ようこそ!若宮小HPへ!

ありがとう!253209
2020/4/1    214950

いざという時に!

よくわかる!若宮小
(若宮小の約束やお願いをまとめています)

インフルエンザによる欠席期間の報告書

【印刷してお使い下さい】


登校許可書(インフルエンザ以外の感染症)
【印刷してお使い下さい】


気象警報発表時の措置

【震度5弱で引き取りに学校へGO!】
 

学校連絡先

〒654-0049 
兵庫県神戸市須磨区
    若宮町2-1-21
       078(731)0007
       078(731)0025 
    地図はコチラ
 

2次元コード


携帯用2次元コード

 

若宮小学校の歴史

昭和21年度(1946年)~24年度(1949年) 
 終戦を経て、昭和22年、神戸市若宮國民学校から現在の神戸市立若宮小学校としてのスタートとなりました。
① 
【①】第4代 笹岡 好城校長先生(S21.2.13~S23.3.31)
【②】第5代 坂東 武夫校長先生(S23.4.1~S25.9.1)
  学校名もそうですが、学校給食、PTAと今につながる取り組みが始まったのが、ちょうどこの期間になります。
 平成21年(2009)に神戸西高校と合併し須磨翔風高校となり、平成23年(2011)3月に閉校した、神戸市立須磨高等学校が、5年間本校に同居していました。小学生と高校生がこの場所にどうやって同居していたのかイメージがわきません。記録写真が残っていないことが残念でなりません。須磨高校は、この昭和24年(1949)が須磨高校と校名を変更し(その前は神戸市立楠ヶ丘高校)男女共学になったという記録が残っています。
 昭和21年(1946)児童数は、戦争の関係で激減し280名になりました。しかし、須磨高校と同居が始まった、昭和24年には、584名と3年間で倍増しました。

昭和25年度(1950年)~31年度(1956年) 
 12年目から18年目の若宮小学校を振り返ります。
① ② 
【①】 第6代 清水 喜一郎校長先生(S25.9.1~S29.3.31)
【②】 第7代 志方 耕作校長先生(S29.4.1~S32.3.31)
【③】 40周年当時の学校平面図
 昭和26年、須磨海岸に海浜公園が開園し、この若宮周辺が賑わいを見せてきました。水族館のできたのは昭和32年ということですので、さらに6年後のことです。
 昭和30年に、神戸市立若宮幼稚園が本校に併設され誕生しました。若宮幼稚園は平成14年3月18日に閉園されるまでの47年間、この若宮小学校と共に若宮の子供たちを育み続けました。当初は、北校舎1階に設置されましたが、40周年当時の平面図によりますと、現在の正門付近にあったようです。(その後本校の建て替えに合わせて東側へ移転)
【④】若宮幼稚園・若宮公園・若宮小学校の碑(若宮公園にて)
 理科室・図書室も合わせて完成し、学校としての設備も充実してきました。また、戦争が終わって10年を迎え、学童疎開でお世話になったお礼に、龍野市新宮町(現たつの市)を訪問しました。

昭和32年度(1957年)~34年度(1959年) 
 児童数 ・昭和32年度:1189人[+93人] ・昭和33年度:1328人[+139人] ・昭和34年度:1371人[+43人]
 ※昭和34年度は、戦後最多の児童数 以降徐々に生徒数減少 
① 
【①】第8代 河本 恒一校長先生 [S32.4.1~S35.3.31]
【②】昭和33年度 教職員写真
 昭和33年度の教職員は38名(男性教職員19名、女性教職員19名)現在よりも男性教職員の割合が高いです。
③ 
【③】給食の様子(昭和33年) 【④】1年生の簡易給食の様子(令和2年6月)
⑤ 
【⑤】図工・写生の様子(昭和33年) 【⑥】4年生の図工の授業の様子(令和2年6月)
⑦ 
【⑦】飼育委員の活動(ひつじとうさぎ)(昭和33年) 【⑧】1年生の飼育小屋観察(令和2年6月)
⑨ 
【⑨】学芸会 6年生女子 合唱「わかれ」輪唱「歌え野に出て」  【⑩】修学旅行 伊勢方面

 若宮小学校として戦後再出発をして、児童数が最多になったのが昭和34年度。ちょうどこの年が、創立20周年記念式が行われました。現在の学校行事とほとんど同じ取り組みが行われていたようです。ところどころ、男子児童は詰襟の制服を着ています。そこが少し歴史を感じます。また、飼育委員でひつじを飼っていたという写真はすごいですね。

昭和35年度(1960年)~38年度(1963年) 
 第9代 尾崎 政治校長先生の4年間、(創立22年~25年)を振り返ります。この期間の卒業アルバムとしては、昭和35年度のものしかありませんでしたので、昭和35年度卒業アルバムの写真と記録写真を中心にご覧下さい。

 児童数・昭和35年度:1340人[-31人]・昭和36年度:1246人[-76人]・昭和37年度:1193人[-71人]・昭和38年度:1131人[-62人]
 昭和36年3月に、若宮小学校の南を走る国道2号線に信号がつきました。今、学校の南東に住んでいる人たちが利用している歩道橋(若宮陸橋・外浜陸橋)は、もちろん当時はなく[昭和44年完成]、信号のない国道2号線を渡って登校していたとのことです。(神戸市電は大正15年から若宮小前を通っていました)
 今では当たり前になっている、校内放送設備ですが、昭和36年度に校内の放送工事が完了しました。また家庭にもテレビが普及しはじめたころで、テレビの視聴に関しての懇談会が開かれました。現在では、各家庭に当たり前のようにあるテレビですが、この頃は最先端で、今でいうインターネットの様に、子供に与える影響を話し合っていたようです。
① ②  
③   2020年
④ 
【①】第9代 尾崎 政治校長[S35.4.1~S39.3.31]
【②】昭和36年3月11日 若宮橋信号灯点灯式(渡り初め式)
【③】昭和36年3月11日 若宮橋信号灯点灯式(渡り初め式)神戸新聞贈
【④】昭和36年3月11日 若宮橋信号灯点灯式(小学校での安全祈願)
⑤ 
⑥  2020年
【⑤】昭和35年度 若宮小学校職員写真
【⑥】若宮小学校正門写真(初めてのカラー写真)
 現在正門は学校の北側にあるのですが、旧校舎の時は、南側(国道2号線側)にありました。正門から運動場を望むと、築山(人工的に作った山)が見えます。昭和34年5月10日に完成しました。
⑦ 
【⑦】昭和36年度 授業の様子
⑧ 
⑨ 
【⑧】昭和35年度 学芸会の劇
【⑨】昭和35年度 修学旅行(伊勢志摩方面)