道ばたに見る春の草たち 広瀬重夫
 キュウリグサ


■キュウリグサ
 写真1(上):4月,灘区.花.
 写真2(右):2月,中央区.ロゼット.


 ロゼット(写真2)は,地面近くに,長短の柄の先に重なりをさけるようにして四方八方に葉を広げ,冬の日射しをしっかり受け止め,花の時期を待っています.

 うすい紫色の小さな花をつけた茎は,はじめ,柴犬のしっぽのように巻きこんでいますが,花が開くにしたがって,下からほどけるようにして,次々と花が咲き上がっていきます.春早くから咲きはじめ,5月の終わりごろでも花の残っていることがあります.よく似たものにハナイバナがありますが,市街地ではめったに見られません.宝さがしのつもりで挑戦してみましょう.


■ハナイバナ
 写真3(下):4月,灘区.花.



 キュウリグサの花序(花のつきかた)とは違って,先が巻くことはなく,葉の形をした苞(ほう)のわきか,それらの間につくので区別できます.花はキュウリグサと同じように先が5つにさけていますが,もとの方は筒状です.このような花を合弁花といいます.ムラサキ科というなかまに入れられています.


このページのPDFファイル