沿革史 
 
病弱訪問教育部(わらび学級)
 
昭和25年4月 神戸市立少年保養所設立
神戸市立西戸田小・中学校設立
昭和37年4月 神戸市立西戸田養護学校となる。
昭和49年4月 神戸市在宅病弱児訪問教育制度実施にともない、訪問学級(わらび学級)が設置される。神戸市立兵庫小学校の1教室が指導室に充てられる。
昭和51年4月 指導室が、神戸市立北野小学校(1室)に移される。神戸市立西市民病院内に「あすなろ学級(小学生)」が設置され、わらび学級は中学生のみの訪問となる。
昭和53年4月 卒業する者の学籍を原籍校に戻す事なく、本校で卒業させる。
昭和56年4月 指導室が、神戸市立東川崎小学校に移される。
昭和58年4月 神戸市立西戸田養護学校閉校に伴い、神戸市立友生養護学校に訪問学級移籍。
平成 元年4月 この年より教頭に代わり、室長が配置される。
平成 9年4月
高等部新設。
 
        
さらに詳しい沿革についてはこちら waraenka.pdf をごらんください(pdf A4横サイズ6枚)