神戸の自然シリーズ9 神戸の野草
  前ページへ 目次へ 次ページへ


(再度谷)

48.ノジシャ


オミナエシ科
5〜6月
ヨーロッパ

 淡青紫色のかわいい花を茎の先にかためてつけるこの花を道ばたで見かけることがある。帰化植物だが、それほど広がってはいない。

 ろうと状の花の花びらの先は5つに裂け平らに開く。おしべが3本、白色で先が3つに裂けためしべが1本あり、子房が大きい。葉はやわらかく、へりに少数の白い毛が生える。下方の葉には柄があり、上部にはない。茎もやわらかく、ふたまたに枝分かれしていく。果実は乾いても裂けない。

 ヨーロッパでは、サラダ用に栽培されている。若い葉は、生食でき、野原に生えるチシャ(レタス)である。

(再度谷・1/3)
前ページへ 目次へ 次ページへ