白岩先生の植物教室 ひっつきむし 種子散布の知恵

 私は秋から冬にも野山を歩きます。帰りに着ているズボンや服をみるといっぱいの草の実がついてます。時間をかけて取り去り、電車に乗ってよく見ると取り残しがあります。

 さて、それら人や動物につく「ひっつきむし」は調べてみるとキク科のものが多いです。しかし、バラ科やヒユ科のものなど様々あることがわかります。ここでは代表的なものを数種あげます。植物の知恵を学びましょう。

1. オオオナモミ −キク科− (1)
2. オオオナモミ −キク科− (2)
3. メナモミ −キク科−
4. アメリカセンダングサ −キク科−
5. センダングサ −キク科−
6. キンミズヒキ −バラ科−
7. ダイコンソウ −バラ科−
8. イノコヅチのなかま −ヒユ科−

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ナンテン

センダン(実)

ゴンズイ

ツルニンジン

ザクロ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2003.