白岩先生の植物教室 ネムノキ
3.ネムノキの花

 「放射相称」という形の花です。小枝の先に筆先を広げたような花を6月の終わりころから咲かせます。

[ネムノキのつぼみ、神戸市北区、1984.7.4.]

[ネムノキの花、大阪長居公園、2001.6.7.]

[ネムノキの花、五社、2000.7.9.]

[ネムノキの花、藍那、1983.7.17.]


 ■ネムノキの花のつくり
  • おしべは多数あり、花糸は細長くピンク色をしています。おしべは基部で合着します。花冠は5裂し、がく片は筒状です。
     
  • 日没前、葉を閉じるころに花を開いてきます。
     
  • 花にはアゲハチョウのなかまがみつを吸いによく集まります。
中央には花弁の長い花(矢印)がある]

まえのステップへもどるネムノキの表紙へもどるつぎのステップへすすむ