白岩先生の植物教室 ガマのなかま

 ガマのなかまは浅い池や川原、湿地に生えます。学校や公園のビオトープなどにもよく植えられていますので、観察をした人も多いでしょう。このなかまには3種類がありますがどれも水や湿地で育ちやすい体のしくみをしています。観ていきましょう。

 因幡(いなば)の白ウサギが毛をむしりとられ、ガマの穂にくるまって治ったという神話を聞いたことがあるでしょう。花粉が薬になるようです。以前、茎や葉は乾かしてむしろの材料に使われたそうです。

1. ガマ (1) 秋から冬そして春の芽生え
2. ガマ (2) 葉・茎
3. ガマ (3) 根茎
4. ガマ (4) 夏には穂を出す
5. ヒメガマ (1)
6. ヒメガマ (2) おばな・めばな・葉と茎
7. コガマ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

マンサク

ロウバイ

フキノトウ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2000-2002.