白岩先生の植物教室 オオバヤシャブシのなかま

 裸地になりやすい六甲山に多く生えて茂っています。春先には花粉を飛び散らせぜん息を起こしやすいと話題になります。球果は色づけしてクリスマスの飾りにします。私たちにとっては身近な植物の一つといえます。秋から春にわたっての観察をよくしてみましょう。

1. オオバヤシャブシ (1) 葉/花
2. オオバヤシャブシ (2) 果実
3. ヒメヤシャブシ
4. ハンノキのなかま
5. アカシデ/クマシデ/イヌシデ/シラカバ

この時期の代表的な天気図

この時期に見られるその他の植物

ナンテン

センダン(実)

ゴンズイ

ツルニンジン

ザクロ

白岩先生の植物教室のメニューにもどる

Copyright (C) Takumi Shiraiwa, 2003.