しらいわせんせいのしょくぶつきょうしつ センリョウ
6.センリョウかのしょくぶつ フタリシズカ と ヒトリシズカ

(1) フタリシズカ
  • 4まいのかなりおおきな は をつけます。りんせいのようにみえますが よくみるとたいせいしていることが分かります。
[フタリシズカ、1999.6.20.]

  • 5がつから6がつにかけて、くきのせんたんぶ、は のうえに ふつう2ほんの ちょくりつしたかすいをだします。
     
  • がくもかべんもないしろいはなには こうらんけいのかしが3こ、しぼうをだくようについています。それぞれのうちがわには やく があります。

[フタリシズカ、あさごぐんよふど、1986.6.1.]

[フタリシズカ、かんざきぐん おおこうちちょう、1987.5.24.]

[フタリシズカのはな:やじるしはかいかしているはな、こうべしきたく やまだちょう、2001.6.22.]

  • かじつはらんけいをしています。

[フタリシズカのかじつ、
 こうべしきたく やまだちょう、
 2001.6.28.]



  • なつよりあきに ふしからへいさかをだすことがあります。
     
  • な はようきょくにあるように、2ほんならんでのびるかすいが しずかごぜんと そのれいにつかれたなつみのおんなの ふたりがまうすがたととったことからつきました。

(2) ヒトリシズカ
  • はなは4がつまつ。ふしのあるくきのさきに だえんけいの4まいの は をたいせいし、そのちゅうおうからいっぽんのかすいをだし、しろいはなをつけます。
     
  • フタリシズカのはなとおなじらかで、3つのかしは きぶでしぼうにくっつきます。2ほんには やく があります。
     
  • 1ぽんのかすいをだし、ひっそりとさくはなは しずかごぜんのおもかげをしのぶことで ながつきました。
[ヒトリシズカ、やぶぐん おおやちょう、1984.5.5.]
(しゃしんていきょう:たけだよしあき し)

[ヒトリシズカのはな、やぶぐん おおやちょう、1984.5.5.]
(しゃしんていきょう:たけだよしあき し)
[ヒトリシズカのらか]


 センリョウかのしょくぶつは はなのさくひししょくぶつのなかでもふるく、げんしせいのあるものです。



まえのステップへもどるセンリョウのひょうしへもどる