は改修を繰り返しながらですが、平成10年の現校舎竣工までの60年間、たくさんのわかみやっ子の生活を支えてくれた校舎です。
 ③ ④ 
【③】初代校長の山川伸章校長先生。
【④】昭和13年の職員写真。39名の最初の教職員です。
【⑤】奉安殿(ほうあんでん)戦前の学校にはどこにもあったものだそうで、中には、天皇と皇后の写真(御真影)と教育勅語が収められていました。この奉安殿の前を通る際には、服装を正して最敬礼をするよう定められていたそうです。
 ⑥ 
 ⑧ 
【⑥】普通教室 木製の2人つながった机です。今使用しているような一人ひとりの机になるのは、昭和49年の36年後のことです。
【⑦】音楽室 56人分の木製の机といすを置いた音楽室です。照明とカーテンがとてもステキです。
【⑧】校長室 石膏の像がひときわ目立つ明るい校長室。
【⑨】男子トイレ 今のトイレと比べると少し古さを感じますが、少し前まではこんな感じだったように思いますが・・・
 
【⑩】創立当時の平面図 小さいので読めないと思いますが、珍しい部屋がいろいろあります。衛生室、宿直室、作方室、手工室、保護者室、運動場には、雲梯(うんてい)、肋木(ろくぼく)、横木などなど健康器具的なものがそろっています。

 昭和14年1月18日、昔はどの小学校にもあった、二宮尊徳先生の銅像がこの神戸市立若宮尋常小学校にも建立されました。
① 
【①】学校の正門横に設置された、立派な二宮尊徳先生の銅像。銅像の後ろには、池があります。
【②】年代はわかりませんが、”尊徳像応召”とタイトルがつけられた写真です。応召(おうしょう)とは「召集令状を受け軍務につくため指定地に行くこと」とあります。銅でできた尊徳像は、このように集められて、第二次世界大戦で、爆弾などの材料として使われてしまいました。撮影場所は、南須磨との記載があります。
③ 
【③】昭和14年2月4日校旗の制定です。同じような校旗ではありますが、もちろん学校名は「神戸市立若宮尋常小学校」とされています。
【④】校旗披露。朝礼台で、代表児童が披露している写真です。

 続いて、第1回運動会の記録です。全校児童1258名、25学級という大規模校ですので、全児童がグランドに集う姿は壮観です。初年度は、1年生から5年生で、若宮小学校は構成されていましたので、6年生なしで1258人とは、本当にすごい数です。また、25学級ということで、1クラス50名という、こちらも今では考えられない数です。
⑤ 
⑦ 
【⑤】第1回運動会開会式。今年度の在籍児童数290名と比べると、約4.3倍の開会式です。
【⑥】運動会最初のプログラムは、この時代も体操です。体操の隊形に開くと、グランドにすき間なしです。
【⑦】マスゲームでしょうか?1学年5クラスですので、何年生かの女子が披露しているのでしょう。
【⑧】優勝旗授与。とても立派な優勝旗です。代表児童ははだしです。
⑨ 
【⑨】運動会ではありませんが、一番右の児童がバトンを持っていますので、何らかの陸上大会で、女子の4名のリレーで優勝をした際の記念写真だと思われます。当時5年生(11歳)だったとすると、今年93歳のおばあちゃんですね。ぜひ当時のお話を聞かせていただきたいです。
【⑩】海の風景。海水浴という感じではなく、海の生物の観察という感じの写真です。須磨の海の様子も現在とは全然違いますね。

 若宮小学校1年目の昭和13年度は、6年生がいなかった関係で、最初の卒業式が行われたのは、翌年の昭和14年度でした。若宮小学校の歴史の始まりです。 

 昭和15年(1940年)~16年(1941年) 
 昭和15年(1940年)神戸市立若宮尋常小学校3年目です。

 昭和15年は、日本中が皇紀2600年のお祝いのムードの中、若宮尋常小学校でも、運動会や学芸会でも、奉祝のプログラムがとり行われました。皇紀2600年とは、初代天皇の神武天皇が天皇になった年を元年とし、2600年目にあたる年のお祝いとされた年です。
① 
【①】当時は、もちろん航空写真などなかったので、校舎の屋上からの撮影でしょう。全校児童での人文字です。
【②】朝会での様子です。
 学芸会でも、この時代背景のプログラムが多く行われていたようです。
③ 
【③】学芸会練習での一コマと思われます。右のめくりには「神の國日本」。左の絵は戦艦でしょうか?
【④】学芸会当日の様子。たくさんの観客の前での合唱でしょうか。垂れ幕左には「奉祝紀元二千六百年」右には「出せ一億の底力」と。
⑤ 
⑦ 
【⑤】登校の様子。2列に整列して集団での登校です。児童数が多いこともあり、大変な長さの列です。
【⑥】昭和16年の職員写真。
【⑦】奉祝2600年記念写真。当時の写真は男女別で撮影をされていました。
【⑧】6月28日撮影の伊勢旅行での写真。ここに写っているのはすべて女子児童。男子児童だけでの写真もあります。
⑨ 
【⑨】【⑩】区別の体操研究会の発表の様子。いずれの写真もキッチリ揃っている所が素晴らしいです。⑩の写真は何に乗っているのでしょうか?
 昭和16年4月1日づけで、神戸市中の学校名が国民学校と改称されました。本校も「神戸市若宮国民学校」と改称されました。(昭和21年までこの国民学校の時代です)

 昭和17年(1942年)~20年(1945年) 
若宮国民学校になって、いよいよ第二次世界大戦の影が色濃くなってきました。


 昭和16年に若宮国民学校になり、この当時の資料(写真等)はほとんど残っていません。その中で、後日に再印刷をされて配布されたと思われる、昭和19年度修了記念誌が唯一の資料となります。
① ② ③ 

【①】第2代 名島 好三校長先生(S17.7.31~S18.3.31)
【②】防空訓練の様子(昭和19年ごろ)
【③】第3代 高山 他八郎校長先生(S18.4.1~S21.2.12)
【④】第3回修了記念(昭和19年3月)
 昭和19年度の卒業は、若宮小学校にとっては5回目の卒業なのですが、修了記念の表紙には第三回とされています。これは、若宮國民学校として3回目の卒業と言うことだったからと思われます。グランドにも大きな穴があけられ、そこに避難する訓練も行われていたそうです。
⑤ 
【⑤】昭和19年度職員写真  【⑥】朝会の様子
⑦ 
【⑦】昭和19年度卒業生写真(男子学級)  【⑧】昭和19年度卒業生写真(女子学級)
⑨ 
【⑨】学芸会(男子学級) 【⑩】学芸会(女子学級)
 クラスは男女に分けられており、行事の出し物についても男女別々で取組まれていました。年表の中の言葉を少し説明します。
 若宮小学校の児童は、昭和18年度に1887名の児童が在籍していましたが、この大きな戦争によって、昭和20年には358名と約1500名もの児童が、この地を離れる形になりました。