白岩先生の植物教室 タマシダ

 花屋さんの前を通ると必ず鉢植えにされたタマシダが見られます.また、四季を通して花活けにもよく使われます.普通は温室で栽培されますが、市街地のよく日光の当たる暖かい石垣では冬にも枯れずに緑の葉をつけているのを見ることがあります。亜熱帯などの暖かい土地に自生するシダで、兵庫県では淡路の南部に生えています。タマシダという名はどうしてついたのでしょうか。

1. 花店にならぶタマシダ
2. 緑の葉
3. 胞子のう群
4. 走出枝(ストローン)をのばす (1)
5. 走出枝(ストローン)をのばす (2)
6. 走出枝(ストローン)をのばす (3)

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

トケイソウ

バイカツツジ

サギソウ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2003.