専門的な言葉の詳しい解説
花茎(かけい)、花柄(かへい)

 花茎(かけい)とは地下茎から直接出て、花だけをつける茎のことです。タンポポを見ればよく分かります。

 それに対して花柄(かへい)とは、茎や花軸から枝分かれして花に至るまでの柄の部分を指す言葉です。

 
セイタカタンポポの花茎 オオシマザクラの花柄


専門的な言葉の解説のページへもどる


「白岩先生の植物教室」のトップページに戻る