新・神戸の自然シリーズ1 神戸のトンボ
  前ページへ 目次へ 次ページへ

4-4.トンボの科のチェック表 (成虫の部)

 ここでは少し本格的にトンボの同定のしかたをお話ししてみます.調べるのは「」とよばれる分類単位までですが,トンボの分類や形態を研究するための基礎がここにはふくまれています.野外で手にとったトンボで一度調べてみましょう.なおここでの検索キーは,兵庫県を中心として分布するトンボについて調べるときだけしか使えませんので注意してください.それぞれ1-1からはじめて,当てはまる項目の番号を追いかけていけば[または該当する説明をクリックしてください],同定できます.


 1.トンボですか?
1-1.前後翅に結節がない
トンボではない
1-2.前後翅に結節がある 2.

 2.トンボ目

2-1.前翅と後翅の形がよく似ていて,四角室がある
3.
 
 
2-2.前翅と後翅の形が違っていて,三角室がある
7.

 3.

3-1.前翅の結節が中央より外側にある
ムカシトンボ亜目・ムカシトンボ科
 
 
3-2.前翅の結節が中央より内側にある
4.

 4.均翅亜目

4-1.結節前横脈が2本
5.
 
 
4-2.結節前横脈が多数
カワトンボ科(1) (2)

 5.

5-1.第4,5径脈が結節に近い位置から分岐する
6.
 
 
5-2.第4,5径脈が弧脈に近い位置から分岐する
アオイトトンボ科

 6.

6-1.四角室の外側の角度が鋭角になっている
イトトンボ科
 
 
6-2.四角室の外側の角度は鋭くなく,全体的に長方形に近い.複眼は大きく離れる
モノサシトンボ科

 7.不均翅亜目

7-1.複眼は頭頂部で離れている
8.
 
 
7-2.複眼が頭頂部で離れていない,または離れていてもわずかである
9.

 8.

8-1.下唇中片の先が割けている.メスには産卵管がある
ムカシヤンマ科
 
 
8-2.下唇中片は割けていない.メスには生殖弁がある
サナエトンボ科(1) (2) (3)

 9.

9-1.前翅と後翅の三角室の形がほぼ同じである
10.
 
 
9-2.前翅と後翅の三角室の形が異なっている
11.

 10.

10-1.複眼が頭頂部で一点で接する
オニヤンマ科
 
 
10-2.複眼が頭頂部で線状に接する
ヤンマ科(1) (2) (3)

 11.

11-1.複眼の後側縁に突起がある
エゾトンボ科
 
 
11-2.複眼の後側縁に突起はない
トンボ科(1) (2) (3)


前ページへ 目次へ 次ページへ