梅雨の典型的な天気図 6−7月
[2001年6月14日の天気図]
 「梅雨前線」は,うっとおしい梅雨の雨を降らせます.左の天気図の中央を東西に横切っているのが「梅雨前線」です.

 この梅雨前線に向かって,南からは湿った暖かい空気が,北からは冷たい空気がふいてきて,梅雨前線でぶつかります.そこで暖かい南の空気が北からの冷たい空気の上に乗り上がり雲をつくって雨を降らせます.

 天気図でも,梅雨前線の北側(福岡,大阪など)では北よりの風,南側(沖縄)では南よりの風になっていますね.

 梅雨の気圧配置は太平洋高気圧(右下の高気圧)とオホーツク海の高気圧(右上の高気圧)があって,その間に梅雨前線がはさまるのが特徴です.いずれもはっきりと見えています.

この時期に見られる植物(掲載分)

アリマウマノスズクサ

テイカカズラ

オカトラノオ

ユキノシタ

オオマツヨイグサ

モウセンゴケ

キリンソウ

ヤマモモ

キウィ

キキョウ

アサザ

ユリ

ゼンマイ

イタドリ

アオイ(1)

アジサイ

ドクダミ

ツユクサ

アオギリ

グミ

アオイ(2)

カタバミ

カヤツリグサ

タマシダ

ムラサキサギゴケ

バイカツツジ

サギソウ

ナンテン(花)

センダン

トケイソウ

トベラ

ネギ

クチナシ
上のアイコンをクリックするとそれぞれのページが開きます。

白岩先生の植物教室のメニューに戻る