夏の典型的な天気図 8月
[1994年8月12日の天気図]
 夏は蒸し暑く、晴れの日が続くのが特徴です。これは太平洋上の小笠原気団が日本にやってくるからです。天気図ではまさに小笠原に中心を持つ高気圧がありますが、これが太平洋高気圧で、日本の南西部をおおっています。

 また天気図には、台風や、それが通り過ぎた後の熱帯低気圧が見えます。

 天気図には出ていませんが、上の方には低気圧があって、この気圧配置を南高北低型とよんでいます。夏の代表的な気圧配置です。


この時期に見られる植物(掲載分)

ネムノキ

ヘクソカズラ

アザミ

チガヤ

ウバユリ

ミソハギ

イヌワラビ

クルミ

ホウセンカ

スイレン

アサガオ

ハス

トケイソウ

ケイトウ

サギソウ

ネナシカズラ

ノウゼンカズラ

イワタバコ
上のアイコンをクリックするとそれぞれのページが開きます。

白岩先生の植物教室のメニューに戻る