明治13年創立   
 

栗花落の井


クリの花が落ちる梅雨時になると、水がわく井戸なので
    「栗花落(つゆ)の井」  といいます。
 

 

 伝説があります。奈良時代のこと、栗花落さんの祖先、
山田左衛門尉真勝は、右大臣の二女白瀧姫に身分違いの恋をしました。
心情を察した天皇の仲立ちで二人は結婚。息子も誕生しますが、
三年後、姫は亡くなります。姫を思う真勝が邸内に社を建てたところ、
清水がわき出たといいます。

 

 それが栗花落の井。五月ごろから夏の間だけ水がわき出ます。
北区山田町の原野地区では昭和初期まで生活用水に使っていました。
毎年十二月、住民が白瀧姫をしのんで祭りをします。
古文書をもとに案内板が作られています。
 
 

学校連絡先

〒 651-1253
神戸市北区山田町中字
     長尾サ1番地
電 話 078-581-0055
FAX 078-581-0056
 

2009年5月18日設置

訪問者366190
35万人突破!感謝です!

アクセス

マップ↓

電車・バス
神戸電鉄有馬線箕谷駅より
神戸市バス111系統
「山田小学校前」
(乗車約9分)降車すぐ
 111系統時刻表↓

周辺
国道428号  呑吐ダム
丹生山  箱木千年家
六條八幡神社
 

2次元コード

以下の2次元コードから、モバイルサイトにアクセスすることができます。