一人一人の能力や特性に応じた学習形態の中で、
個々の力を伸ばすとともに、前向きに生きる意欲を養う
   
【各学部努力目標】
 
  小学部    一人一人に応じた学習活動を通して、基本的な学ぶ力、生きる力を育む
 
  中高学部  自らの適正に応じた学習活動を続け、将来を豊かに生きるために日々の
          生活力を高める
 
 

1.対象児童生徒

≪小・中学部≫

次の①、②に該当する学齢児童生徒

 ① 神戸市内の病院に入院している者。

 ② 主治医の許可がある者。

≪高等部≫

次の①、②に該当する特別支援学校中学部・中学校を卒業又は卒業見込みの者。

 ① 神戸市内の病院に入院している者。

 ② 主治医の許可がある者。

2.教育上の特色

 (1) 病気療養のために入院して学校へ通学できない児童生徒に、教師が訪問して教育をすすめます。

 (2) 11を基本とした指導により、一人一人に適した教育をします。

 (3) 児童生徒の病気の状態に応じて、必要な教科指導や自立活動を主とした指導等を行います。

 (4) 医療機関と協力して、健康状態の回復と療養生活の充実を目指した教育を行います。

3.応募の手続き

 (1) 入級を希望する場合は主治医とよく相談し、病院に申し出てください。

 (2) 入級の条件が整っている場合、入級手続きについては、担当者が説明します。

4.訪問の回数と時間

 毎週2回程度の訪問。1回の訪問は約2時間。月の初めに1カ月の予定をお知らせし

ます。

5.諸費用

 個人使用の教材等については、実費を負担していただきます。

 

 

 

 

 

 

 
   
わらび学級