ゲンノショウコ (10月) フウロソウ科

1.花

 うちかがみ げんのしょうこの 花を見る  虚子

[上:1980.9.28.]
[上右:2003.9.4.]
[右:1981.8.13.]

[下:1981.8.13.]
[下右:2002.8.30.]

  • 暑さの和らいだ9月、野原に出て赤や白の花をながめた虚子は、何を観、どう思ったでしょうか。
     
  • さて、みなさんもゲンノショウコの花をさがし、しゃがみ込んで観てみよう。みなさん一人ひとりは何をどう観るでしょうか。
     
  • 花の大きさ、つくりを観る人が多いでしょう。
     
  • もっと異なることを観る人もいるでしょう。
    • 花弁にはしる紫色のすじ
    • おしべ、めしべの熟す時期

2.ロケット型(みこし型)の実
  • 実も種子を遠くへ飛ばすつくりをしているのでしょうか。
    どのくらいの距離を飛ばすのだろう?
    どんな天気のときに飛ぶのだろう?
[宮崎市、2002.10.13.] [六甲山、1981.9.15.]
[2002.9.4.] [2002.9.2.] [神崎郡福崎町、2003.9.14.]
[加西市、2002.10.27.] [北区六甲山、2000.10.19] [北区六甲山、2000.10.19.]
[北区六甲山、1981.10.11.] [北区六甲山、1981.10.11.]

3.薬草として

 昔から下痢止めの薬草とされていました。陰干しにした全草を煎じて飲むと、ぴたりと効くので「現の証拠」という名がついたといわれています。飲めば健康によいことから「医者いらず」とも言われています。ゲンノショウコにどんな成分が含まれているのでしょうね?


メニューにもどる