白岩先生の植物教室 ヘラノキのなかま

 ボダイジュの木のなかまの落葉高木です。葉がやや細い卵形で、幅のある三角状卵形のボダイジュなどと異なります。近畿地方では神戸市北区と奈良にしか見つかっていません。九州には多いようです。花がへら形の総包の上に付き、熟すとプロペラの役割を果たして種子をとばします。どんな木か見ていきましょう。また、草本生のカラスノゴマがあります。

1. ヘラノキ (1) 黄葉と種子散布/樹形と樹皮
2. ヘラノキ (2) 種子の発芽と育ち
3. ヘラノキ (3) 新葉と花
4. ヘラノキ (4) かく果
5. カラスノゴマ
6. モロヘイヤ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ナンテン

センダン(実)

ゴンズイ

ツルニンジン

ザクロ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2000-2001.