白岩先生の植物教室 イラクサのなかま

 森の中でイラクサに触れると痛がゆくなり、かなり長い間かゆみがとれません。気分がいらいらするところからイラクサという名がついたのでしょう。夏、野道を歩いていると突然草が激しく揺れるような場面に出会ったことはありませんか。イラクサのなかまの葉を食べていた昆虫の幼虫が邪魔者の来たのに感じ、体の上部をそらし左右に激しく振って脅しをかけているのです。イラクサ科のおもなものをいくつか観ていきましょう。

1. クサマオ(カラムシ) (1) 茎と葉 - 1.茎
2. クサマオ(カラムシ) (2) 茎と葉 - 2.葉
3. クサマオ(カラムシ) (3) 花
4. イラクサ
5. アカソ/コアカソ
6. ナガバヤブマオ/メヤブマオ/アオミズ/カテンソウ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ナンテン

センダン(実)

ゴンズイ

ツルニンジン

ザクロ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2000-2001.