白岩先生の植物教室 ユリのなかま

 美しい花を咲かすユリの宝庫は日本です。海岸地から高山まで生えています。日本では万葉の時代から親しまれてきました。今では儀式の時の飾り花として欠かすことが出来ません。また、オニユリの球根は育ててユリ根として食べてきました。

 ヨーロッパでもユリは観賞用として好まれ、日本のユリをもとに新しい品種を作り出しています。豪華なカサブランカはその一つです。日本に輸入される量はとても多いようです。私たちは日本の野山に生えるものを見直し、大切にしていくようにしましょう。

1. ササユリ
2. オニユリ
3. テッポウユリ/カノコユリ/カサブランカ
4. タカサゴユリ/スカシユリ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ムラサキサギゴケ

トベラ

センダン(花)

バイカツツジ

サギソウ

ナンテン

ネギ

クチナシ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2002.