専門的な言葉の詳しい解説
花のつくりと部分の名前


被子植物(両性花)の花のつくり(模式図)

 花弁ははなびらのことで、一つの花に何枚かあります、これらを全部まとめてみたとき花冠(かかん)と言います。スイセンなどでは花冠の内側にもう一つ副花冠(ふくかかん)という花冠によく似たものがあります(上左の写真矢印)。

 がく片は一つ一つの片を指す言葉で、全体をまとめるとがくと呼びます。

 (ほう)は花やつぼみをつつみこむような構造物のことで、がくとは違います。右の写真はヤツデの花を包む「包」です。

 おしべはやくという花粉を入れるふくろと、花糸(かし)というそれを支える柄からなります。

 めしべは花粉がつく柱頭(ちゅうとう)、中に胚珠(はいしゅ)という将来種子になる部分を持った子房(しぼう)、それをつなぐ花柱(かちゅう)からなります。

 花粉やめしべについては、別の所に詳しい説明があります。


専門的な言葉の解説のページへもどる


「白岩先生の植物教室」のトップページに戻る