白岩先生の植物教室 トウダイグサのなかま

 コニシキソウは不思議なことに夏の日差しが強くなる梅雨明けの頃から花壇や庭で急に目立ってきます。引いても引いても生えてくる草の一つです。オオニシキソウはすでに立って葉を広げています。トウダイグサのなかまはちぎると白い汁が出てきますね。「トウダイ」の名は燈台でなく、燈架からついたようです。それらの草を観ていきましょう。

1. コニシキソウ
2. ニシキソウ
3. オオニシキソウ
4. コミカンソウ
5. トウダイグサ
6. ハツユキソウ/エノキグサ
7. ヒマ/コバンノキ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ナンテン

センダン(実)

ゴンズイ

ツルニンジン

ザクロ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2003.