白岩先生の植物教室 アサガオのなかま

 夏休みになると1年生の子供が咲いたアサガオの花の数を数えます。親の育てた鉢には大輪の花が咲いて、親子の対話が生まれます。日本の夏の風物詩であった.牽牛花という別名は旧暦7月7日、七夕の頃の花であることからつきました。江戸時代には盛んに栽培されまし。今では品種改良が進み、形の変わったものが作り出されています。また、宿根性で1日のうち午後まで、さらに秋遅くまで花をつける種類のものが植えられてきています。
 人間の大切な食料であるサツマイモもヒルガオ科の植物です。

1. コヒルガオ
2. ハマヒルガオ(1)
3. ハマヒルガオ(2)
4. アサガオ(1) つる・花
5. アサガオ(2) アメリカ、セイヨウアサガオ
6. アサガオ(3) アメリカ、セイヨウアサガオ種子
7. サツマイモ
8. ネナシカズラ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

トケイソウ

ケイトウ

サギソウ

ネナシカズラ

ノウゼンカズラ

イワタバコ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2003.
Built & Retouch : Keisuke Koga